驚愕

c0019089_22174867.jpg

先日のサバゲで、ちょっとハニーバジャーのダットの調整をしようとセイフティの自分の席から離れておりましてね。その間にどこからか電話があったようで、テーブルの上に放置してあったHTL22"つぼみスペシャル"wの呼び出し音がしていたそうなんですよ。
ちなみに現在の呼び出し音は「Endless Dreamer」でございます。

で、テーブルに帰ってきてLEO氏に「Endless Dreamer鳴ってたよ。」と言われて愕然とする。w
なにがって、「Endless Dreamer」は椎名さんを研究する上では重要な楽曲ではありますが、一般的にはマイナーです。シングルにもアルバムにも入ってないので、聴くためにはベストアルバムの「Best! ~Single Collection~」を買うか借りるか、あるいはライブに行く(!)しかありません。
それをなぜ氏が知っているのか。っていうか、椎名さんの歌のタイトルを普通に言う人って、限られたファンの方々以外では経験がありません。思わぬ場で思わぬ方から言われてすごく驚く。w

いやなに、正月のサバゲのときに、椎名さんの音楽の源流がどこら辺からきているのかについて意見をいただこうとCDをお貸ししてありました。わたくしは音楽の一般的な知識が全くないので、そんなの当たり前というごく常識的なことでも調べないとわかりませんし、そのきっかけすらつかめないことが多いですからね。
その点、詳細はお聞きしてませんがバンドの経験がある(現役?)氏なら、わたくしにようなものには思いつかない視点から椎名さんの音楽についての意見をいただけるかなと思いまして。椎名さんの音楽についてのことなら、恥も外聞もありませんし、なりふりも構いませんよ、わたくしは。w

ちょっと失敗したかなと思ったのは、お貸ししたCDに入れてあったのは「HEKIRU SHIINA Live Tour Early Spring」と「HEKIRU SHIINA LIVE TOUR 2013~2014」のセットリストだったこと。前者はアルバム「Ermitage」リリース後まもなくのツアーだったため、楽曲も「Ermitage」のものが大半、後者はいわゆるベスト版的なセットリストである意味当たり障りのない楽曲が多い。それが悪いということではありませんが、まったく白紙の状態の方に椎名さんの音楽を体験してもらうのには、やや偏った選曲ではないかなと思う次第。おまけにダブルヘッダーだったので、同じ曲が2回かかるんですよ。w

そして時系列にならんでいないので、聴く方は混乱するらしいです。
なんとなく古い歌はわかるとのことでしたが「Guilty」が昔の歌だと思ったとのこと。あれは最新アルバムの曲です。w
「Ermitage」というアルバム自体が椎名さんの音楽のルーツを振り返る的なコンセプトなので、古い歌と感じるのは間違いとも言えないような気もしますね。

実はまだ正式に意見をいただいてはいないんですが、ちらっと言っていたのが「オマージュというか、なにかどこかで聴いたことのある曲がある」という意見。これ、わかります。w
もちろんパクリということはない。ないんですが、明らかに影響や引用みたいなもの(音楽的に「引用」と言うかどうか知りませんけど)が感じられる楽曲があります。わたくしのようなシロウトでも気がつくレベルで有る。その時々で椎名さんがハマっていた楽曲が透けて見えるとでもいうか、わかりやすくひねりの少ない(せいぜい1回転ぐらい)まっすぐな感じ。
これは悪意を持って言えば、オリジナリティが無いとかレベルが低い、薄っぺらとか、いくらでも言いようはありましょう。だがしかし、忘れてはならないのは歌っているのは「椎名へきる」であるということ。あの歌声が楽曲にオリジナリティを与えているのだ。ずーっと突き詰めてみれば、わたくしはあの歌声だけが好きなわけでして、そういう意味では楽曲はどんなのでもかまわないんですよ。

そして意外かもしれませんが、椎名さんは他人の歌をカバーってのが少ない。ライブやイベントで歌ったというのは別にして、なんらかの後に残る形でカバーとなると・・・「ヨコハマ買い出し紀行」ドラマCD3の 「ブルー・ライト・ヨコハマ」 しかわたくしは知りません。しかもあれはアルファさん名義だし。
さらに言うならば「声優」という肩書きの割にはキャラソンやアニソンの類も少ない方だと思います。つまりオリジナルがほとんどということ。良いのか悪いのか、わたくしにはなんとも言えませんが、椎名さんの特異な点ではあるなぁと思います。

あと言われたのが「低い声が苦手」。これもその通りだと思います。そしてライブの動画などを観ていると、一時期、その低い声をなんとかしようとして大変苦労されていた気配がある。現在はレンジが広がって高い方の声の使い方に無理がなくなったので目立ちませんが、それでも低い方は得意には思えません。自身でも「昔の歌はキーを上げないと歌えなくなった」といってますし。
補足しておくと、椎名さんの普段の話しているときの声を生で聴くとかなり高く感じます。さすが声優、と思わせるよく通る高い声。で、歌になるとそこからどのくらい下がるんだろ。具体的になんオクターブとかは言えませんが、わたくしが同じようにやろうとしたら絶対に出来そうもないぐらい低いところから歌ってます。

といったかんじで、いくつか椎名さんの不思議な点を補足させていただきました。よろしくお願いします。w
by namatee_namatee | 2015-03-17 22:19 | music | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< フフーフ 代替わり >>