歌姫

c0019089_22152334.jpg

昨日の健康診断で待ち時間に適当な雑誌を読んでおりましたらば、「歌姫の系譜」みたいなネタがありまして。中森明菜さんと松田聖子さんのネタだったと思いますが、読んでいる途中で検査に呼び出されちゃったのでよくわかりません。(汗
中森明菜さんは1982年デビュー、松田聖子さんは1980年デビュー、そこら辺を年表にした記事だったと記憶しております。
わたくしの多感な時期のアイドル中のアイドルですなぁ。17とか19とかの頃ですからね。ところがどっこい、当時のわたくしのアイドルは二輪車だったのでした。先日もネタにしたAR80で大垂水峠を走っていたころですなぁ。
なので、当時の彼女たちについては全く知りません。っていうか、芸能人について全く興味がありませんでした。硬派といえば硬派だったんでしょう。w
それが今ではこんなになるとは。よりによって声優さん(一般的な意味での声優さん)、しかも今となってはかなりマニアックな人のライブに行くようになるとは。w

椎名さんのアルバム「Ermitage」は椎名さんの音楽的なルーツを各曲で表現というコンセプトだったと記憶しておりますが、そのルーツの中には80年代アイドルの曲があるということで、上記の中森明菜さんや松田聖子さんがぴったりと当てはまります。80年代というと椎名さんは6〜15歳ぐらい。椎名さんが中森明菜さんや松田聖子さんの歌にハマっていた小学生〜中学生だったころ、当時は四輪車にハマっていたわたくしは東久留米の友人の家に3日はおかず遊びに行っていたわけでございます。もしかして街中で小学生の椎名さんとすれ違っていたかも知れませんよ。そう思うとなんとも言えない感慨がありますなぁ。同時に自分の人生の時間の使い方は正しかったのか、それを考えるとそちらでもなんとも言えない気持ちになります。w

それはそれ。
わたくしにとっての「歌姫」はその「椎名へきる」にほかなりません。今まで「歌姫」なんていう言い方は陳腐だとバカにしてきましたが、今のわたくしにとっての椎名さんを最も適当に表現すると「歌姫」というのがぴったり。今までにも気に入ってアルバムやシングルを買ったりした歌い手さんはおりました。だがしかし、ここまで深く入り込んだ歌い手さんは他におりません。なぜこんなにハマってしまったのか、今もって謎。w
声オタが、アイドルがどうのなんてのは、本質的にはどうでも良いことであります。やはり、わたくしは歌い手さんとしての「椎名へきる」に興味があるのでして、たまたま声優さんという肩書きを持っているので、それが歌い手としての彼女にどのような影響を与えたのかを調べているのでございます。
前にも書きましたが、一番知りたいのはあの不思議で魅力的な楽曲群をどうやって生み出したのか、ですね。どのように曲作りが進行していくのか。書籍や椎名さん本人の言及で、概要はわかってきましたけど、より具体的に知りたい。これは椎名さんに直接インタビューしてみたいことの筆頭です。まあ不可能ですけどね。

今となっては一般的とは言えないし、楽曲も特になにか特徴があるとも思えない。椎名さんは「自分の楽曲を誰かにカバーして欲しい」というようなことをおっしゃってましたけど、おそらく他の誰かではあの楽曲の魅力は出ないでしょう。一見アンバランスに思える曲調と椎名さんの歌声の組み合わせが独特の魅力だと思うので、同じ曲を誰か他の人が歌っても、それは違う歌になっちゃうだろうなぁ、と思います。
繰り返しになりますけど曲も歌詞も単体ではすごく特徴があるということはない。それに椎名さんの歌声が組み合わさると不思議な魅力が生まれる。あと独特のテンションが高いというか、必死な感じ?
これは他の歌い手さんではあまり感じないことで、テンションが高くて元気な歌声の方はいらっしゃいますけど、ちょっと荒削りに感じちゃったりします。椎名さんの場合は必死なんですけど、歌声はまろやかというこれまた不思議なバランスなんですよ。おそらくここら辺が魅力の大もとのような気がします。

この必死な感じはカラオケで「風が吹く丘」とか歌ってみるとどういうものかわかります。あれは適当にうまくまとめようと歌ったんでは全くサマになりません。w
恥ずかしいとか格好悪いとか、そういうのは投げ捨てて思いっきりいかないと「風が吹く丘」らしさが出ないんですよね。「Don’t let me cry Don’t let me sigh 呪文のように唱えて」のところとか、ダラダラいったんでは全然ダメ。パキーンと張り詰めた声じゃないといけません。歌自体は特に難しいところはないんですけどね。あ、「呪文のように唱えて」のあとで思わずパンパンと手を叩いてしまうのは仕様です。これはフリをよく知らないわたくしでもやってしまいます。w

図は「STARTING LEGEND”DASH”」のポスター。確かに「アイドル」としての見た目は地味かも知れませんけど、この人はアイドルと言う概念が変わるほどの「新型」だったんですよ。
by namatee_namatee | 2015-07-09 22:27 | music | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 気分爽快 わかること >>