長いが重くはない

c0019089_20125039.jpg

うわ!くっそ。つぼみ可愛いな、おい。>錯乱

図はつぼみ嬢とはなんの関係もない。ついでに東京大空襲とも関係ない。w
ちなみに東京大空襲については去年のこのネタをどうぞ。w

ウチの長めのAR-15の類。
一番上は久しぶりの登場、G&PのSPR Mk.12 Mod 1です。ゲームでは随分使ってないけど、現役ではあります。そろそろO/Hして使ってあげないと。これの元はわたくしが最初に買ったエアガンのARの類、マルイのM4 R.I.S.で、中古でした。見ての通りメタフレにフロントキットと面影は全くありません。今でも残っているのはチャージングハンドルのみ。メカボすら別のものという。w

二番目はおなじみ、トレポンM16A2。先日のゲームでも使いました。前日に会社で試射して0.2gBB弾対応のHopの効きにしたはずなんですが、当日になると過剰Hopで使いづらいという。他にもトレポンにはトレポンの癖のようなものがあり、例えばマガジンとか。装填の時にマグウェルにリップをぶつけると弾がジャラッと出ちゃいます。当たり前といえば当たり前ですが、マルイ方式よりセンシティブなのは確か。BB弾を発射する性能そのものについては、何度も申し上げておりますが、マルイ方式の鉄砲に比べて特に劣るということはありません。Hopも縦方向にはやや安定性にかけるきらいがありますが(特にマガジンに弾を詰めすぎると不安定)横方向には気味が悪いほどそれない。そしてトリガーのキレの良さはセミオート向きで、ウィバッウィバッとあの独特の音のキレの良いセミでラッシュをかけるのは楽しいといえば楽しいですね。嫌味に思う人もいるかもしれませんけど。w

三番目もいつものG&P M16A4。これまた先日のゲームで使用。っていうか、もっとも出番が多かったのはこれ。いつでも信頼して使えるのはこれです。確か今は亡きAirSoftPandaで18,000円ぐらいで買ったはず。
とはいえ、元々は実験機的な存在でした。長いバレルにやわいスプリングの組み合わせで、Hopをかけた時の初速低下をなんとかするために、異常に重いピストン(40g近い)にしたりしてました。いろいろやったんですが、顕著な効果というものが感じられず(計測方法や加工が未熟というのもあったはず)結局、常識的な重さのピストンで弱めのスプリングという仕様に落ち着きました。加えてASCUも装備。そうしたら信頼性と集弾性能が飛躍的に向上しまして、さらにいつもお世話になっているチューナーさんで調整してもらったこともあり、今ではどんな時でも持っていくというほどのお気に入り。
ASCUはFCUの一種でプアマンズトレポンとでもいうべき動作感。ASCUは逆転防止ラッチが必要ないというのが特徴なんですが、モーターのブラシの消耗が激しいので、これはチューナーさんのお勧めもあって逆転防止ラッチを入れてあります。偽トレポン臭は薄らぎましたが、実用性はup。今は本物のトレポンがあるのでそれで良いのです。w
ProWinのチャンバーも出始めにこれで実験的に導入しました。ProWinのチャンバーは詳細に確実にHopをかけられるのが特徴ですが、気密がやや悪い。それも考慮してメカボ側のパワー調整をしないと、何かのはずみに気密が上がったりすると予想外の初速オーバーになったりします。もちろん逆もある。

四番目はVFCのSPR Mk.12 Mod 1です。ウチの旗艦とでもいうような。これも中身は別物になっております。メカボはマルイですし。
一時期ASCU仕様にしていましたが、厳密な意味でのレスポンスがイマイチでした。ASCUはプリコックはできないので、どうしてもピストンが前進した位置からのスタートとなり、アキュコンなどでのムービングターゲットを撃つ時にレスポンスに不満が出ました。現状は機械式でのレスポンス重視な仕様となっておりまして、89式ベベルと2石FETです。ごく普通の電動ガンですが、撃ってみると意外に鋭いレスポンスに驚くという。
お世話になっているチューナーさんにスペシャルバレルを作っていただいてます。VFCのこのアウターバレルはインナーバレルを支えるカラーが入っておりまして、それが先端部のみという嫌がらせのような仕様。なので初速調整にインナーバレルをぶった斬るといういつもの手が使いづらいのであります。インナーバレルの長さは475mmという中途半端なもので、これでギリギリの初速を狙うのはとても難しい。結局、363mmのバレルで適正パワーになったわけですが、問題なのが前述のアウターバレルのカラーでして、短いバレルだとそのカラーまでとどかずインナーバレルの固定ができませぬ。(汗
なのでその部分を太くするスペーサーを作ってもらいました。って、偉そうに書いているけど丸投げでした。(汗
チューナーさんになんとかしてくださいって泣きついて作ってもらいました。すみませんでした。
そこまでやったんですが、現状はやや問題を抱えております。それはHop。BB弾の保持位置をもう少し後退させようとしてまして、その方法も見当がついているんですが、なんせスペシャルバレルなもんだから加工して失敗しちゃうと後がない。なにか適当なバレルで実験しなきゃなぁ。
今はごくノーマルなマルイ純正Hopパッキンの普通のHopシステムです。これはこれで安定性は良いし、普通によく当たるのですが、なんといってもこのSPRはウチの旗艦ですので持てる技術力を全て注ぎ込んで、絶対的な集弾性能の高みを目指さないといけません。w

SPR Mk.12は実はもう一丁あったりします。A&KのMod 0で、これは今はバラバラになってます。あの特徴的なハンドガードは再現されてはいるんですが、いかんせんアルミじゃねぇ。あれはやっぱりカーボンじゃないと。
MADBULLかどこかからあのハンドガードが出ていて、最近は手に入れやすくなってきているので、予算がついたらそれを買ってみようかと。もっとも装備させるのはA&KのSPRじゃなくてVFCの方ですけど。w
by namatee_namatee | 2015-03-10 21:06 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 記念日 忘れ物 >>