先は長い

c0019089_21511738.jpg

昨日の続き。
昨日は愚痴の方が多くなってしまいましたので、本日はポスターファイルとポスターそのものについて少々。
B2というとサイズとしてはB4の4枚分の面積の紙だなと頭ではわかりますが、実際に手元においてみると・・・でかいです。このポスターとて、どこかお店に貼られていたりするときは自分から離れているので、さほど大きいとは思いませんけど、こうやって目の前に真っ平らに広げるとでかい。しかも丸めてあるのとは違ってページをめくれば次から次へと見ることができます。壮観です。w
大きさの比較のために手元にあったCONTAX T2を置いてみました。今時、CONTAX T2の大きさをイメージできる人がどれだけいるのかと(ry

そしてライブツアーのポスターをよく見てみると、面白いことが見つかったりします。例えば2001年の「STARTING LEGEND 2001 ~PRECIOUS GARDEN ~」というツアーではホールバージョンとライブハウスバージョンがあって、前者は前売りで税込4,500円。それに対して後者は税込4,200円とか。はたしてその差額の意味は?と思ってしまうほどの些細な金額の差ですね。もしかして当時の椎名さんサイドではホールが主でライブハウスはちょっと趣向の違う環境と考えていたのかもしれません。

そういえば椎名さんはホールとライブハウスでは機材のセッティングや音の感じが違い、もちろん歌い方も違うというようなことを言ってました。いやまあ観客の方からもその差は明らかですけどね。ライブハウスは荷物を置くところがなかったりして不便だし立ちっぱなしで辛いですけど、なんていうか密度が違って充実した感じがありますね。
音なんかもホールに比べると明らかに悪かったりするんですけど、その分、乱暴に尖っていて爆音好きにはたまりません。w

図の左側は髪の毛をバッサリいっちゃったときの椎名さんですね。ストレスのせいだと言っておりましたけど、勝手に切って大目玉ってのがこの時でしたか。
この髪型はなんというのか知りませんけど、なんとなく「まるゆ」に似ていてわたくしは好きです。「まるゆ」ってのはこちらです。ウチにはU511がいないので、相変わらず「まるゆ」は潜水艦部隊の旗艦を務めております。

他には会社で余っているA4サイズのクリアファイルをもらってきまして、そちらに「月刊アフタヌーン」の「ヨコハマ買い出し紀行」を切り取ってまとめようと思います。これも欄外にいろんなことが書いてあって興味深い。例えば「ラジオドラマ第2弾開始」とか芦奈野先生の一言とか。
「月刊アフタヌーン」はできればそのまま保管しておきたいんですけど、さすがにスペースを取りすぎるのと、重いのと分厚いのであまりに扱いづらく、必要な箇所を見るのにも一苦労ということで、資料として有効に活用するために涙を飲んで解体ということに。ただ、結構な部数なのでチェックしながらだと時間がかかりそう。1週間では終わりそうにありません。(汗
by namatee_namatee | 2015-07-02 23:01 | diary? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 風が吹く丘 政治的な問題 >>