開き直り

c0019089_216185.jpg

久しぶりのCA870。これは昨日やってきたCA870チャージャーです。いつもお世話になっている戦民思想さんで購入。

これは新型でHopが改善されているそうです。従来のCA870はいわゆる躓きHopでした。BB弾をチャンバーに装填した時、ノズル直前のBB弾の固定位置とHopパッキンの突起が離れているというやつですね。集弾性能に悪影響があると言われております。そうは言っても使ってみると見た目よりはずっと当たることに感心してしまって、躓きHopだからどうだとか言う気は失せちゃうんですけどね。
まあ、実際はHopシステムそのものがやや不安定で、箱出しだとHopの効きや安定性に不満がないわけではなかったんですよ。>CA870
他の部分はよく考えられていて、サバゲの実戦でも使いやすいんですけど、Hop周りだけは手を入れたくなる鉄砲でしたね。
それが、この新型ではHop周りが一新され(詳しくはこちらをどうぞ)安定性が高まったということなので、久しぶりに買ってみました、というお話であります。

とりあえず、適当なダットを載せて試射。会社で。w
Hopの効きは旧型とは比べ物にならないですね。山なり弾道から鬼Hopまで、自在にコントロールできるようになりました。ノズル長が適正化されたせいか、弾道の安定性も高まっているようです。本日は風が強くて詳しいチェックができなかったのですけど、それでも集弾性能の高さは感じられます。これは期待できるかも。
ただし、これは完全ノーマルというわけではありません。ライトチューンとでも言いますか、戦民思想さんならではの調整がされております。近いうちにグルーピングをとってみましょう。
見た目も改善されており、以前は安っぽかったストック付け根のところもつや消し黒で塗装されて、それがCA870に必要かどうかは別として、高級感が増してますね。
あと、意外だったのがトリガーフィールが改善されているように感じること。以前もCA870チャージャーは持っていましたが、それに比べるとシアーが落ちるタイミングがとてもわかりやすく撃ちやすく感じます。シアースプリングが変わっているそうですけど、基本的にはトリガーに変更点はないらしいのでちょっと不思議。もしかして、ボルトアクションばっかり撃っていたから指の感覚が鋭くなったのかしら。w
1stステージから2ndへのトリガーフィールの変化がとてもわかりやすい。そのくせ、急いで撃ちたい時にはスパッと撃てる。これはなかなかのものだと思います。

というわけで新型CA870はお勧めです。2015年アキュコン銀メダリストのわたくしが言うんだから間違いない。w
あのアキュコンの成績について、運が良かっただけとか自分なんてたいしたことないとか言うと、俺たちはそれ以下ってことか?と十兵衛軍曹やLEOさんに詰られるし、ゲームに行けば「なま様」呼ばわりでいじられまくりだし、そんなことなら開き直って威張ったほうがマシと。来年のアキュコンまでせいぜい威張らさせていただきます。w

手前に見える銀色のもの2個は、そのアキュコンでノズル長不足が明らかになったウチのVSR-10「あきつ丸」のシリンダーヘッドです。PDIのシリンダーヘッドですけど、これも戦民思想さんでノズル長の補正のために加工していただきました。パイプを押し込んでノズルを延長してあります。2個あるのは現物あわせで微調整するので、1mmと1.5mmで作ってもらったため。これを組み込んで、BB弾を先っちょにくっつけた棒で適正なノズル長を探るのです。書けば簡単ですけど、実際には面倒臭いんですよ、これが。Hopのかけ方でも変化しますし、手の感覚の話ですのでどこが最適かは本当に微妙なところ。気長にやってまいります。

最後になってしまいましたが、ややこしい依頼を引き受けてくださった戦民思想のボウコウさま、お手数をおかけしました。ありがとうございました。
by namatee_namatee | 2015-05-28 21:52 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< フフーフw 珍しく出張 >>