イヤよイヤよも好きのうち

c0019089_22472893.jpg

ものの好き嫌いというものは人によって全然違いますね。
イヤホンとかヘッドホンとか、わたくしはなんとかして自分の中にスタンダードな評価基準を作ろうと思いまして、機会があればインプレを読みまくっているんですけど、実際に自分が持っている機種についてさえ、人によってその特徴の表現や好き嫌いが全く違うんですよ。

わたくしとしてはボーカルのサ行がギリギリ刺さらないと思っているモデルでも、ある人は刺さりまくりと言いますし、別な人はまったく平気とか。例えばSHUREのSE535LTDとか、わたくしの印象だと個別の音単体の解像度はあるみたいですけど、全体の聴こえてくる音の感じは微妙にベールがかかったようで全く好みに合いません。(汗
でも、SE535LTDで聴き疲れするという人もいるんですよね。わたしゃ、こんなに温いイヤホンじゃせっかくの椎名さんのキレのある声が台無しと思ってしまいます。
癖のあるイヤホンばっかりになって嗜好が変に偏ってしまうのを防ぐためにSE535LTDは残してありますが、実のところ、良い金額で売れるなら処分しちゃおうかな、などと思わないこともない。(汗

でもSE535LTDは各種インプレを読んで平均してみると、価格に見合った良いイヤホンという評価です。広い音楽のジャンルに対応し、さすがSHUREのかつてのフラッグシップと言われてますね。わたくしが聴いても個別の音に変なところはなく、ただ全体の印象がキレが弱くて好みに合わないというだけです。
なのでわたくしはSE535LTDをウチのリファレンスイヤホンとして扱い、その音色をある基準に据えて、他のイヤホンの音と比較するようにしております。まあ、変なイヤホンの音を聴きつづけて耳が変になったときに正気に帰るためのイヤホンですね。w

他のジャンルのもの、たとえばウイスキーやワインはその特徴の表現に使う言葉が決まっているようで、自分で飲んだ味わいと突き合わせてみるとおおよそは想像がつきます。
車なんかも大体使う用語は決まっていて、実際に乗ってみてこれがアレか、と気が付くぐらいのことはありますね。

イヤホンやヘッドホンの場合は、どうも全体的に感覚的で評価の良し悪しが文章からはわかりづらいですね。まだ修行が足りないのかもしれません。w
ただ救いとしては「価格」というある意味、誰が見てもわかる絶対的な数値でランクの上下を判断することができます。3,000円のイヤホンと30,000円のものでは、それりゃあ後者の方が広い範囲で破たんの無い音、つまり良い音を出すはずなんですよ。実際、聴きくらべてみれば分かる程度には違いますね。>3,000円と30,000円
ただなー、25,000円の日本ブランドのと35,000円の海外ブランドのとなると微妙ですね。そういう場合は金額より格段に客観性が落ちる、ブランドという判断基準を頼りにしなければならなくなりますね。
あとなんでもかんでも金額とか値段とかに落とし込んで評価するってのはさもしい感がありますね。w

さらに言うなら、ネットで検索して引っかかる情報で、ショップのものとか、なにかガジェットネタのサイトのものとかは提灯記事ってのがありますので、信用できないという。
これが某巨大掲示板になると、ステマやらゲートキーパーやら、もう何が何だか。数スレ分ずっと注視しつづけて、やっと傾向が読めるとかそんなレベル。やり取りは面白いんですけど、情報収集の効率はあまりよくないですね。>某巨大掲示板

まあそれはそれ。w
振り返って考えてみると、わたくしの思考の仕方というのは、万事そういった感じで進んでいっているようです。信頼できる拠り所を築いて、そこを土台に要素を比較して有る基準をクリアしていればとりあえずは良しと。たぶん第三者というか、誰かのお墨付きが欲しいんでしょうなぁ。ヘタレだなぁ。(汗
好き嫌いはその先であります。モノが良い悪いの先に好き嫌いはある。ここは明確に分けたいと考えております。そうした方がいろいろ便利だし紛糾しても整理しやすいと思うんですよね。

そこで先日までgdgdと続けていた声優さんの演技の良し悪しについての話ですよ。>ここで蒸し返すw
このネタで信頼できる拠り所ってのは「声優」であるということです。システム上、プロフェッショナルの声優さんはある程度のスキルがないとなれないということですな。そして「声優」の演技の良し悪しについては論議する余地はない、それはプロとしての声優には最低限クリアしなければならない基準があり、それをクリアできていない声優さんは存在しないからというのが、わたくしの論であります。
それでなお、ある声優さんの演技の上手い下手を云々するのならば、それはその人の「好み」の範疇ではないかと思います。

人の好き嫌いについてはそれを左右するのは極めて難しいと考えておりますが、突っついて議論するには格好の話題でもありますね。w

「ヨコハマ買い出し紀行」のOVAでココネからオーナーのメッセージを受け取るアルファさんのシーン。「ちょっと待って。」というセリフ。スクーターにココネと二人乗りしておじさんのスタンドの前を通り過ぎるシーン。「おじさーん。」というセリフ。あるいはおじさんの写真を撮ろうとして「自然にしててね。」というセリフ。
初瀬野アルファと鷹津ココネ、あとおじさんか、そういうロボットの人や普通の人は実際には存在しません。当たり前。それがオフィシャルな作品の中で、そのように話しているのですから、これはもうそういうものであるということに他なりません。良いも悪いもない。そういうものなんですよ。

「ヨコハマ買い出し紀行」の椎名さんの演技はかなり素に近いと感じます。やや、ほんのわずかに当時の素の椎名さんよりは大人びた方向に色をつけているかなという感じ。今の「みたいラジオ」などで話しているのとあまり変わりません。
演技というより普通に話している感じ。その点では全く違和感がない。
これがまた問題を複雑にしているとも言えます。「初瀬野アルファ」というロボットの人を演じる上で、基本「椎名へきる」素のままってのはどうなの?ってね。
「初瀬野アルファ」しか知らない人にはもしかして違和感があるかもしれないんですが、「椎名へきる」を知っている人には違和感が少なかった可能性があります。そこで評価というか印象が交錯する可能性がある。
「ヨコハマ買い出し紀行」は本質的にはハードなSFだと思いますが、OVAの時点では日常系の作品だろうと思います。なので素に近い演技ってのは正解だと思うんですが、あくまで声優さんに演技を求めるとなると微妙に感じられる人がいてもおかしくはないかなぁ、と思います。

もし、声優さんに好き嫌いとは違った評価基準みたいなものを当てはめるとしたら、わたくしが思いつくのはセンスとでもいいますか、要求され指示される演技はプロとしてこなすのは当然として、そこへプラスアルファする分、たぶんセリフとシチュエーションから声優さんが読み取るわずかな気持ちの変化の表れみたいなものなんでしょうけど(うまく表現できません。)、それがあるかどうか。あるとしても要求される演技から逸脱しない範囲でシーンにマッチさせることができるかどうか。そういうセンスの煌きみたいなものがあるかどうかが、声優さんの評価を左右する可能性があるのではないかと思いますね。

椎名さんはそこら辺をあまり出さないように感じます。役作りはするんでしょうけど、指示されたことをその通りに演じるとでもいいますか、それをまず第一に考えていてその場での余計な味付けみたいなのは控えているように思えます。いや、本当のところはわかりませんけれども。(汗

そして15年後、椎名さんは「ダンガンロンパ」で基本無表情っぽいセレスさんを演じたわけですが、わたくしはやっぱり本質的には変わっていないと感じました。聞きなれた椎名さんの声でした。ただ無理やり気味に低い声を出しているので、それがちょっと不自然かも。もっともセレスさんはそういう感じでちょうど良いキャラかもしれず、あの低い声でややぎこちなく聞こえるのはもしかしてそういう計算があったのかもしれず。そして椎名さんに限らず声優さんってそういうことしそうです。
アルファさんの例と同じく、セレスさんしか知らない人にとっては違和感があるかもしれませんが、素の椎名さんを知っているとあまり違和感がない。椎名さん、歌と同じで相変わらずちょっと低めの声は苦しそうだな、ぐらいの感じ。w
これまた素の椎名さんを知っているかどうかで評価や印象が変わる可能性があります。

念のため申し上げておきますが、ここで演技は演技単体で評価するとかいうのは無しです。声優さんは演技はできるものという前提のお話ですし、そもそも人物として単体で評価するにはセレスさんの存在は異常すぎます。ああいう人は現実には居ませんからね。上の方に書いた、アルファさんやココネと同じで、現実に存在しない以上、作品の中の存在がそのものだからです。

わたくしの達した今回の結論は好き嫌いは演じた声優さんについての理解度にも影響を受ける、でした。全くもって当たり前ですなぁ。
まあ、ずっと変わらないってのもそれはそれで貴重なことかもしれませんよ。そもそも今でも現役ってことからして驚異なのかもしれませんしね。そういったことをひっくるめて、声優「椎名へきる」を好きか嫌いか。
わたくしは椎名さんについて、いろんなことを知り過ぎてしまいました。なので声優としての椎名さんは「好き」です。誰がなんと言おうと声優としての椎名さんは有能で魅力的です。これは格好つけて、演技のここがとか演技というものはとか分別臭いこととは関係ありません。意地でも無条件で良しとするのです。強引ですけど好き嫌いってのはそういうもんでしょう。声優音痴といえども最低限そのぐらいの思い入れはありますよ。w

正直、アーティストとしてほど魅力があるとは思えないんですけどね。w>声優としての椎名さん
歌い手さんとしての椎名さんは他の誰か(誰?)と比べても隔絶してますからね。申し訳ないですが、遡ること10何年か前、アーティスト活動に重心を移したのは正解だったと思います。
しかし声優音痴のわたくしですらここまで語るのに奴ら(誰?)ときたら、10年たっても相手が誰でも同じコトの繰り返しばっかりで(ry
by namatee_namatee | 2014-11-20 23:16 | diary? | Comments(10)
Commented by フラフープ at 2014-11-21 01:00 x
先日のエントリーでは、諸事情でコメントできず、失礼しました。文面を見る限り、ある程度迷いが晴れたようで、喜んでおります。
難しく考えることはありません。wへきるさんが魅力的な女性である以上、声の演技をすれば魅力的な声優となり、歌を歌えば魅力的な歌手となります。裏付けのない主観をぶつけることはやめ、今はただその共通認識を祝いたいと思います。
Commented by namatee_namatee at 2014-11-21 07:31
>フラフープさま
元の文章は酷かったので、嫌味と敵意を抑えて書き直しました。おかげで寝不足です。w
具体的な例を提示して抽象的な部分を排除し、論に普遍性と柔軟性を持たせてみました。

でも、おっしゃられているような平和な内容でもありません。「技術的な部分は論議の対象外なんだから、あとは好き嫌いしかないじゃん。そんなことを10何年もgdgd繰り返して、その無駄なエネルギーの源泉はどこにあるんじゃい!これだから(ry」という主旨なんですけど。w

個人的にセレスさんは好き(声の部分だけではなく見た目とか性格とか)なので、あの演技を良くなかったと言われると、じゃあ対案を出せ、ここへそいつを連れてきてやらせてみろと大人げない感じになります。w
Commented by フラフープ at 2014-11-21 12:53 x
「意地でも無条件で良しとする」のあたり、以前のエントリーの時より、ふっ切れた印象を受けたを受け、喜んでいました。やっぱりファンってそういうものですよね?
2chへの敵意は、ライフワークの一環なんですね。w
Commented by namatee_namatee at 2014-11-21 14:52
>フラフープさま
おお、そこら辺は素で書いてますから大丈夫です。w

某巨大掲示板だけじゃないです。>敵意
遠回りさせやがったすべてのものに怨嗟の念を(ry
Commented by フラフープ at 2014-11-22 20:39 x
巨大掲示板以外にもあったんですか?>遠回りさせた
Commented by namatee_namatee at 2014-11-22 22:55
>フラフープさま
一番の戦犯はなんとか知恵袋です。orz
某巨大掲示板はあれはれでそれなりにバランスは取れているんですが、なんとか知恵袋はそのバランスすら欠いているのと、やや不慣れなせいで混乱しました。
Commented by フラフープ at 2014-11-22 23:04 x
どんなミスリードがあったんですか?仕事で意外に重宝してるので、参考にしたいのです。>知恵袋
Commented by namatee_namatee at 2014-11-23 22:30
>フラフープさま
いやだから、ちょっと前にリンク貼ったやつです。
椎名さんをネタにしはじめたころのエントリーで微妙に批判的なニュアンスがあるのは、なんとか知恵袋のガセネタに引っかかったからです。恥をかかせやがってという怒りはどす黒く深いのです。w
Commented by フラフープ at 2014-11-24 01:16 x
あー、あれのことですね。ミスリードなのか、本気でそう思ってるのか、掴みかねますね。たちが悪い。w
でも、あの方やあの方についても、同じように貶めていると思うので、そういうものと割り切るのが良いかと。
Commented by namatee_namatee at 2014-11-24 20:11
>フラフープさま
もう今は割り切ってますけど、根には持ってます。w
同じレベルで他の分野についてもガセネタが混ざっていたらと思うと恐ろしいです。>知恵なんとか
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新境地の扉 2014年の「STARTING... >>