久しぶりに登場

c0019089_20594952.jpg

結局お盆休みはどこへも出かけずに終わってしまったなぁ。どこかへ出かけるどころか、連休初日のお墓参り以外はウチから一歩も出てませんよ。(汗
相変わらず胃腸は本調子じゃないし。何が原因なんだか。健康診断のバリウムに当たったのかなぁ。

というわけで、本日は久しぶりにサバゲ関連ネタ。といっても新しい何かを買ったとかそういう華々しい話ではありません。やることがないから掃除しましたというようなネタ。w

写真の撮り方を失敗しましたが、これはAKS74UNと言いまして、見ての通りAKの類。別名「クリンコフ」とも。台湾のLCT製で、見た目はなかなか良い出来です。さすがLCT。そのかわり小さいくせに重い。鉄ですからね。磁石が遠慮無しにかっちんとくっついちゃいます。ストックの剛性とか、本物より堅いんじゃないのってぐらい。全くガタが無いです。
短い鉄砲はあまり好きではないので、買った当初こそ何回か使ったものの、その後は放置されていたんですが、先日のサバゲで久しぶり(1年ぶりぐらい?)に使ったのでバレルのあたりをお掃除。いわゆるショートバレル流速(別名爆音流速)なので、精密射撃向きではありませんが、それでもバレルが汚れると弾筋が乱れたりする。

これ、30m以内の直射命みたいなセッティングなので、接近戦では使いやすいんですが、遠距離になると射程距離の見定めが難しいんですよ。長いバレルで普通に弾を飛ばす、ウチのでいうとVFC HK417とかG&P M16A4とかはターゲットが30mより遠くても緩やかな山なり弾道である程度はまとまって着弾してくれるんですけど、こいつは30m以遠では急速にバラつきが大きくなって当たらなくなっちゃいます。そういつもいつもこちらの得意な射程に敵がいてくれるとは限らないので、実戦(サバゲの)ではイマイチ使い辛いと。
前述の通り、見た目よりも重いのも使い辛いところ。マルイの次世代クリンコフの方が軽くて実戦向きかも。要するに機動力の乏しいわたくしのようなおっさんには、素直な弾道で近くから遠距離まで満遍なく当てられる鉄砲に光学機器を載せたものが向いているということなんでしょう。わたしゃやっぱりAR-15の類が好きですね。

AKS74UNはウサーマ・ビン・ラーディン氏の愛銃?傍らに置いてあった銃として有名かな。あと「ヨルムンガンド」の冒頭のシーンでヨナが崖下に投げ捨てちゃうのもこれ。見るたびに「あ、もったいない。」って思います。w
by namatee_namatee | 2014-08-17 21:55 | survival game | Comments(4)
Commented by josei84827781 at 2014-08-18 17:50
家から一歩もでないのは流石に(;゜0゜)ですよ。

要するにこの銃はどういう状況で真価を発揮するんですか?
Commented by namatee_namatee at 2014-08-18 19:25
>joseiさま
今日、会社へ行くのに4日ぶりに家から出ましたよ。w

このクリンコフが役に立つシチュエーション・・・オーソドックスなサバゲに向いていると思います。自分が動いて敵に接近し撃つ、みたいな。
わたくしはもう身体が動きませんので、じっと待ち伏せて敵の射程外(弾の届く距離という意味だけではなく、発見されない距離とかも含めた射程。)から奇襲をかけるのがスタイルなもんで、こういう機動力を要求される鉄砲は苦手なんです。
Commented by josei84827781 at 2014-08-18 19:47
スナイパー・・・Σ(゜Д゜)
Commented by namatee_namatee at 2014-08-18 21:31
>joseiさま
はい。わたくしの仕事はスナイパーの一種です。一匹狼じゃなくて分隊とか小隊に配置されるマークスマン的な役割と自負しておりますが、はたして役に立っているのどうかは疑問です。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ライブ vs 何か 早起き苦手なもんで >>