小物感

c0019089_21375953.jpg

引き続き買い物ネタ。次第に金額が小さくなってまいります。w

先日の椎名さんのFC eventのついでに秋葉原のエチゴヤさんによって買ってきたもの。10:00開店だと思っていたら11:00だったんですね。反対側の喫茶店で1時間ほど時間をつぶしてました。w
買ったものは見ての通り、PDIの純正互換セットピンとトリガーのスプリングとパワーアジャスター。この手の細かいパーツは通販だと送料が高くつくので、こういった機会に買っておこうと思いまして。

もっとも重要なのはセットピンですかね。ウチのVSR-10プロスナイパー「あきつ丸」Verはセットピンの固定が甘いようで、コッキングの時に抜けちゃうことがあります。おそらくPDI製のスプリングガイドやシリンダーが純正と微妙に形状が違うせいだと思います。あとオリジナルは抜け防止にねじ止め剤みたいなのが塗ってありますけど、一回でもセットピンを抜くとそれが効かなくなってしまいます。

そういったわけで、突然セットピンが抜けてコッキングできないという現象が比較的頻繁に起きるんですよ。>あきつ丸
セットピンが抜けちゃうとストックと機関部を分離しないと直せないので大変不便。エアコキはいつでもどんなときでも撃てるというのが重要なんですから、こういうメカニカルトラブルは許せません。w
仕方がないので対策をこうじました。トリガーボックスにタップでネジ穴を空けて3mmのイモネジでセットピンを横から押さえつけるようにしたんですけど、あまり強く押さえると不具合がでます。どういう現象だったのか忘れてしまったんですけど、確かトリガーが引けないんじゃなかったかな。純正のトリガーメカはボルトハンドルが降りてないとトリガーを引けないような仕様だったはずなんですけど、どうもセットピンを横から強く押しつけるとそこら辺に影響があるようです。
これまた仕方ないので、セットピンにちょっと大きめの穴を掘って、そこへ前述のイモネジが引っかかるようにしました。これでセットピンが抜けるようなことはなくなりました。
ただ、純正のセットピンは材質が柔らかくて、だんだん削れていくんですよね。あとガタが多いようで、ボルトハンドルを下ろした時の感触がその時によって違って気持ち悪い。そういったわけで、セットピンを交換しちゃうことに。
PDIのセットピンはガタがなくトリガーボックスにぴったりはまります。さらに抜け防止のイモネジがセットピン側にありまして、おかげでしっかり固定できます。ノーマルと違って遊びがないので、前述の安全装置との兼ね合いでトリガーが引けない現象も起きませんね。
さらにボルトハンドルを下ろしたときの感触も一定になって文句なし。細かいパーツのわりに効果は大きいですね。

トリガーのスプリングは余興だなぁ。だってわたくしはトリガーの1stステージとか2ndステージとかよくわからないんですよ。触ったらすぐに落ちるような軽くてストロークのないトリガーが好きです。
先日のアキュコンで、撃っている人のトリガーにかかる指の動きを観察してましたが、とても複雑な動きをしていたのが印象的。ちょっと引きかけて緩めたりしている。わたしゃ、いきなりスパッと引いちゃいますからね。w
こういうところがまだまだ未開なんですよ。>わたくし

とりあえず今回もストロークはほとんど無しで、重さも限界まで軽くしておきました。これで使ってみてダメなようなら、真剣に対策をしたいと思います。
ちなみにトリガーユニット自体はノーマルのままです。これもPDI製のμトリガー2とかに替えるという手もあるんですけど、ノーマルの方がトリガー自体は軽いんですよね。ハイパワーなわけでもないので、ノーマルの軽さを活かそうかなぁと。実は予算の問題だっ(ry

現在の「あきつ丸」はピストンを普通のタイプ、PDIで言うところのHDピストンにしてあります。VCピストンと違って初速の安定感はたしかにありますね。>HDピストン
ピストンを交換するのにともないパワー調整をする必要がありまして、今回は下げる方ですけど、またVCピストンに戻したりするときのためにパワーアジャスターを追加。
スプリングを切ったのは正解でした。こうやって簡単に調整の余地ができましたからね。

細かいブラッシュアップが進んでおります。>あきつ丸
by namatee_namatee | 2015-05-12 22:09 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 高まる「椎名力」。w コスパ最強 >>