好き嫌いの問題

c0019089_22192040.jpg


今日も忙しかった。orz
あまりに忙しかったので現実逃避でとあるサイトを見ていたらアーティストの音楽性というものについての記述がありまして、それがあまりにレベルが高くて、わたくしは穴があったら入りたい気分になりました。w
わたくしがここで述べる「音楽性」などというものは、ようするに「楽曲の雰囲気」程度のものですからね。もっともわたくしは椎名さん専門ですので、「この歌」と具体的に示せばある程度までは言いたいことが伝わるので、その点では救われているとも。

厳密な意味での普遍的な「音楽性」となると、音楽についての幅広い知識が必要だと思います。古今東西、様々なジャンルの音楽についての知識を持ち、譜面が読めて楽器も弾けるとか。さらに言うなら、細分化している現代の音楽シーンとかビジネスの面とか、とにかくプロのミュージシャン並みの知識と経験とスキルがないと語れるものじゃありませんよ。
その上で、例えば椎名さんの音楽を語るとなれば、20年前からずっと時を追って時代の雰囲気とか、世相とか、そういった環境の変化を把握して、さらに椎名さんが影響を受けた内外のアーティストやミュージシャンについてもひとかたの知識を持ち、さらにさらに椎名さんと同等の音楽のセンスを持っていないとダメですなぁ。
書いていて虚しくなってきました。ようするにそういうのは無理というわけです。w
結局、音楽性とか感覚的に語るしかありませんよ。突き詰めれば「好き」か「嫌い」かですよね。
その「好き」か「嫌い」かに様々な条件がついてくるのでややこしい。

先日のネタで椎名さんのかつてのファンの多くが「音楽性に馴染めなかった」のではないかと書きましたが、今回はその続きのようなそうでないような。

さらに前に書いたネタで初期(1995-96年ごろ)の椎名さんの同人誌に溢れる「それ以上変わって欲しくない」雰囲気が横溢しているというのがありましたが、それは無理な話。当時は声優アーティストのパイオニアとして試行錯誤の時代ですから、とにかく暗中模索ですごいスピードでいろんなことをしなければならなかったはずで、だから変わらないわけがない。それを知った今から同人誌を読むとなんとも言えない気持ちになります。10年後には「Wings of Time」や「Clear Sky」や「Rockin' for Love」のようなアルバムをリリースしていたわけで、もはや声優アイドルの面影はありません。(汗

大きな変化は2000年代に入ってからですが、すでに予兆はありました。変わって欲しくないのに変わっていく椎名さんに対する思いはどんなものだったのか。
声優さんというキャラを基盤としての音楽活動から、アーティストとしての音楽活動への遷移。さらにその音楽についても、ロックに傾倒してよりハードになっていく。このダブルパンチ。言葉は悪いんですが、大量の脱落者が出てもおかしくはありますまい。(汗

アーティストとしての音楽活動については飲みこみましょう。それは当時は声優アーティストというものが他に並ぶもののない新しい概念だったからで、現在のようにアーキテクチャが出来上がっているのとは違います。それまでどちらかというと表に出てくる機会の少なかった声優アーティストという存在が一般に認知され、内容に見合ったそれなりのステータスを得るという自分たちの夢や希望が、椎名さんによって実現しようとしていたと思えたかも。

だがしかし、その後の継続的な音楽性の変化についてはどうだったか。こちらの問題はより複雑で深刻だったと思います。前述の通り、音楽性を理解するということはそれなりに敷居が高い上に椎名さんの傾倒したHR/HMというジャンルは思っているよりもマニアックで理解にエネルギーと経験値を要しますし、好き嫌いも激しくありますから。
わたくしはファンの多くが椎名さんの元を去ったのは、この音楽性の変化が原因だと思います。一般的には上記の声優からアーティストへの路線変更が原因だとされることが多く感じますが、実は多くのファンが椎名さんの音楽についていけなくなったんだと思うんです。みなさん、アーティストとしての「椎名へきる」は受け入れていたんだと思うんですよ。すでにリリースされる楽曲について一喜一憂し、ライブ楽しーって言ってたんですから。なので「アーティスト宣言」なんてのは、後付けの都合の良い話だと主張するんです。

その音楽性の変化の主導権はどちらにあったのか。言わずもがな。椎名さんサイドでしょう。「HEKIRU FILE」その他にも記述がありますが、椎名さんはこの先を考えるとどうしても自分のやりたい納得のいく音楽に向かわざるを得なかったと言っております。そのためにはファンが離れていくを覚悟の上で、路線の変更をすると。

以下、ちょっと誤解をまねきそうだし、厳しい表現にならざるを得ないのでビビりながら書きますけど、ようするに「ファンの選別」があったんじゃないかと思います。そんなことは椎名さんサイドは表立っては絶対に口に出すことはないでしょうし、わたくしの認識が間違っている可能性もあるんですが、わたくしはそう感じます。
なんていうか「踏み絵」みたいなもの。ついてこれないのならついてこなくても良いと突き放すとでもいいますか。その試練を乗り越えてきたのが、今でも残っている熱心なファンの方々で、残念ながら離脱していったファンも多かった。

わたくしの離れていったファンの方々についての感想は「見る目がありませんでしたね。」というものです。おっと他意も悪意もありません。いきなり20年の歴史を俯瞰して思うことです。
約10年後の2015年現在の椎名さんを見れば明白。様々な紆余曲折はあったにしろ、数は少なくとも熱心なファンに支えられて今でも現役で活動してますし、歌唱力を始め様々な面でのクオリティは上がり続けてます。さらにマニアックという要素まであるんですから。w
見る目がなかったというのが良いとも悪いとも思いません。その時点での好き嫌いの問題ですので、提示されたものにノーという権利は誰にでもありますよ。その後、また戻って来たということならば、それもあり。
いやでも、かつての椎名さんは良かったとワンパターンな主張を繰り返すのはちょっと思考停止かなと思います。

わたくしとしましては、映像でみる2004年元旦の日本武道館の椎名さんも魅力的ですけど、去年の暮れのなんばHatchや東京国際フォーラムでの椎名さんも同じように、むしろ磨かれて洗練された今の姿の方が魅力的に映ります。
by namatee_namatee | 2015-01-22 22:35 | music | Comments(11)
Commented by LEO at 2015-01-23 00:02 x
どもども

音楽>
好き嫌いで解決していいんじゃないの?。
別に最後までアーティストに付き合う義理もないし。
路線変更したから離れたファン、支えるなまさん、どちらも正解でしょ。

上手い 、下手>
これも、どーでもいいんじゃないすの?
自分が面白ければOKでしょ。
クラシックの人からみたら、ロック、ポップスなんぞ相手になりまへんし。

変化>
客が離れるの覚悟で新しいコトやるのは普通ですって!>アーティスト。

Commented by フラフープ at 2015-01-23 01:38 x
究極のところ、へきるさんが何をしたいのか、業界が事務所が何をさせたいのか、そもそも何をすれば儲かるのか人気が出るのか、我々門外漢には漠然と想像することしかできないんですよね。へきるさんに幸多かれと願うことで、思考停止の言い訳としています。
某大手掲示板によると、2/8(日)秋葉原でパチンコ(?)関係のイベントがあるそうですね。正直ギャンブルが嫌いなので、今とても渋~い顔になってます。w

沖縄、懐かしい!よく撮れてますね。お手元のデータでは、細かい文字まで判読可能ですか?
Commented by namatee_namatee at 2015-01-23 08:05
>LEOさま
あ、LEOさんだ。先日は失礼いたしました。
おっしゃる通りでございます。そういうあたりまえの話だったんですよ、と今さら言ってみたのがこのエントリーです。

それで済まなかったとする説があって、しかも根強いので、今さらこういうネタがあるわけでして。
バブル直後~CDの売上ピーク~ポストバブル+某巨大掲示板をはじめとする急激なネット隆盛の時代にハマってしまったのが不幸とも言えますね。>椎名さん
Commented by namatee_namatee at 2015-01-23 08:17
>フラフープさま
ギャンブル嫌いですか。(汗
わたくしはギャンブルはやりませんがそのものについては特になんとも・・・今回は椎名さんの数少ないキャラソンが聴ける貴重な機会ですよ?w

アーティストなんだから儲からなくても人気が無くてもよろしいのではないかとは思います。活動を継続していただければそれで良しと。
ただ、実際にはそうでなかったと明白なことをあったかのように言い換え、それを誹謗中傷のネタにし、自分の立場や行為を正当化して引きこもるような行為にはちょっと賛同いたしかねます。>回りくどいw

>写真
それなりの解像度なので細部まで読み取れますよ。
Commented by 翔流 at 2015-01-24 10:41 x
ギャンブル大好き翔流です(笑)
2/8のイベントはパチンコの地獄少女2のイベントですね。
前作の発表会にも出演してたのでフラフープさんが渋い顔をするのは少し遅かったかもです(^_^;)

結局のところ音楽性の話も含めて、我々はへきるさんに付いていくことしか出来ないので、せっせとグッズを買って活動を支えていくしかないと思ってます。
Commented by namatee_namatee at 2015-01-24 11:15
>翔流さま
アーティストに対してこちらからできることってそんなに選択肢はないですよね。短期的になにかこちらから働きかけることができると思うのは錯覚に近いと思ってます。(汗
グッズとかCDを買ったりライブに行ったり、そういった形で支持することしかできないなぁ、と。
しみじみ思ったので余計なエントリーにしてみました。

CR地獄少女については詳しくありませんが、 「願いの灯 祈りの音」でしたか、あれはCDなどにはなっていないんですよね。今回のイベントでまた新しい歌が聴けるのかな?いやまあ、微妙に守備範囲外なので、イベントには行かないつもりですけど。w
Commented by フラフープ at 2015-01-24 17:46 x
>>翔流さん
ギャンブル好きな方には失礼なコメントでしたね。渋い顔というのは、へきるさんがギャンブル絡みのイベントに出るからではなく、スケジュールは問題ないのにイベントの内容が僕的に微妙だからです。w
>>namateeさん
パチンコやらない人が参加しても、邪魔かな~、と。
Commented by 翔流 at 2015-01-24 21:30 x
>>namatee_namateeさん

そうそう、その曲です。
多分今回の為の新曲があると思うので合わせてCDにしてくれればいいなあ、と。
パチンコ屋の景品にその機種のサントラが出たりするのが恒例ですしね。

>>フラフープさん

いえいえ、ギャンブルが嫌いな人がいるのは理解してますからお気になさらず(^_^;)
自分はイベント行きたいんですが、流石に参加できません(地理的に)
Commented by namatee_namatee at 2015-01-25 17:54
>翔流さま
椎名さんのキャラソン?は数が少なくてなかなか聴きづらい(アルバムやシングルにならなかったり)し、ましてや生となると・・・これは行けるなら行っておいたほうが良いかもしれませんね。
ただワンフェスとかぶるのが頭痛いところです。(汗
Commented by namatee_namatee at 2015-01-25 17:55
>フラフープさま
パチンコっていうより地獄少女の方に注目するということで面目を立てる?という大人の判断はいかがでしょうか。w
Commented by フラフープ at 2015-01-25 20:30 x
いえ、今回はやめておきます。今回は間違いなく抽選となるでしょうから。そりゃあ、へきるさんには会いたいけど、パチンコの振興には役立たない僕が当選したら、逆に申し訳ない。・・いっそ有料なら「お客さん」になれたのに。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ダックスかわいいよダックス とても自然 >>