軽いネタと重いネタ。

c0019089_19223296.jpg

ネタが一息。なので小ネタを2つ。

先日のアキュコンの写真です。これを見るとアキュコンがボルトアクションライフルの祭典なのがわかりますなぁ。もちろん、電動ガンや外部ソースもありますが、ほとんどはボルトもしくはエアコキ。

まあ電動ガンは調整が大変ですから。メカボにもチャンバーにも相当なエネルギーと時間をかけないと、もともと構造が単純でその分のエネルギーを精度に振り向けられるボルトと同じステージに立てませんよ。わたくしは初参加の時と前回は電動ガンのVFC SPR Mk.12 Mod 1で参加してましたが、うっかりVSRを使ってみたら、その調整のしやすさにコロッと宗旨替えしてしまいました。w

前に書いたように、鉄砲を信頼できないと撃つ方も気愛がはいりませんので、そういう不安を可能な限り排除したいと。そうなるとわたくしのように未熟なものにはボルトの方が使いやすいということです。といって、ボルトがイージーなだけということはありませんで、さらに微に入り細に入り調整が必要ということで、もうどこまでいっても終わることのない精度の追求なのでございます。

一番手前に変わった鉄砲が見えますが、これはBESTGUN製のWA2000だそうです。極めて珍しいモデルと聞きました。WA2000はウチにもARES製のがありますが、あれでアキュコンに出る勇気はないな。w
K.T.W.さんのお膝元ですので、当然ながらK.T.W.さんの鉄砲が多いです。今回の優勝はK.T.W.製のM70 SPRでした。二位が東京マルイ製のVSR-10プロスナイパー(ウチの「あきつ丸」)、三位がマルゼン製のAPS SR-2という、なんともいえないリザルト。もうちょっと頑張ってK.T.W.ワークスに一泡吹かせたかったなぁ。w

鬱。(汗
さて次のネタ。年末から年始にかけて鬱状態と診断され、ひと月ほどお休みしていたわたくしのところの新人君を覚えていらっしゃいますでしょうか。その後、鬱の治療をしながら仕事に復帰しておりましたが、またしても症状が悪化。ついに退職願を提出することに。(汗
病気ということで、かなり気を使って接してきたんですけどね。リアルでお会いになったことのある方はご存知の通り、わたくしは相当に大雑把な性格で言わなくても良いことなどをちょろっと口に出して大もめになったりするんですけど、新人君に対してはそういうことのないように神経を使って接してまいりました。それこそ同僚に「なまさんて新人君だけには優しいよね」などといじられるぐらいに。
だがしかし、彼の能力不足は明らかで、入社して間もなく1年ということもあり、そろそろネジを巻いてやらないと、今度は他の社員の不満が爆発しそうという。その矢先、GW突入寸前にまたしてもヘマをやらかしまして、女子事務員に注意される。これが応えたらしく、GW明けから様子がおかしい。昼休みに昼食もとらずに机につっぷして頭を抱えていたりする。
これはいかんということで、直接わたくしの上司の方から医者へ行くように言われて、会社を1日休んだんですけど、結局は医者にはいかず、当然症状も回復せず。その前からもらった薬を飲まなかったり、面倒臭がって医者にいかなかったりしていたんですけど、今度は本当に症状が悪化して何もできなくなってしまったようです。(汗
周りは病気だということで心配して気を使っているわけで、当の本人がそんないい加減なことでは、なにかと風当たりが強くなっても仕方がないですね。しつこいですけど、わたくしはそれでも庇っていたんですけどね。
なんていうか、自業自得というかスパイラルというか。会社側もさすがにもう業務の遂行は不可能と判断し、辞表を受理することになりました。残念。

なんていうか、失敗するのを極端に恐れているんですよね。>新人君
誰だって失敗はあるんだから、失敗して怒られてもその時だけ「すみません」と言っておいて、次は繰り返さないようにすれば良いんだよ、と言っていたんですが、彼には届かなかったようです。

名曲「何も出来なくて」で「誰にでも失敗はあるよね 許すことは明日への勇気」と椎名さんも歌っているじゃないですか。椎名さんは辛いことや悲しいことは一杯あったけど、嬉しいことや楽しいことも沢山あったからそれで良いんだとことあるごとに言っており、わたくしも同感ですけど、彼は自分を追い込む一方だったんでしょうね。

大体が仕事なんてどんどん進んでいくもんですから、いつまでも前の失敗を引きずっていたって意味がない。そこら辺は割り切っちゃえば良いんですけど、それができない性格だったようです。ならば失敗しないスキルとか、そういう風になろうという姿勢があるのかというと(ry

入社して1年が過ぎる6月になったら、それなりの扱いをしようと思っておりまして、その時に病気の影響があるとか、それを本人になんとかする気力が見られないとかだったら、気が重いけど退職も視野に入れた方が良いよと勧告しようと思っていたんですけど、本人の方から先に辞表が来るとは思いませんでした。

ううむ、難しいもんですなぁ。っていうか、この仕事そんなに難しいかなぁ。仕事量も少ないしすごく簡単なんだけど。わたくしは今の会社で仕事が嫌で会社に行きたくないなんて思ったことはないですね。サバゲの次の日で体が辛いとかは別ですけどね。w
by namatee_namatee | 2015-05-15 21:28 | diary? | Comments(10)
Commented by josei84827781 at 2015-05-15 22:25
自分の会社にも似たような人間がいましたよ。そいつは勧めてもはなから医者にすら行きませんでしたが・・

失敗する度に自分の殻に閉じこもってばかりで見ていて苛々したもんです。辞めた時はある意味精々しましたよ。
Commented by ANDY at 2015-05-15 23:24 x
私自身が鬱と診断され既に11年たちますが、今は何とも言わないと誰も解らないほどですが、ピークの際はやろうとする頭と動かぬからだにだんだん考えることもイヤになり、それでも悪い考えだけは湧いてくる。
状況は解るんですが、最近はバブルの頃の世代と違う意味で変な自信があるのか、失敗が怖いようですね。怒られること自体になれてないとも言えますが。
学校との違いも、エスカレーターで入社したりすると顕著のようですし、まあ病院も、薬も言われながら拒んだのなら自分の決めた道と思うしかないですね。
私が仕事出来るようになったのは「考える暇すらないほど忙しいときに飛び込んでなにも考えられなかった」のが項をそうした特例らしいです。
Commented by namatee_namatee at 2015-05-16 10:47
>joseiさま
同僚ならまだしも、一応部下となると扱いに苦慮することになります。orz
Commented by namatee_namatee at 2015-05-16 10:51
>ANDYさま
外から見ていてもどんどん落ち込んでいく様子はよくわかってしまって、気の毒といえば気の毒です。だがしかし、そこから復活する具体的な手段があるのにそれをしないとなると、こちらも打てる手は限られていますので。(汗

失敗するのは嫌ですけど、まあ仕方がないですよね。そこら辺の割り切りなんですかね。

中途半端に暇なのかいけなかったのかも知れません。といって、やることないしできないし。(汗
Commented by フラフープ at 2015-05-17 17:31 x
精神的な疾患で通院することに抵抗感があるのでしょうか。そこはどうにか乗り越えて、次の勤務先ではうまくいくと良いですね。ていうか、同僚に知られないように通院したいなら、転職は必要なのかもしれないですよ。
Commented by namatee_namatee at 2015-05-17 20:51
>フラフープさま
彼が「鬱状態である」ということは社内ではオープンでした。
会社をあげて出切る限りのバックアップはすると本人には通知してあります。まあそれも負担だったといわれれば、もう返す言葉がありませんけど。
見た感じ、仕事をしない状態ではすっきりと回復するようでしたので、業務そのものが向かなかったのかなぁと思います。だがしかし、会計の仕事ということで募集し応募してきたわけですし、残業もないし仕事の量は少なくて単純と問題が見当たらないので、どういうことか釈然としないわけです。w

今更ながらですが、役員その他で行った採用の選考の時にわたくしだけが彼の採用に反対したんです。なんていうか履歴書などに書くスキルはあるけど、資質として臨機応変の対応ができそうにないというのがその時のわたくしの意見でした。役員その他にそのことを思い出させても良いかもしれません。(汗
Commented by 十兵衛軍曹 at 2015-05-18 07:33 x
役立たずなグズのクソ遺伝子を無慈悲に
切り取るのも、上官としての務めかと。
Commented by namatee_namatee at 2015-05-18 08:51
>十兵衛軍曹さま
昨日はお疲れ様でした。いろいろ教えてくださってありがとうございました。
最終的にはそうならざえるをえませんね。「病気」ということなので、できるだけのことはしてあげたかったんですけど。
Commented by フラフープ at 2015-05-18 18:45 x
鬱「病」なのか鬱「状態」なのか、結構大きな違いなんでしょうね。
Commented by namatee_namatee at 2015-05-18 19:21
>フラフープさま
診断書では「鬱状態」となっておりましたね。
親御さんだかなんだかも鬱で休職したのでとかなんとか、繰り返し言ってました。まあわたくしだったら絶対にそういうことは言いませんけど。
もう心が折れてしまっていたんでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 準備中 アップグレード >>