逃げ道無くなった。w

c0019089_1633894.jpg

とうわけで無事帰ってまいりました。主催の若花ださま、K.T.W.さん、参加のみなさま、大変お疲れ様でした。

ヤバい。(汗
アキュコンの結果はどうだったか・・・なんと2位という。w
なにが起きたのかいまだによくわかりません。プレートはあまり当たらなかった。好調だったのはでかいプレートから小さい方へ4つ順に撃っていく競技で、これはどこかで外したらそれで終わり。これが3つ目まで当てられました。3つ目なんてプレートの右端掠めて辛うじて倒した感じで、なかなかスリリング。4つめも良いところでギリギリ外した感じ。これでテンションが上がったのか、次のムーバーも全4回中2発当てました。
あとは20mと10mのターゲットペーパーに撃ち込むのが、意外なほど好調だったぐらい。正直、競技終了後は(その時点では自分のターゲットペーパーは見ることができないのもあって)まあ、いつものとおり微妙な順位なんだろうな、ぐらいに思っていたんですけど。

原因。
思い当たるフシはあります。前日にK.T.W.さんの工場でM70のO/Hしているのを見学させていただいていたんですけど、作業(パッキンやチャンバーのレトロフィット)が終了したM70のノズル長をチェックしているのを見て、わたくしにも触らせてくださいということで、BB弾を先っちょにくっつけた棒でM70のノズル長のクリアランスを実感させていただいたんですよ。頭で理屈はわかっていても、正しい位置とかクリアランスを自分の指で確認してみないと、それを自分の技術として取り込めませんからね。
どんな感じだったのかは具体的にはヤメておきますけど、これが想像以上にタイトでして、それでは自分のVSR-10「あきつ丸」Verはどうかと、あ、今回はボルトアクションで参加です、わたくし。w
電動でいきたいのはヤマヤマですけど、いかんせん加齢のせいで老眼とか集中力がもたなくなってまいりまして、複雑な電動ガンをアキュコンで通用するレベルまで仕上げるのがもはや困難。orz
というわけで、ゲーム用と銘打って実際に先日のゲームでも使ってLEOさん他にも存分にゲーム用とアピールして三味線を弾いておいた「あきつ丸」Verで今回は参加ということです。

で、「あきつ丸」Verのノズル長はどうだったかというと、これがルーズもルーズ。1.5mmぐらいはノズル長が足りない。K.T.W.さんのM70のノズル長が理想とするのならば、「あきつ丸」Verのそれでは話になりません。
さて困った。試合前に道具の欠陥が明らかになってしまっては、テンションの上げようがありません。
そこで、そばにいたガンジニアの石岡氏とやはり青森チームの有力な参加者の方に対策を乞うと「シリンダーヘッドをノズル長が足りない分だけ緩めれば一時的な解決にはなる」とのこと。

・・・自分の鉄砲が調子悪いときにすぐにガンジニアの石岡さんとか、K.T.W.さんの工場長に面と向かってどうしたらよいか聞けるとか、これ、ものすごく贅沢なことじゃね?(汗
車に例えると峠道でジャン・ラニョッティ氏に隣に乗ってもらってレクチャー受けるぐらい?

対策を講じる前は良いときは良いんですけどダメなときはダメと不安定な集弾だったんですけど、ノズル長を詰めてみたあとはかなり安定性が高まりました。おそらくこれが20mや10mのターゲットペーパーによく当たった原因でしょう。
プレートについても同様なんですけど、好成績だった4つのプレートとムーバーは自分や銃と高さが近い。それに対して普通のプレートは下の方にあるので撃ち下ろしになりまして、もともとゲーム用ということで強Hop状態の「あきつ丸」Verだと弾道が暴れ気味になって当たらないのだと思います。前日の試射ではプレートに近い高さで撃っていて、それはまずまず当たりましたし。

ちなみに「あきつ丸」Verの主な仕様はどんなだったかというと。
チャンバーがPDIのHOP UPチャンバーVer.2でシリンダーとかもPDI製。スプリングはVSR-90(2巻半カットにパワーアジャスター2枚)でピストンはVCです。これはべるがも氏に精密射撃にVCは向かないとアドバイスをいただいていたのでHDピストンにしたかったんですけど今回は間に合いませんでした。
バレルは電動用のMadBull Python2の455mmでHopパッキンはファイアフライさんの電気なまず(辛口)でありました。
初速は0.25gBB弾で84m/sぐらい。温度が上がるとどんどん初速UPしてきまして、かんかん照りの場所に放置しておくと88m/sの限度いっぱい近くまで行っちゃいます。当然、着弾点も変わる。なので競技直前まで日陰の場所(今回はK.T.W.さんの工場内)に置いておいて、声がかかったらすかさず持ち出すという涙ぐましい努力をしております。アキュコンとはそういう競技なのだ。w

見ての通り、スコープは相変わらずSURE HITの1420IR HIDE VIIですけど、これが試射のときに何も考えずに2倍でやってまして、本番直前にそれに気がつくという。4倍の方が着弾点が良く見えるのは当然なんですけど、2倍で練習しちゃってますので、どっちにするか迷いました。結局、2倍でやりました。1発目で外したのを次で補正するのに倍率は練習のときと同じじゃないとうまくいきませんからね。

肝心のBB弾はなんだったのかというと「ギャロップ0.3gバイオBB弾」を使いました。重めのBB弾で精度が良いものが有利なのは当然ですけど、そんなものはそう簡単に手に入るわけがない。わたくしはゲーム用の電動ガンということで、今までは普通のG&Gやマルイの0.25gBB弾を使ってきましたが、今回はボルトで本気出すわけですから、せめてBB弾の重さぐらいは本格的なものをということで。
結果的にはよかったと思いますよ。別な方が同じBB弾を使ってまして、それを選別してたんですけど、なんか変形した弾がぼろぼろでてきて、ものすごく不安になりましたけど。w
前述のとおりゲーム用の強Hop(0.25gで)に重い弾でややマイルドな弾道にした感じですけど、プレートの結果を見るとやはりちゃんとHopを調整すればよかったかなぁとも。もっともPDIのチャンバーがそう簡単に言う事を聞いてくれるかどうかはまた別の問題ではあります。w

今回は戦民思想のボウコウ氏、LEO氏とあと十兵衛軍曹も参加。
閉会式の順位発表が面白かったですね。一旦、11位までで発表がとぎれて別な話になって、それが終わっていよいよ10位から優勝までの順位発表。十兵衛軍曹とわたくしはまだ呼ばれていないので10位以内入賞は間違いない。9位、8位と進みますが、まだ二人とも呼ばれません。

十:「おい、俺らまだ呼ばれてないぞ。」
な:「これは行ったかもしれませんね。w」

5位か4位で十兵衛軍曹が呼ばれる。当然キター!となりましたが、その直後、「先に呼ばれたか」ととても悔しそうな顔になったのを見逃しませんよ。w
と同時にわたくしは焦り始める。ヤベぇ、アキュコンで上位入賞とか、もうどこいっても逃げ場ないじゃん、ってね。w
「ガンプロフェッショナル誌」のインタビューとか受けちゃったけど、いろいろ動転していてろくな受け答えができませんでした。(汗

そういったわけで、実に充実した3日間でした。
図は殊勲のVSR-10「あきつ丸」Verと銀メダル。いやぁ、「あきつ丸」Verはゲーム用なので(ry
by namatee_namatee | 2015-05-04 21:26 | survival game | Comments(4)
Commented by 十兵衛軍曹 at 2015-05-04 19:18 x
なまてぃ
準優勝おめでとうございます。( ̄▽ ̄)

プレート競技で不調だった中、諦めずに
4ドット競技とムーバー競技で、
闘争心を巻き返した、なまてぃの姿は
とてもカッコ良かったです。

射撃に本当に必要なのは、弾やパーツの
精度だけではなく、そういうメンタルの
強さなのです。 そこが一番大事!

あと、心の声だとしても、私は
なまてぃを「お前」とは言わないよwww

Commented by namatee_namatee at 2015-05-04 20:16
>十兵衛軍曹さま
ありがとうございます。今回はいろいろ教えていただいて、すごく勉強になりました。

>お前
そうですね。そういう言い方はしませんね。訂正いたします。

わたくしのメンタル面の動きは指摘されている通りですね。さすがです。w
他の方の解説も面白いし役に立ちます。自分がそうなったらどうしたらよいかのヒントになりますから。
またお会いする機会があると思いますので、宜しくお願いします。
Commented by LEO at 2015-05-04 21:03 x
お疲れ様でした。

アキュコン2位おめでとうございます(マジで)。
2位ってものすげーよ。
とゆーことで来年は
「打倒!なま+あきつ丸」でまいります。(これもっとマジ)
Commented by namatee_namatee at 2015-05-05 09:22
>LEOさま
ありがとうございます&お疲れ様でした。楽しかったですね。競技以外にもいろいろと。w

来年はもうどうなるか全くわかりませんよ。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< エアガン好きはスバル好き? アキュコン >>