記念日

c0019089_20574352.jpg

本日はシイナ教三大記念日のひとつ。椎名さんの最初のオリジナルアルバム「Shiena」がリリースされた日でございます。残りの2つは誕生日の3月12日と言わずと知れた4月17日です。

「Shiena」のリリースは1994年8月21日ですので、今年は特に記念すべき20周年ということですね。歌下手だの中途半端だの演技がなってないだの、みんなでよってたかってなんだかんだ言って、結局、20年かけても息の根を止めることは出来なかったわけですな。
わたくしが口先でああだったのかもこうだったのかもいや違うとかダラダラと垂れ流すより、実際に20年間現役であるということが椎名へきるという人の実力と才能の証でしょう。なにか文句ありますか?w

正直なところ、アルバムとしての「Shiena」はあまり見るべきところはないような気がします。椎名さんも言っているようにこのころは用意された楽曲をただ歌わされていただけで、椎名へきるの椎名へきるたる個性のようなものはほとんど感じられません。当時は「歌手じゃないから無理です。」と泣きながら信濃町のソニー・ミュージックスタジオへレコーディングに通ったそうです。(汗
歌は・・・上手いとは言えませんが、当時の椎名さんのキャラクターソングを聴いていればまあ納得といったところ。
参加しているアーティストが豪華です。川村真澄氏とか仁科かおりさん、来生たかお氏の名前もあります。駆け出しの声優さんのアルバムにしては力入ってますね。「Shiena」に限らずSME(SMR)時代の楽曲はこういう面に置いては総じて高いレベルにあると感じます。ここら辺はやっぱりレコード会社の力、なんでしょうかね。

Wikipediaによると前述のソニー・ミュージック信濃町スタジオは2001年に閉鎖され、建物は2009年に取り壊されたとのこと。惜しいですね。残っていれば聖地のひとつになったのに。時期的なところから推測するに「Shiena」から8枚目のアルバム「PRECIOUS GARDEN」あたりまでは信濃町スタジオでレコーディングされたのでしょう。アルバム「PRECIOUS GARDEN」は椎名さんの音楽の一つの分水嶺みたいな立ち位置だと思うので、それがスタジオの切り替え時期にもあたっていると思うと面白いですね。

そして有名なSONYのヘッドフォン、MDR-CD900STはこのスタジオ用に作られたといい、「信濃町モデル」と呼ばれるそうです。
当然、椎名さんもMDR-CD900STを使ったはずです。MDR-CD900STはわたくしも買おうと思ったことがありますが、あまりにプロフェッショナルなキャラクターに恐れをなして(原音をそのまま再生する事しか能がないと言われます。)、多少味付けのあるMDR-7506で妥協したという経緯があります。後にヘッドフォン祭りなどでMDR-CD900STを聴く機会が何度かありましたが、全く印象に残ってません。まあそういうわけなんでしょう。w

劇的なのは「Shiena」に続く2枚目のアルバム「Respiration」での椎名さんの歌や声の変化でしょう。どちらかというとか弱いというか線の細い印象の「Shiena」に比べて「Respiration」はハッキリと元気よくアイドル声優らしい才能を感じさせるハリのある歌になってます。これから栄光の階段を駆け上っていく、その予感が伝わってくるとでも言いますか。「空想メトロ」や「攻撃は最大の防御」、「少女爆弾」のようなPOPな名曲、あと「何も出来なくて」のような自身で作詞し内容もハイレベルな歌もあり、とたった8ヶ月の間に何があった?と思うほどの進化ぶり。「Respiration」とて、まだ椎名さんの思うような楽曲作りではなかったはずですが、すでに椎名さんしか持っていない個性のようなものが感じられます。大好き。w

写真は「Shiena」と最新アルバムの「Ermitage」の図。20周年といいながらアルバムが出ないのが残念ですなぁ。まあそれはそれとして、本日はこの2枚を聴きながら、わたくし自身の失われた90年代と椎名さんの次の1年に思いをはせようと思います。
by namatee_namatee | 2014-08-21 21:12 | music | Comments(16)
Commented by ボウコウ at 2014-08-21 21:35 x
MDR-CD900STは山下達郎が愛用していることで有名ですね。
サウンドエンジニア御用達のヘッドホンと聞いたことがあります。
Commented by スピンマン。 at 2014-08-22 01:13 x
最初に「Respiration」から聴いてた自分は、随分後に購入して聴いた「Shiena」は衝撃的でしたよ(笑)
テクニック云々の前に、歌い手の感情の有り無しでこうも変わるのか…みたいな例ですよね。
逆に考えれば、彼女が感情を込めて歌う過程の中で試行錯誤し、歌手活動を続ける上でのフォーマットがロックですから、このアルバムの存在無くしては語れないですよね。

へきる嬢からすれば廃盤にしたい気分みたいな作品かもしれませんが(笑)
Commented by namatee_namatee at 2014-08-22 10:10
>ボウコウさま
御用達というか、まあそれ用ですね。他に使い道が限られるとも。モニターヘッドフォンって奴で、本当にプロの道具って感じなんですよ。化粧箱とかに入ってないし、破損したパーツは出来る限り交換可能とか。
二輪車でいうとCD125みたいな?

わたくしは最初はそういう無味乾燥なヘッドフォンが良いと思ったんですが、実は違うという事に気がつきました。聴く音楽のイメージがハッキリしてくると向き不向きも分かってくるんだなぁ、と。
Commented by namatee_namatee at 2014-08-22 10:30
>スピンマン。さま
「Shiena」と「Respiration」の間の変化は本当に劇的ですね。8ヶ月の間、レコーディングの時間なども考えるともっと短い時間になにがあったのかと。
嫌々ながらも歌で自分そのものを表現していく可能性みたいなものに目覚めちゃったんでしょうね。トレーニングなども力入れたのではないでしょうか。


物事の始まりとして「Shiena」は記念碑的な作品だと思いますが、本人サイドも言っているように後へのつながりが一切ないという特異な作品でもありますね。実はわたくしもあまり聴きませんけど。w
Commented by フラフープ at 2014-08-22 17:32 x
ふ・・精進湖のボートの上で聞く「Shiena」の味わい深さは、世界中の誰も知りますまい。
昨日の聖地巡礼では、「Shiena」のジャケットの撮影地である、精進湖を訪れました。岩場の広さ等から、湖岸のある一帯が撮影場所とあたりをつけ、スマホのカメラで撮りまくった次第であります。可能性の高そうなポイントをいくつか見つけたものの、残念ながら特定には至りませんでした。だって20年前だよ?w
それにしても、へきるさんとスタッフは、どうやってそこにたどり着いたのでしょうか。その場所は湖岸の一部を占める一帯で、陸路で到達するルートは、林の中を長時間歩かなければなりません。へきるさんの衣装では、少々無理があります。まさか現場で着替えたわけもなし。w所要時間は、僕でも片道20分くらいでした。やはりボートで対岸から移動したのか、ヘリコプターかw・・教えてへきるさん。w
Commented by namatee_namatee at 2014-08-22 21:23
>フラフープさま
レポお疲れさまです。肝心の「Shiena」のジャケットを持っていくの忘れた事は内緒なんですか?w

わたくしもボートで渡ったに一票ですね。いやまてよ、椎名さんは野生児だったそうなので薮とか岩とか平気でぴょんぴょん分け入ったのかも知れません・・・
Commented by フラフープ at 2014-08-22 22:40 x
ここでばらしますか?w
その節はお世話になりました。送っていただいた画像のおかげで、あの一帯だと確信が持てました。それ以前の、あたりをつける段階でも、有効なアドバイスをいただきました。namateeさんが会社の方に、怒られたり笑われたりしていなければ良いのですが。
Commented by namatee_namatee at 2014-08-23 19:59
>フラフープさま
昼休みの事務所に響く「Endless Dreamer(着信音)」。w
電話に出るとフラフープさんから「Shienaのジャケットの画像をメールで遅れ!」と。w

「ヨコハマ買い出し紀行」の現地探しのノウハウが生きました。良かったです。
Commented by フラフープ at 2014-08-24 09:37 x
どんなノウハウが活用されてたんですか?
Commented by namatee_namatee at 2014-08-24 17:57
>フラフープさま
写真や絵、地図から方角や位置を推定するとでもいうんですか、「ヨコハマ買い出し紀行」の現地系で普通にやっていることがそのまま応用できた?そんな感じです。

もうひとつ、なにか要素があればさらに突っ込めるんですが、ジャケットの写真だけでは・・・
Commented by フラフープ at 2014-08-24 22:25 x
あの場にnamateeさんがいれば、もう少し突っ込んだ検証ができたんでしょうがね。w
そのあたりの報告と質問は、さっきハガキに書いて送ったので、カルトクイズの方が落ち着いたら、注意して聞いてみようと思います。
Commented by namatee_namatee at 2014-08-25 07:17
>フラフープさま
どこにいてもフラフープさん以上の調査は無理です。(汗
質問ですか。本人は覚えているのかなぁ。w
Commented by フラフープ at 2014-08-25 19:48 x
いくら20年前でも、林のなかを歩いたかボートに乗ったかくらいは覚えてるでしょう。
・・へきるさんだからなぁ。w
Commented by namatee_namatee at 2014-08-25 21:19
>フラフープさま
ミュージックステーションに出演したときの映像ではそれなりに詳しく語ってました(「うそんこの顔して」とか「グラグラの石の上で」とか)ので、その時点では覚えていた可能性は高いんですが・・・どうでしょうねぇ。w
Commented by フラフープ at 2014-08-25 22:04 x
足場は本当に悪かったです。何度か手を着いて移動しました。あの写真そのものが、へきるさんの優れたボディーバランスを表している、と言ったら大げさか。にしても、何故あんな場所で(ry
Commented by namatee_namatee at 2014-08-26 18:50
>フラフープさま
あそこら辺は溶岩が固まった岩だらけですから。(汗

どういうコンセプトで精進湖でジャケ写の撮影をしようとしたのか気になりますね。
画像をみる限り、一般的なポートレイトのような撮り方ではなく、自然に撮ろうとしているように見えますので、「ナチュラル」とか「そこら辺に居そうで居ない」とか、よく言われる椎名さんの初期のコンセプトがもうあったんでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 準備不足 16年前 >>