おっかない

c0019089_21113269.jpg

AKG、価格上がりすぎだろ。今年の初めにAmazonで16,549円で買ったK545が25,407円ってなんだそれ。ヨドバシだとほとんど3万円とか、正気かと。w
こんなことなら13,000円ぐらいの底値で買えたK550も買っておけばよかったなぁ。AKGのヘッドホンって価格の変動が大きくて、はたしてどれだけの価値があるのか、価格ベースでは判断が難しいんですよね。(汗

K545は大変気にいっております。密閉型という先入観からするとびっくりするような抜けの良い中高音の表現とか、反対にAKGという先入観からすると望外に豊富な低域とか、ボーカルが前に出てくる感じとか、わたくしがヘッドホンに求めている要素がほぼ完璧に達成されております。ウチには同じ密閉型のSONY MDR-7506がありますが、それにくらべてK545のバランスの良さは圧倒的に優れていると思います。MDR-7506はやけに高音が刺さるわりに、全体としては特徴というか個性がない(モニターヘッドホンなので当たり前といえば当たり前ではありますけど)ので、聴いていて楽しく無い。

こと「椎名へきる」を聴くことにおいては一押しです。最高のヘッドホンだと断言できますね。>K545
ただし、わたくしのイチオシなのでどこまで信頼できるかは・・・トラスト・ミー。w

ここから図のネタ。w
これが「PositioN」か・・・これは「アフタヌーン シーズン増刊 Summer No.7」、アフタヌーン2001年6月号増刊、でございます。某オークションで購入。セットで他にもマンガが何冊かありましたが、わたくしが用があったのはこの「アフタヌーン シーズン増刊 Summer No.7」のみ。
その185ページにあるのが芦奈野先生の「PositioN P:4 白い夜のこと」でございます。
「PositioN」は大げさに言うと謎に包まれた作品です。単行本になってないんですよね。噂では「コトノバドライブ」の前フリのようなシチュエーションとストーリーだと聞いておりましたが・・・これは確かに「コトノバドライブ」と同じ雰囲気ですなぁ。登場人物もスーちゃんとかだし。なんとなくヤバい雰囲気も同じ。

「ヨコハマ買い出し紀行」を「陽」としたら「PositioN」や「コトノバドライブ」は「陰」のイメージ。「カブのイサキ」は中間かな。
「ヨコハマ買い出し紀行」の明るい(実際は明るいどころじゃないのかもしれませんけど)世界観を描いた同じ作者にこういう怪談めいた作風があるとは不思議なものですね。「ヨコハマ買い出し紀行」もロボットの人とかいって、なんとなく辻褄を合わせてますけど、よく考えてみればそのロボットの人開発史とかのやばい話もあるんですよね。w
ミサゴとか妖怪そのものだし、アルファさんだって何十年どころか何百年経っても、あそこで喫茶店やってるんですぜ。八百比丘尼みたいなもんですね。

そういえば「夕凪の時代」から何百年も経って、いよいよ人も居なくなって、その残り少ない旅人がフラッとカフェアルファを訪れる、ふと気がつくとそれは自分で・・・という夢を見ました。小説版「ヨコハマ買い出し紀行」の影響ですかね。もっともアルファさんは普通にお店やってましたけどね。「いらっしゃいませ。」というのが椎名さんの声だったのは覚えてますが、何を話して何を飲んだのかとかは忘れてしまいました。目が覚めてとても残念な気持ちだったのは覚えてます。

「PositioN」に話をもどすと、全部で7話あるようです。1-6話までが「アフタヌーン シーズン増刊」に掲載、7話目が「別冊モーニング」に移ったとのこと。前述の通り、単行本になっていないので読もうと思ったら掲載誌を探して手に入れなければなりま・・・またかよ!
以前、アルファさんが表紙になっている「月刊アフタヌーン」を探して大変な目にあったのを何度かネタにしましたが、この手の雑誌を今から集めるのって本当に面倒臭いんですよ。なにより一生懸命探しているのに馬鹿にされるのが腹が立つ。w

今回はおとなしく「コトノバドライブ」の単行本に収録されるのを待つことにします。待てるかな?w
by namatee_namatee | 2015-02-23 21:49 | book | Comments(4)
Commented by ふき at 2015-02-24 06:00 x
おお! これがうわさの「PositioN」ですか。

芦奈野ひとし先生の作品は、単行本になってから一気読みして
ばかりいる僕は、この作品、タイトルしか知りませんでした(汗

と言いますか、今回の日記の画像だけを見たときは、
てっきり、『本誌のほうの コトノバの最新話』なのかと…

本当にコトノバと雰囲気が似ていますね。
そうか、こんな話だったのか~

これはたしかに、
「コトノバ」の単行本のほうにまとめるなどしていただいて、
まとめて読んでみたい「姉妹作品」ですね(^^
Commented by namatee_namatee at 2015-02-24 07:39
>ふきさま
わたくしもほぼ同じ感想と状況です。>PositioN
タイトルは知ってましたし、内容も文章では読んでましたが、実際に読んでみると・・・こんなに「コトノバドライブ」そっくりとは。w
タイトルも「~のこと」ですし、本当につながった作品なのかもしれません。

この女性はすーちゃんじゃなくて同僚の女性ですが、深夜、仕事が終わって自転車での帰り道、変な霧にまかれて、遠くを見ると巨大な飛行船のようなものが・・・というお話で、もう完全に「コトノバドライブ」とかぶります。ちょっと「カブのイサキ」も入ってる感じもありますね。
門柱の上の大小2個の石の会話がまた背筋をヒヤッとさせる感じで良いです。

これはなんとかして単行本化をお願いしたいところです。今からオークションで探し回るのはちょっと。w
Commented by kero at 2016-04-28 01:32 x
僕も単行本から入ったので、
PositioNは未だに読んだことがありません。。

是非是非、単行本化希望です!!
Commented by namatee_namatee at 2016-04-28 07:22
>keroさま
始めまして、だったと思います。間違っていたらすみません。

「コトノバドライブ」が連載されているし芦奈野先生はメジャーな作者さんな上に「PositioN」は昔から要望があるので単行本化はまったくないとも思えないですね。なんかのはずみにぽろっと単行本になるかもしれません。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ダークサイド メンテ三昧 >>