ネガティブ

c0019089_2182141.jpg

本日はどうにもうまく物事が回らない1日でしたなぁ。入念に準備しておいたプランがちょっとしたことでパーになったり。わたくしの仕事を引き継いだ若手の部下が、どうも本質的なところを理解してないみたいで「いちからか?いちから説明しないと(ry」みたいな感じだったり。
本日は思いっきり不機嫌なのをパワーに毒を吐きたい気分です。なので大人気なく根に持っていることを書き連ねてまいりますよ。w

某巨大掲示板で椎名さんについて「いまだに歌唱力がないという奴は耳か頭がおかしい。」と書いたところ、「お前の耳は安くて良いな。」と言われたことがありましてね。これはキレましたね。モニタのこっち側で。w
その頃にはすでにオーディオ関連、とくにポータブル環境にはそれなりにコストを割いて試行錯誤を始めていた頃でしたので、なおさら腹が立った。この時に決心しました。椎名さんの楽曲を可能な限りの高音質で聴くためにコストは惜しむまいと。
高音質といっても人それぞれ解釈というか求めるところは違いますが、わたくしはあの声を美しく聴けること、2000年代以降の派手で激しい楽曲を迫力をもって再現できることを追求してやろうと。現在のその結論が昨日ネタにしたカスタムIEMのCW-L05QD+ポタアンのHA-11というもの。ここまでやって安い耳などと言われる謂れはありません。w

次は・・・どうも年功序列というか、その仕事とか事柄に携わっていた期間が長い短いで優劣をきめるというのが苦手ですね。そういうのは実績が第一だと思いますね。経験に基づくスキルってのは確かにあります。でもわたくしは経験だけってのは尊重しません。人間は言葉や文章で自分の経験を人に伝えることができるから人間なんですよ。自分が体験したことしか身につけることができないとか、犬とか猫かと。いちいちDNAに刻まないとならんのかと。w
なので物事を論理的に解釈して理解できない人は嫌いです。年上だから経験があるからと上から目線の人は嫌いですね。そんなに偉いならその技術や経験をちゃんと伝えてみろと。それができなければわたくしにとっては価値のない人間ですねぇ。
おっと、だからと言ってその人全てを否定するものではありません。人間はそんなに単純じゃありませんからね。ある分野については価値がなくても、他の分野では評価に価することもあります。ただ、単純に年上だから経験で勝っているからと無条件に言うことをきくとか従うとか、そういことはないということです。

挨拶不要論。w
これ、異端扱いされる場合があるので、あまり人前では言わないんですが、この際ですから。w
なにかというと「挨拶は大切です。」という人がいるんですが、あれって思考停止してるみたいでみっともないと思いますね。わたくしは営業ですからお客さんのところへ行ったら挨拶しますよ。でもそんなの大切でもなんでもありませんがな。そうしないとスムーズに話が進まないからそうしているだけ。仕事をスムーズに進める上で大事かもしれませんが、挨拶というものの本質では別にどうということもない行為です。
社内の挨拶とかお互いに存在を認識した合図程度で十分ですよ。「おう!」とか「やあ。」ぐらいで十分。

お次は・・・かえって機嫌が悪くなってくるので、もうやめ。w

図は月刊ニュータイプの1994年2月号。写っているのは・・・誰これ?w
もちろん椎名さんです。ぎりぎり19歳のころですね。ウチにある資料の中では珍しく椎名さんの本名が書いてあるもの。ちょっと驚くのが、ファンとのコミュニケーションがエネルギー源であると今と全く同じことを書いていること。素晴らしい。
雑誌の2月号といったら93年末ぐらいに発売ですかね。1stアルバムの話が出ているので、このころは準備に結構長い期間かけていたんですね。
by namatee_namatee | 2014-12-09 21:19 | diary? | Comments(12)
Commented by フラフープ at 2014-12-09 22:13 x
そういう日は、「それっていいね」がオススメ!

今のへきるさんの方が魅力的!>写真
Commented by namatee_namatee at 2014-12-10 08:04
>フラフープさま
「BLACK MONEY」とか聴いてgdgdのドロドロになってました。w

まあなんていうか、ちょっと俗な感じ?あまり特徴的ではない感じはありますね。>この頃の椎名さん
1994年ですから時代の雰囲気ってのもありますね。
Commented by スピンマン。 at 2014-12-10 10:04 x
考えてみたら今の残ってるファンの殆どはFC会員になってる方々が多いんじゃないですかね?
最も忙しい時期は、ラジオとFCミーティングがファンとの触れ合い場所でしたし、あの頃のライブなトークも一人語りでしたから、今のようなバンメンとのグダグダトークもございませんでしたしね。

先程、ハイレゾ音源をダウンロードしました(笑)
Commented by namatee_namatee at 2014-12-10 12:32
>スピンマン。さま
す、鋭い。その話題をネタにしようと文章を練っていたところなのに。(汗

いよいよ配信始まりましたね。わたくしもウチに帰ったらmoraからDLします。
Commented by スピンマン。 at 2014-12-10 13:44 x
1. Hello Goodbye→泣く。
2. Secret Butterfly→躍動感と妖しさとへきるらしさ。
3. Run & Run →よーやくサビが聴けた、やはりランティスサウンド的。

ハイレゾ音源、これは楽しめます(笑)
へきる嬢の声とサウンドがとにかくクッキリ聴けます。
ソニー時代のハイレゾ音源に期待したくなります。
Commented by へきらんど at 2014-12-10 18:36 x
この写真は初めて見ます。

95年の声優グランプリからへきるさんを知ったので、珍しい記事をありがとうございます。

へきるさんがカラオケとかの映像の仕事もしていたのも知らずに
あの頃は、歌ってました。
Commented by namatee_namatee at 2014-12-10 21:38
>スピンマン。さま
1. Hello Goodbye→泣きました。
2. Secret Butterfly→Sキャラに目覚めたか。セレスさーん。
3.Run & Run→音圧高い。そういう意味ではランティス的ですね。リゲイン?

ハイレゾ+カスタムIEMの破壊力は想像以上でした。
Commented by namatee_namatee at 2014-12-10 21:44
>へきらんどさま
この写真、珍しいですよね。つい最近、「駿河屋」さんで「椎名へきる」で検索していて見つけたものですが、その時点ではどういう記事なのかわからなくて、実際に見てみたら珍しい写真で驚きました。
いかにも知ったようなことを書いてますが、実はこのエントリーを書きながら開封しました。w
Commented by スピンマン。 at 2014-12-10 23:51 x
>>namateeさん
へきる嬢のハイレゾ音源配信されるこの日の為に用意した甲斐がありましたね、お互いに(笑)

”Run & Run”は、言われてみれば確かに音圧高いですよね。
博多ステイハングリーで聴き慣れてましたけど、サビまで知らずに半年以上も経過でしたからね(笑)

そーいや、このニュータイプの記事はスクラップしてます。
かなり幼い顔立ちですよね。
良い意味でコレという特徴がない可愛さがありましたからね(笑)
Commented by namatee_namatee at 2014-12-11 13:06
>スピンマン。さま
他の方のハイレゾ音源だとふ~んって感じなんですが、やっぱり椎名さんだと感動の度合いが違いますね。これは音質について客観的に評価できるか怪しいレベル。
スピンマン。さんもIE800の実力を発揮できて本望ではないかと思います。w

ごく初期の椎名さんは今と違った細さで、確かに他の誰かと替えがたいようなルックスではないですね。このあと一回太って丸くなってからが個性的ですね。w
Commented by スピンマン。 at 2014-12-11 22:36 x
>>namateeさん
よーやくIE800も積極的に使えます(笑)
あとMDR-D777SLのヘッドホンもハイレゾ音源との相性が良いです。
ハイレゾ対応のスペック持ちだからか知りませんけど、ちょっと驚きました。

こちらはボーナスが無い低所得者なんで、ポタアンは来年になりそうですね(´・_・`)
Commented by namatee_namatee at 2014-12-12 08:29
>スピンマン。さま
ボーナスといったって所得の中に組み込まれておりますので、使い道はほとんどすべてきまっておりまして。(汗

ZX1+IE800だとポタアンは必要ないような気がします。すっきりスマートに直刺で楽しみ、音の傾向に変化をつけたくなったらアンプを考えてもよろしいのではないかと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< これあかんやつや 自分だけの音 >>