まとまりませんでした。w

c0019089_21542180.jpg

「ヨコハマ買出し紀行」新装版第1巻第5話「エンドレス町内会」P102より。

蜜柑の季節ですなぁ。
現代の三浦半島の蜜柑の収穫時期と食べごろはいつぐらいか?そもそも三浦半島で蜜柑はできるのか?
ネットで調べてみたところ、三浦半島でも蜜柑は栽培されており、おおよそ10月下旬から11月いっぱいぐらいが旬のようですね。
さて、ここで「ヨコハマ買出し紀行」新装版第1巻第5話「エンドレス町内会」を見てみましょう。w
この回はアルファさんの「みたこともない舞」と下戸ぶりで有名ですけど、細かいところで話の冒頭で闘鶏のおじさんに勧められて蜜柑を食べているんです。>アルファさん
おじさんは「うちンのだけんどミカンとかは食う?」と言い、アルファさんはなぜか「ああっ 食います!!」と答えます。このやり取りで何故「食います!!」なのかが不思議。基本的におしとやかなアルファさんだったら「食べます!」とか「いただきます!」と言いそうな気がするんですけどね。おじさんに釣られたんですかね。w
ドラマCDでも椎名さんが嬉しそうに「食います!!」と言ってます。ここの演技、大好き。w

1/15訂正:
「食います!?」ではなくて「食います!!」でした。フラフープ様、ご指摘ありがとうございました。

ここでちょっと余談。
「ヨコハマ買出し紀行」の資料をネット上でヒックリ返しているとちょろっと「椎名へきるは好きじゃない」とか「嫌い」という感想に突き当たる時があります。演技がどうのとかではなくて「椎名へきる」が好きじゃないor嫌いと。これが不思議なんですよねー。そういう時のテーマに多い「ヨコハマ買出し紀行」のOVAにせよドラマCDにせよ、主役のアルファさんを演じた椎名さんの演技って別に変でもない。普通の人は演技がすごく上手で感動して泣くということは無いかもしれませんが(わたくしは「ヨコハマ買出し紀行」も椎名さんも好きなので泣きますけど。)これといって悪いということもないと思います。
にもかかわらず、こういうことを言われるというのはなにかとんでもないことをやらかしたんでしょうか?w>椎名さん

声がアルファさんに合わないという意見はわかります。それこそ好き好きですので、わたくしはなんとも言えないんですけど、ではあの時代というかタイミングでロボットの人である「初瀬野アルファ」演じるのにふさわしい人は誰か?となると、そりゃ他にいくらでも候補は上がるのでしょうけれども、同様に「椎名へきる」だって声優さんなんだから演じておかしいわけはないし、実際にどういった経緯かはわかりませんが起用されているわけですし。
声優さん好きな方々からは椎名さんは声優の仕事をナイガシロにしたとか言われますが、現にこうやって「ヨコハマ買出し紀行」の仕事してるじゃないですか。
はるか前にネタにした映画「月のあかり」ネタのブログでの不当な誹謗といい、どうもここら辺が腑に落ちないんですよね。
声優さんを好きな方々のこういう行動が不思議で仕方ない。声優の仕事をすれば叩かれ、音楽活動に力を入れれば叩かれ、じゃあどうすればよかったのか?と。w
当時のラジオのパーソナリティとしての活躍、そしてもちろん声優出身のアーティストとして武道館などの大きな会場でのライブへの扉を開いたこと、功績として評価されることはあるとして、理由もなくことあるごとに誹謗される謂れはないと思うんですよね。>椎名さん

人気があればアンチが多いのも当然という理屈もありますが、それが理屈としてわかっているのならば、なお理性的に物事を切り分けて考えるべきではないのかと思うわけです。そこで自制するのが真っ当な人間ってもんでしょう。「椎名へきる」について能天気に「嫌い」とか書いたりしてますけど、どこかで陰口きいているだけなら言葉は消えて無くなってしまいますが、ネット上に書くと後々まで残るんですぜ。ネットの鉄則「嫌なら見るな。」という金言もありますが、それがいつでも通用するわけでもないんですぜ。w

この件に関してはわたくしの思い描く声優さんのファンの人々というのはどうにも不思議な存在です。彼らの流儀で能天気に言って良いのならば「大嫌い」となるんですが、わたくしは自制して「不思議」と思っているということにします。

余談が長すぎました。w
さて冒頭の三浦半島の蜜柑の旬の話。現代の蜜柑が10月下旬から11月いっぱいにかけてが収穫期と食べごろだとして、この「町内会」がいつごろ開かれたのかと落雷がいつだったのかを推測するというのが今回のネタ。w
そもそもの始まりは落雷で死にかけたアルファさんの全快祝いがこの「町内会」のテーマなので、それを考慮してこの2つのイベントがいつごろなのかを推測してみると。
聞くところによると三浦半島は冬は気候が安定しているようです。反面、夏場の天候は比較的不安定で、落雷や突発的な豪雨も多いと聞きます。その情報と現代より温暖化した気候ということを考慮し、さらに上記の蜜柑の収穫時期を勘案すると・・・よくわかりませんな。w

温暖化すると蜜柑の収穫はより寒い時期にずれ込みそう。雷や豪雨の季節は長くなりそう。夏から秋に変わる頃、一時的に天気が不安定になる時期がありますが、それも現代よりは後ろにずれ込みそう。
そして服装をみてみると、第4話「雨とその後」のアルファさんは薄手の長袖、おじさんは長袖の袖をまくってます。実は子海石先生の待合室では袖をまくった長袖シャツなんですけど、処置が終わって子海石先生にアルファさんの容態を聞くときには普通の半袖のポロシャツみたいなのになってますので、アルファさんが子海石先生に処置してもらっている間に一度着替えているのかも。w

そして落雷の翌日に1次コーティング、その翌日に2次コートと仕上げ、さらにその次の日に退院という具合に話が進みまして、その退院の日、つまり落雷から3日経過した日に子海石医院へ迎えにきたおじさんの服装はまた袖をまくった長袖シャツです。そしてその日におじさんと一緒にやってきたタカヒロは半袖のシャツの上に薄手のベストみたいのを羽織ってます。
つまり、この時期はあまり暑くない時期なんですよ。「夕凪の時代」の三浦半島の夏はかなり暑いということなので、登場人物がこれだけ服を重ねているということは、やはり冬に近づいた時期なんでしょう。それは「エンドレス町内会」の次の第6話が「プレ寝正月」という初日の出を見に行く話であることからもわかります。「プレ寝正月」ではみんな一気に厚着になるのがちと腑に落ちないような気もしすけど。w

そして取り替えたアルファさんの髪が落ち着くのに1週間かかるとのことですので、落雷から普通に外に出られるようになるまで10日間。落雷と町内会の間は最短で10日間というわけですね。蜜柑の旬が1ヶ月後ろにずれているとして、それを12月中に設定。お尻は「プレ寝正月」。そこから逆算して行くと、落雷は11月下旬、「エンドレス町内会」は12月中旬の出来事とすると収まりが良いのではないかと。11月というと現代では気候の安定している時期ですが、温暖化の進んだ「夕凪の時代」ではまだ安心できないということでしょうか。

いや待てよ、アルファさんは蜜柑を見てすごく喜んでいたのであれは早生というか初物なのかもしれません。この時代の蜜柑の旬はもっと後なのかもしれませんね。
・・・第4話「雨とその後」の前の第3話「しましまのごろごろ」が夏真っ盛りの話というのが整合性が取りづらくなってきたなぁ。w

まとまらないなぁ。これといった決め手がない。余談でエキサイトしたのがいけなかったか。w
by namatee_namatee | 2015-01-14 22:08 | book | Comments(17)
Commented by スピンマン。 at 2015-01-14 23:00 x
とくに嫌いな声優が居ない自分は珍しいのかなぁ…と。
声優に詳しくないからだろうけど、むしろ何処そこの声優のファンが問題を起こしてイヤというのはよくあります(笑)

Commented by フラフープ at 2015-01-15 02:12 x
声優ファンの話になると、以前より論調が弱まりますね。あまり気にしすぎない方がよろしいかと。

わー、新年初のヨコハマだー。今年も愚問難題を並べまくりますので、よろです。
今回のネタとは関係ないですけど、ターポンという名前の由来って、すでに議論がなされてましたっけ?
あと、「食います!?」ではなく「食います!!」w
Commented by ふき at 2015-01-15 04:10 x
★お久しぶりです。

第5話 『エンドレス町内会』 が開催された推定時期、
面白そうでしたので、以下に自分なりにまとめてみました(^^
(ただし、「夕凪時代の特有の気候(温暖化)」は考慮しておりません)


●第2話 『入江のミサゴ』 (5~6月ごろ?)
 タカヒロの半袖と夕立からして、「7月ごろ」かとも考えたのですが、
 アルファさんが店内で長袖でいることから、
 梅雨に入る前の、少し気候が不安定な時期ではないかと思います。

●第3話 『しましまのごろごろ』 (7~8月ごろ?)
 スイカが豊作なところから、夏まっさかりではないかと思われます。
 自分も、8月の三浦半島で、畑のわきでスイカを砕いて捨ててある
 (肥料になっていくのだと思います)光景を見たことがあります。

●第4話 『雨とその後』 (9~10月ごろ?)
アルファさんと子海石先生は長袖ですが、タカヒロとおじさんは半袖であることと、
こうした夕立が発生するギリギリの時期として、
9月~10月の境目あたりではないかと思われます。

●第6話 『プレ寝正月』 (大晦日・元旦)
これは推測するまでもありませんね(笑)
Commented by ふき at 2015-01-15 04:11 x
★上記から、第5話の舞台は 『10~11月ごろ』 ではないかと推測します。

「12月」 の可能性もあるのですが、漫画内の光景をよく見てみると、
皆はミカンは食べていますがコタツの用意はされておらず、
飲んだ後も、布1枚はおって雑魚寝しています。

(まだ 「暖房器具」 の必要のない季節なのでしょう)

以上、今回の日記の考察のタシになれば、さいわいです(^^
Commented by namatee_namatee at 2015-01-15 06:44
>スピンマン。さま
風邪の方はいかかですか?
ウチでは嫁さんがぎりぎりのところで踏みとどまっている感じで、いつ本格化するか、そしてこっちへうつるかどうか、スリリングな状態です。(汗

わたくしも特に声優さんの好き嫌いはないです。というか、椎名さんを除いては声優さんから作品を眺めるということがないですね。
「キャラの声だからキャラそのものでしょ?」という感じです。w

問題はいろんなところで起きてますが、声優さんのファンがなにか問題を起こした場合の扱いが、やや大げさと言うかネタにする側が恣意的に面白おかしくしているようなものを感じるときがあり、それは声優さんのファンの方々のじゃちょっと気の毒かなと思います。
Commented by namatee_namatee at 2015-01-15 06:57
>フラフープさま
論調が弱まったと感じていただけたのなら成功です。w
気にしないわけにはいきません。好き勝手に人を不快にさせる書き方を垂れ流していたのでは、わたくしが糾弾している人々と同じ穴のムジナになってしまいます。それはわたくしのプライドが許しません。

受け止めると言った以上、できる限りの努力はいたします。論理的でない、根拠がないと指摘し、その行為の不当なところを追求していくのが目的で、感情に流されて過激な文章になってしまい、そのせいで伝えたいことが伝わらないのは本意じゃありませんから。w

>ターポンの由来
残念ながらそのテーマはかなり一般的な部類です。w
ターポンという魚がいるとか、TBFアベンジャー(WWII時の米国の雷撃機)の英国での名前がターポンだとか。
ただ、結論はなかなか難しいようです。芦奈野先生がどうも魚好きらしいこと、飛行機好き(これは間違いなし)なこと、これが相まって魚のターポンなのか、航空機のターポンなのか、結論が出ないといった感じと記憶しております。
Commented by namatee_namatee at 2015-01-15 07:21
>ふきさま
お世話になっております。掲示板の方にごあいさつでもと思っていたんですが、気の利いた持ちネタがなくて書き込みそびれておりました。申し訳ありません。今年もよろしくお願いいたします。

このネタでは温暖化は考慮しない方が良かったですね。温暖化で季節がずれることを取り込んでしまったせいで、なんとなくピントのずれたネタになってしまいました。
最初、蜜柑を軸に論を展開するつもりが、調べていくとまとまらなくなってきたという落ちです。w

ふきさんと同じようにアルファさんの服装にも注目していたんですが、長袖半袖の使い分けがよくわかりませんでした。w
「入江のミサゴ」について、当初は梅雨明け寸前の土砂降りの季節だと思っていたんですが、タカヒロの寒がり様も考えると5-6月ごろという説に賛成です。
「しましまのごろごろ」も同意です。「雨とその後」も温暖化を考慮しないとそこに収まると思いますが、「エンドレス町内会」との関連でどうしても上記の蜜柑が気になります。w

おっしゃられているように町内会翌朝の雑魚寝の様子が寒い時期とは思えない上に、次の「プレ寝正月」ではいきなり重装備になるという。やはりこの2話の間はそれなりにはなれているとみるのが正解ですね。
Commented by フラフープ at 2015-01-15 12:42 x
新装版第1巻64ページの3コマ目の本の中に「TAOでポン」というタイトルがありますね。それを見て思い付いたのですが、
道(タオ)→中国の道教で宇宙の真理
鵬(ポン)→中国の空想上の大きな鳥
ネイティブの発音は「ターポン」に近いのでは。上記のタイトルが伏線なら、芦名野先生マジすごいッス!
Commented by namatee_namatee at 2015-01-15 14:24
>フラフープさま
今ちょっと仕事で確認が取れませんけど、確かに「大鵬」との関連がどうのという説もありました。
芦奈野先生は本当にすごいんですよね。w
Commented by フラフープ at 2015-01-15 19:02 x
もし、ターポンでなくダーポンなら、大鵬のが素直ですよね。中国人の知り合いに相談してみたいな。w
Commented by namatee_namatee at 2015-01-15 19:32
>フラフープさま
しょうがないなぁ。こちらをどうぞ。
http://hatsuseno.blog.fc2.com/blog-entry-808.html

こちらを参考にご自身で検証してください。w
Commented by フラフープ at 2015-01-15 20:13 x
偉大なる先人たち、って感じですね。大発見だと思ったのに、残念。
Commented by 神代 at 2015-01-15 21:11 x
ヨコハマ買出し紀行はへきるさんのラジオでラジオドラマをやっていたのでアルファをへきるさんがやっていたのだと思います
Commented by namatee_namatee at 2015-01-15 22:13
>フラフープさま
「ヨコハマ買出し紀行」の世界は開発が進んでますから。w
ちょっと不謹慎な言い方になってしまうんですが、そうやって考察やスピンアウトした小説などを書いてあるサイトがもうずっと更新されていないのを見るのも、なんとなく「夕凪の時代」っぽくて趣があります。
Commented by namatee_namatee at 2015-01-15 22:19
>神代さま
ラジオドラマとOVAで主役の声を変える、しかもかなり特徴的な椎名さんの声を他の人に変えるのはなかなか難しいと思います。
ラジオでどういう経緯で「ヨコハマ買出し紀行」をドラマにしようとしてのか、そのラジオドラマとOVA第1期、第2期の関係がどうだったのかとか、わたくしにはよく分からないんです。(汗

「ヨコハマ買出し紀行」の世界ではイマイチ評判が良くないOVAですが、わたくしは1期2期とも言われるほどひどくはないと思いますし、そもそもわたくしと椎名さんの最初の接点なのでここら辺をバカにされるとムキになります。w
Commented by フラフープ at 2015-01-16 00:54 x
お祭りのようだったファンサイトが
ゆっくりとおちついてきたあのころ。(意味なし)

このサイトも、いずれ「夜」の闇に・・縁起でもないですね。w
Commented by namatee_namatee at 2015-01-16 07:27
>フラフープさま
さっさと削除しちゃう人もいますけど、更新は無くなってもネット上に残っていることに意義と意味があると思うんです。
だからこそ主張したいことと表現の関係に注目しているわけですし。

それに「人の夜」が辛い時代だとは限りませんよ。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< いよいよ? 企画倒れ? >>