ぐったり。orz

c0019089_19584492.jpg

喉が痛くて熱がある。どうみても風邪です、本当に(ry
というわけで、会社休んで1日中家で寝てました。外はあいかわらずものすごく暑い。部屋はエアコンで涼しくなってますが、熱のせいか冷風が体に直接当たると非常に不快。仕方ないので布団かぶってましたけど、ちんちんに暑いのでエアコンかけて、でも布団かぶって大汗かくとか、なんだかよくわからない状況でした。w

というわけで、特にネタがありません。寝ている間は暇なので本を読んでました。「ブラック・ラグーン」の小説版とか。あれは何度読んでも面白い。っていうか、「ブラック・ラグーン」自体がわたくしとしては史上最強レベルで面白い作品です。おすすめ。

あとは・・・地震か。寝てたらでかい地震がありましたなぁ。震度4ですか。ウチの「椎名タワー」は無事でした。積み上げ方を改善してちょっとやそっとでは崩れないようにしてありますので。・・・積み上げるということ自体を改善するつもりはないということですね。w
震度4であのぐらいの揺れだとすると、東日本大震災の揺れはやっぱりたいしたもんだったんですなぁ。あれはそこら中のものが倒れたり踊りだしたりしましたからね。ウチではその時に破壊された本棚(棚と側面の板の接続が折れた。今は中に入っている本が棚を支えている状態。w)がそのまま復旧できずに残っております。

他に何か・・・本日は史上初めて核攻撃が行われた日ということになりますか。何度も書きましたが原因が交通事故でも核兵器でも、命を落とすということは当の本人にとっては悲惨で重大なことです。残された我々は「なぜそうなったのか」を追求すべきで、悲惨さだけを強調する姿勢にはわたくしは批判的であります。

というわけで、明日は仕事に行かなければならないので、もう風呂入って寝ます。orz
by namatee_namatee | 2015-08-06 20:25 | diary? | Comments(31)
Commented by フラフープ at 2015-08-06 21:17 x
大事に。
気を付けないと、夏風邪は長引きやすいです。

ストローの袋を除いた方が良い、というのは素人考えでしょうか。w>写真
Commented by namatee_namatee at 2015-08-06 21:54
>フラフープさま
お、良いところに気がつきましたね。w
この写真を撮る時に同じこと考えていたんですよ。っていうのは、暑かったので早く飲みたくて、写真を撮る前にストローの袋を取ってしまったんですけど、これは写さないべきかな?って。でも、臨場感の点からは写した方が良いと判断してこういう風になりました。
あと一瞬判断が遅れたら左側のケーキも手をつけてしまったところですけど、ストローの袋を写すならちょっと欠けたケーキと一緒の方が良かったかなとも思います。つまり、図は中途半端ということですね。w
Commented by uwabaminoago at 2015-08-07 07:52 x
地震、とくになにもなかったようで、何よりです。我が家の本棚も過重積載状態で、東日本大震災やそれに続く余震なんかで壊れかけています(汗)人の死は不本意なものが多いです。自殺する人だって、はたして本心から死にたいと思っているのか疑問があります。不本意な死を避けるには、天災や病気はともかく、結局、人間同士がお互いを尊重するしかないんでしょうね。
Commented by 神代 at 2015-08-07 15:03 x
私も夏風邪で全然治りません…namateeさんもお大事に 核の保有国の人達に原爆ドームに行ってほしいですね あの現場に行けば核を保有しようとはとても考えられないと思うんですけどね……
Commented by namatee_namatee at 2015-08-07 20:21
>uwabaminoagoさま
本棚って、地震で倒れてくるとかも恐ろしいですけど、繰り返される揺れのダメージが蓄積して、だんだん壊れていくのも怖いですね。w

時節柄、そして政治状況もあって、戦争についての話題を目にすることが非常に多いんですけど、わたくしとしては「高校の日本史や世界史の教科書をもう一回読み返せば済むことじゃん」という思いが強いですね。
明治維新からこっちの歴史を教えるのをおざなりにして、戦争の被害の悲惨さだけを強調してもなぁ、と。それに戦争戦争と言いますが、太平洋戦争、第二次世界大戦以外にも、先にも後にもいくつも戦争はあったわけでして。
「戦争」という言葉に必要以上になにかを象徴させて、人をある方向に誘導しようとしている感が否めません。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-07 20:42
>神代さま
夏の風邪は手強いですね。咳が止まらなくて腹筋が痛いです。orz

核兵器については、日本の一般の人々はむしろ認識が甘いと思います。核攻撃を受けた唯一の国にもかかわらず、あるいは日頃から原爆の被害について繰り返し見聞きしてきたにもかかわらず、核兵器も兵器の一種であるという認識が足りないように見えます。こんな悲惨な結果をもたらす核兵器なんて使わないと思っているフシがあるような気がします。

戦略核はとにかく、戦術核については、冷戦中のNATO、ワルシャワ条約機構の双方とも使う気満々でした。ここでは書ききれませんけど、NATOの戦略では東ドイツ国境から溢れ出てくるワルシャワ条約機構軍の足を止め、米国からの救援が到着するまでの時間を稼ぐために、西ドイツ国内に戦術核を帯状に落とすという作戦がありました。核兵器による直接の破壊だけでなく、放射能による人間の立ち入れないエリアを作り進撃を止めるというもの。数十発の戦術核が炸裂した西ドイツ国内は当然ながら全滅です。それでもそこまでやる気があった。彼らは兵器を兵器として使う気満々だったんです。
これを知った時にはさすがに核兵器を使う戦争は勘弁してほしいと思いました。(汗
Commented by uwabaminoago at 2015-08-08 09:19 x
そうなんですよ。一度、壊れると、小さな揺れのたびに徐々にゆがんでいくんです。いつか、つぶされて死にそうです(汗)極端な自虐史観も軍国主義や右翼的な考え方も、方向性こそ違うかもしれませんが、人々を一つの方向に導こうとしていることに変わりはない、と私も思います。人類は昔からほとんど進歩なんかしていない。一世代前の影響に対しての反応ばかり過剰になりすぎな感があるように思えてならない。周りが一つの方向に向かおうとしても、いま一歩立ち止まって考えるのか重要な気がします。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-08 11:27
>uwabaminoagoさま
難しい話はおいておいて、もはや我が家の本棚や収納スペースは復旧不能ですので、近々あるという建て替えのときにまとめて整理ということになりそうです。
書籍はデジタル化とかできればよいんでしょうけど、いざそうしようとして手に取ると、要らない部分を決めかねて作業がまったく進まないです。w
Commented by uwabaminoago at 2015-08-08 17:44 x
本棚だけでも直そうとすると、それだけで1日がかりになったりしますからね。建て替えと同時に、という方が効率は良いでしょう。書籍の電子化というのは、便利な反面、何か虚しい気もします。意味があるかは別として、ズラッとならんだ背表紙をながめるのもまた乙なモンですよw
Commented by namatee_namatee at 2015-08-08 20:23
>uwabaminoagoさま
単行本になっているものやパンフの類はそのままで良いと思いますけど、月刊アフタヌーンはさすがに。w
70冊以上ありますので、必要な箇所を探すだけでも一苦労です。そのくせ全部揃っているわけではないので、肝心なところが見つからなかったりします。(汗

建て替えは建て替えで、その前準備が地獄ということになりそうです。足の踏み場もないほどたまりにたまったアイテムを必要か不要かを検討しながら整理しなければなりません。orz
Commented by uwabaminoago at 2015-08-08 21:47 x
やはり、あれもこれもほしくなってしまいますよね。月間アフタヌーンは芦奈野先生の近況報告をよむのが楽しみです。先月だったか、「自衛隊の駐屯地で74式戦車に乗った。」と書かれてました。私の部屋もかなり汚いですが、ただ、一度手に入れたヨコハマアイテムを捨てる、という選択肢はないですね。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-09 13:13
>uwabaminoagoさま
単行本に収録されていない一言とか、コマの外の読者のお便りとか、あれも立派な情報なので、全てチェックしないと気がすみません。w
そうやってチェックしていると別な作品、例えば先日のように「なるたる」に引っかかって調べ物までする羽目になって(ry

何人かの知り合いの方々から、資料やグッズを譲っていただくことがありますけど、いろんな思いがあるものを手放さなければならないのは不本意ではないのかな、と。なので、ウチにきたそういった資料については完全に納得のいくまで整理と解析がすむまでは次の段階へ進めることはしないつもりです。
Commented by uwabaminoago at 2015-08-09 15:40 x
あれもこれも、ってなりますよね。ちなみに私は芦奈野作品以外だと、アフタヌーンは蟲師ともっけが好きです。いずれも連載は終ってますが。一度手にしたものは捨てられません。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-09 21:30
>uwabaminoagoさま
蟲師は嫁さんが好きで単行本があります。あれも世界が詳しく描かれてないのに、なんとなく納得してしまう不思議な作品ですね。
わたくしも同じような感じで、ダブっているものとかは別としてコレクションしたものは捨てることはないですね。エアガンとかだと平気で処分しちゃうんですけど・・・
Commented by uwabaminoago at 2015-08-09 23:15 x
何ヶ月か前に、アフタヌーンから出た「蟲師外譚集」という漫画で芦奈野先生が蟲師を描かれてます。また、月間アフタヌーン2004年8月号の付録CD-ROM「禁断の大合作ムービー」で芦奈野先生が描かれた蟲師の主人公ギンコと、蟲師の作者、漆原先生が描かれたアルファさん、タカヒロ、マッキのイラストがあります。ある意味一番やってほしかったようなことですので、非常にうれしいです。ちなみに、同ムービーはニコニコ動画で見られると思います。私もエアガンは何丁か所持してますが、ハードオフなんかで売った経験はあります。あんまり、お金にはなりませんが(泣)
Commented by namatee_namatee at 2015-08-10 12:43
>uwabaminoagoさま
最近のものは存在しか知りませんけど、たしか大合作のCD-ROMはウチにもあったはずです。芦奈野先生の蟲師は違和感が無くて、ふーんで終わっちゃった記憶がありますが、良く考えてみればそれはなかなかすごい事ですよね。w
大合作の書籍もありまして、ナース姿のアルファさんは以前にネタにしたことがあります。
Commented by uwabaminoago at 2015-08-10 15:18 x
蟲師とヨコハマは雰囲気にてるかもしれません。たしかに、あのイラストは全然違和感ないです。大合作はたしか、ハトのおヨメさんなんかと共演してるんでしたな。トリビュートだと、芦奈野先生はえの素にも描かれてましたね(笑)ドラグノフが出てたかと。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-10 21:07
>uwabaminoagoさま
一時期「ヨコハマ買い出し紀行」関連は資料を集めまくっていたので、ウチにはいろんな本や雑誌があります。「大合作」は1と2があったような・・・資料の山に埋もれているので確認できません。確か、ナース姿のアルファさんは2の方で、月刊アフタヌーンの登場キャラクター全員が登場していたと記憶しております。そして、半年後には椎名さん関連の資料集めが始まり、ウチの収納スペースは完全に破綻しました。w

同人誌なのか、これもちょっと記憶が怪しいんですけど「交換日記」という本に芦奈野先生がイラストと文章を描いていたなぁ、と思い出しました。でも調べてみたら2011年の本らしいので「ヨコハマ買い出し紀行」は終了した後ですね。
Commented by uwabaminoago at 2015-08-13 08:35 x
私はまだヨコハマ歴は1.5年くらいなので、自慢できるほど資料はないです。同人誌だと、突貫工事なんてのもあった気がしますね。どうも、同人誌というのは、なんとなくエロに走る傾向が多いような気もしますが(偏見かな。)
Commented by namatee_namatee at 2015-08-13 13:47
>uwabaminoagoさま
書籍としての「ヨコハマ買い出し紀行」は原作と画集、百歩譲って小説版までがオフィシャルでしょうから、そこから読み取れる範囲で論じるのがスジとも思います。
ただ同人誌は芦奈野先生自身の属しているサークル(それが「突貫工事」でしたか)のものについては、作者の思考を読み取るのには役にたつかなぁ、とは思います。ウチにも何冊かありますけど思いの外「To Heart」(わたくしは詳しくは知りません)がお気に入りのようで、マルチとセリオがたびたび登場するのが興味深いですね。ただ調べてみると「To Heart」は「ヨコハマ買い出し紀行」の連載開始よりのちの作品のようなので、ことの発端についてはまた別なお話のようです。
Commented by uwabaminoago at 2015-08-13 14:26 x
どこまでが、ヨコハマか?というのは難しいですね。ただ、あの小説版も幾人かの登場人物が消されていたりするとのことですが。あれは、読んでないのですが、芦奈野先生ご自身はどのように思われているんでしょうかね。そこまで、ヨコハマを愛されているということで、香月先生には共感できる面はありますが。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-13 21:46
>uwabaminoagoさま
小説版ではココネが出てこないんですよ。影も形もない。w
同様にマルコやナイもでてきませんけど、こちらは役割としてやや控えめなところなのでわからないでもないんですけど、ココネはさすがに。
オリジナルのカフェアルファはすでに波にさらわれ、おじさんのガソリンスタンドの跡地に移転してます。

芦奈野先生はラフとはいえ小説版の挿絵を描いてますので、あの小説は芦奈野先生公認のオフィシャル版ということになります。まあ、あれはあれで有りと思われているのではないかと思います。w
Commented by uwbaminoago at 2015-08-14 08:08 x
いざ、小説を書かれると、そうそう文句も言えないでしょうからね。なんらかの問題もあったかもしれませんが、そこはやはり芦奈野先生の懐の大きさでしょうかね。まぁ、しかし、逆を言えば、ヨコハマという作品がそれだけ愛されていることの証拠でも有り、一ファンとしてはなんだか複雑な気分です。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-14 17:33
>uwbaminoagoさま
小説版は作者の方の考えたエピソード本体の部分は悪くないと思うんです。要するに最終話からのちの話なので、いくらでも話の作りようはあります。
ただ、土台になる最終話までのエピソードを中途半端に改変したのが失敗だなぁ、と感じます。あくまで後日譚ということで最終話まではの設定はそのままに、そこからは新しい話を乗っければよかったのに・・・もしかすると、小説を書くということで、全体に手を入れないといけないと考えたんでしょうか。
Commented by uwabaminoago at 2015-08-14 18:00 x
やはり、オリジナルのヨコハマとは別物、と考えた方が良いかもしれないですね。ココネがいないヨコハマは、のび太のいないドラえもんみたいなものな気がします。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-15 06:58
>uwabaminoagoさま
小説版については前にネタにしましたのでこちらをどうぞ。
http://namatee.exblog.jp/21093444/
あのストーリーではココネの出る幕がないというのも確かで、この世に残っているロボットの人はアルファさんだけ、という設定にしたかったのでしょう。香月先生はホラー方面の方らしいので、そういった雰囲気の「ヨコハマ買い出し紀行」にしたかったというのもあるのかもしれません。子海石先生の埋葬のシーンとか、いくつか臨場感のある表現があって、それはなかなか良い感じなんです。
どうせならもう死にたいけど死ねないロボットの人の話とか書いてくれればよかったのにと思いますね。
Commented by uwabaminoago at 2015-08-16 06:35 x
小海石先生の埋葬シーンがあるんですか!まぁ、原作でも最後はなくなっている感じはしますが。それにしても、香月先生は他の作品を聞いたことがないのですが、他にも著作はあるんでしょうかね。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-16 15:57
>uwabaminoagoさま
興味があるのでしたら、買って読んでも後悔はしないか・・・も。(汗
おそらく腹が立つというところまではいかないんじゃないでしょうか。w

香月先生は確かに検索しても情報がありませんね。名前変えていたりするのかも。
Commented by uwabaminoago at 2015-08-17 08:14 x
読んでみたいのはやまやまなのですが、いかんせん流通量が少なく(泣)ブックオフなんかでも探してはいるのですがみつかりませんね。これは気長に待つしかないか。
Commented by namatee_namatee at 2015-08-17 17:05
>uwabaminoagoさま
オークション、Amazonを使えばすぐなんですけどね。まだしばらくは流通しつづけると思われるので、気長にお待ちください。(汗
表紙と中にラフだけどイラストが何枚かあり、それは芦奈野先生の描き下ろしです。あと「峠」も収録されています。新装版が出るまでは小説版でしか読めなかったので、それもちょっと商売っ気が感じられて反感を買う原因になったかもしれません。
Commented by uwabaminoago at 2015-08-18 07:49 x
そうですね。ま、出会えたら購入、ということで。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 不発 今更だけど >>