賛歌

c0019089_19173637.jpg

本日は昨日よりさらにネタがない。仕事してますからね。w

図は会社でイヤホンの掃除をしているところ。
とりあえず、その時に持ちあるいていたイヤホンのイヤーチップとかケーブルをウエットティッシュなどで拭いてました。上からCARBO BASSO・XBA-100・アルバナ2・X10・CARBO DOPPIO・ER-4S・DUOZAとなっております。どれもお気に入りですなぁ。出番が多いのがCARBO DOPPIOとDUOZA、あとX10ですかね。前の2つはBAとダイナミックの違いがあるものの、椎名さんの歌声が前に出てくる感じで、聴いていてとても楽しい。X10はもっとバランスが良くて、冷静に聴ける感じ。

外ではイヤホンですが、ウチではK545を使っていることが多いです。密閉型なのに抜けの良い、AKGらしい音。椎名さんの「PRECIOUS GARDEN」あたりの、やや高めの音が多い楽曲がたまりません。「PRECIOUS GARDEN」は当初はもっとも苦手なアルバムでしたが、今となっては「俺様ベスト」には「Face to Face」「Rockin' for Love」についで収録数の多いアルバムになってしまいました。w

改めて言うのも変なんですけど、椎名さんの楽曲って必死さに溢れてますなぁ。確かにもっと歌の上手い、あるいは声のレンジが広い人などは他にも居たor居ると思うんですが、この及ばない部分を自覚しながらなんとかしようと必死な感じがたまらないんですよ。独特の余裕がない感じ。
失恋の歌だから切ない感じに歌い上げるってのは当然なんですが、そのさらに一枚下にある、なんていうか歌に向かい合う姿勢みたいなのがすでに切ないというか一杯一杯というか。これは言葉にするのが難しいし、人によっては感じ取れない事なのかもしれませんけど、確かに普通じゃないなにかがあると思いますね。>椎名さん
誰かの歌のカバーが極端に少ない(実質的に無いのと同じ)のも、おそらくこのような歌に対する姿勢の表れではないかと思っております。自分の歌で目一杯なのに人の歌なんてうまく歌えるわけがない、ってところじゃないでしょうか。

これを力不足というのは簡単ですが、それをなんとかしようと必死に努力する心意気。これも実力を評価する要素の一つに加えても良いのではないかと思うんですよ。
売れりゃ良いってもんでもない。リリースされた時にはたいしてヒットしなかったかもしれませんが、それが10何年経っても聴いている奴に感動を与えていると考えると、パッとヒットしてそのままあっという間に顧みられることのなくなってしまった歌と比べてトータルの価値、価値というと語弊がありますか。トータルの感動を与えてくれたことに対する感謝の度合い?感動の蓄積?なにかそういったものは同等かもしくは上回るのではないかと思います。

わたくしにとって椎名さんの楽曲はもう空気みたいなものになってしまいました。とくに何かに集中している時を除くと基本的に聴いているのが当たり前で、たまに聴かないでいると違和感があるってぐらいのもので。
おまけに嫁さんにも「今日は椎名さん聴かないの?珍しいね。」とか言われる始末。w
by namatee_namatee | 2015-01-26 21:02 | music | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 再就役 起源 >>