c0019089_2032783.jpg

「ヨコハマ買い出し紀行」新装版第1巻第9話「ひと粒300枚」より。
ココネと出逢ったアルファさんの図。幸せそうですなぁ。

c0019089_203351100.jpg

ふと思い立ってAmazonでポチった佐藤聡美さんのアルバム「☆」でございます。ミニアルバムらしいですけど、変わったタイトルだなぁ。

以前ネタにしましたが、椎名さんと佐藤さんは仲が良いらしいです。特に佐藤さんはかなり椎名さんに傾倒しているようで、ネタにした「みたいラジオ」では椎名さんの音楽の素晴らしさを熱く語ってました。これがまた、古参のファンとは視点がまた違って、立場はこれまたまったく違えども、最近椎名さんを知ったわたくしにも多いに共感できるところがありまして、大変印象深かったのを覚えております。詳しくはリンク先を参照していただくとして、椎名さんの魅力を公の場で熱く語る人がいるというのが嬉しかったですね。
もちろん熱心なファンはたくさん居ますが、どちらかというと既に無我の境地に達しちゃったような、よく言うと達観、悪く言うと枯れた雰囲気が漂ってまして、ことさら熱く語ることはない。熱い心がないわけではないんですが、それはもう基本としてあるのが前提で、その土台の上にハイレベルな話題が展開する感じ。
なので、早朝の番組とは言え不特定多数の方に向かって今さら「椎名へきる」の魅力を熱く語る、しかも同業の人がいるというのは痛快でしたね。

そういったわけで、声優音痴のわたくしが椎名さん以外になにか行動を起こすとしたら佐藤聡美さんが対象ということになるわけでございます。
そういえばアルバム出すとか言ってたな、ということでAmazonでチェックして見つけたのがこれ。
内容については、詳しく情報をチェックしていないので知ったようなことは言えません。声優さんとしてなら楽曲に必ず影響があるバックボーンになる今までの役の実績についてもほとんど知りませんし。
なのでパッと聴いた印象になりますが・・・まあ想像通りの近代的な声優さんの歌ですね、というところ。ただし、ガールズロックとでもいいますか、古典的な色合いが強いと感じました。椎名さんの影響なんですかね、ギターサウンドが目立つんですね。椎名さんのはHR/HMというかメタル色がたっぷりで、佐藤さんはもう少しカジュアルな感はありますが、やっぱり似ていないことはない。ただ前述の通り、楽曲の制作に携わった方々の背景等について全く知らないので、どこまで影響があるのかどうかについてはなんとも言えません。佐藤さん個人の意思や意向が楽曲にどこまで反映されているのかもよくわかりませんし。
まあ椎名さんと親しくて話をすることがあれば、自分のセンスや意思を楽曲にどうやって反映させて行くかなんてことは必ず教わっていると思いますので、おそらくそれなりに自分の思いを込めて楽曲を制作していると思います。

椎名さんとの繋がりという面から印象に残ったのが6曲目の「You Know」という曲。イントロというか曲の始まり聴いた時点でニヤっとしましたよ。椎名さんの「マイ・ストーリー」にそっくりだ。本当に似てます。これはさすがに影響があると言えますね。

ちょっと衝撃的なのが、この「☆」というアルバムのセールス。2014/6/18リリースなんですが、推定累積売上枚数は1,913枚でオリコンのランキングは6/30で58位ですって。(汗
佐藤聡美さんってかなりメジャーな声優さんですよね?「けいおん!」とか「生徒会役員共」、「ご注文はうさぎですか?」とか、他に沢山出演されているし、その「生徒会役員共」のエンディングテーマの「ミライナイト」でタイアップもしているし。
それでこの成績とは。CDが売れないってのは本当なんだなぁ、と改めて思いました。同時に、10万枚以上のセールスをさらっと叩き出す水樹奈々さんってすごいんだなぁとも思いました。さすが米帝。w
いやまあ楽曲の好き嫌いということならばわたくしにとっては1,913枚しか売れなかった(いやまだ継続して売れているはずですが。)佐藤さんのこの「☆」の方が好きですけどね。さらにいうなら2,505枚でオリコン91位だった椎名さんの「for you」はさらに好きですけどね。

現状、アーティストが継続的に活動する環境を獲得する手段として、CDを売って資金を作るという方法しかないということならば、とりあえずその流通や制度の是非はおいておいて、我々はCDを買うべきだというのがわたくしの考えです。たかだかCD一枚、せいぜい3,000円ですよ。ちょっと飲みに行ったりしたら、CD2枚分ぐらいはあっという間に使っちゃいます。ああだこうだ理屈こねて文句言っている暇があったらCD買えと。次がなかったら文句のネタもないですからね。椎名さんが今陥っている苦労を繰り返してはなりません。支えられるうちに支えておかないと後悔すると思いますね。

いずれにせよ、ぶっちゃけ近代的な声優さんの歌というものが、どうにも声に厚みがなくて好きになれないでいる(この点において椎名さんは異常。あの一見高くて細く聴こえるくせによく聴き込んでみるととても腰の強い歌声は普通じゃない。それがわかるかどうか、それこそが選ばれた民になれるかどうかの境界線なのだ。w)わたくしにとっては、初めてちゃんとアルバム(ミニアルバムですけど。)を聴き通す気になったアーティストでした。>佐藤聡美さん
by namatee_namatee | 2014-07-28 21:52 | music | Comments(10)
Commented by フラフープ at 2014-07-28 22:17 x
僕もお気に入りですよ。>「妹なの」
僕は、米澤穂信という推理作家が好きなんです。その中の「氷菓」という作品がランティスからアニメ化されています。ヒロインの「千反田える」という役を、件の声優さんが演じています。namateeさんが、どんな感想を持つかに興味があります。機会があったら、教えてください。そうそう、OPとEDも。
Commented by namatee_namatee at 2014-07-29 12:19
>フラフープさま
お、これは良い情報をいただきました。近いうちに・・・借りてくるだけ借りて来て観ないというパターンが多いんですよね。>自分

さっきちょっと覗いてみた佐藤さんのスレがサイリウム禁止ネタで盛り上がっていてちょっと笑いました。w
Commented by フラフープ at 2014-07-29 12:43 x
できれば原作を読んでから観てほしいところですが、そこはまぁいいでしょう。OPは、歌も詞も曲も、ガルパンのそれと同じメンバーです。EDはもう一人のヒロイン「井原まやか」の声優さんとのツインボーカルです。ちなみに、その方はガルパンの「武部さおり」の人でもあります。きっと近いうちに、感想よろです。
やるにしてもやらないにしても、足並みを揃えるのが大変そうですよね。スゴいな。>サイリウム
Commented by スピンマン。 at 2014-07-29 16:23 x
正直、声優さんのライブでサイリウムをいきなり禁止だと反発喰らいそうそうですからね。
佐藤さんの呼びかけに素直なファンが多ければ良いのですが、そこに関しては少し心配になります(^^;;
Commented by namatee_namatee at 2014-07-29 19:08
>フラフープさま
これシリーズものじゃないですか。w
基本的にアニメは苦手です。理由はわからないんですが、長時間観ていることができません。なぜか「攻殻機動隊」のシリーズは平気なんですけど。

とりあえず、DMMでレンタルしてみます。感想は書けるかなー。(汗

いやまあ、サンダースネイクとか動画で観ている分には見事なもんです。>オタ芸
もし椎名さんのライブがそういうの必須だったら絶対に行きませんけど。w
Commented by namatee_namatee at 2014-07-29 19:22
>スピンマン。さま
スレを流し読みした範囲では、さほど苛烈は反応もなかったようで。>サイリウム
椎名さんのライブ見てみろというレスがあったのにはニヤっとしました。
それより、単独でライブやるには楽曲の数が足りないようなことが書いてあって、ああなるほどなぁ、と思いました。最初の頃はそうだよなぁ、って。
Commented by スピンマン。 at 2014-07-29 21:13 x
>>namateeさん
佐藤さん、楽曲不足ならばもう一枚フルアルバム出せば大丈夫じゃないですかね。
しかし、最初から生バンド引き連れてのライブなんて凄いですよね。
20年前はそんなことは普通じゃあり得なかったですもん。

そーいやサイリウム所持の場合、PPH的な楽曲って皆さんどうしてるんだろ?みたいな。
Commented by namatee_namatee at 2014-07-29 21:44
>スピンマン。さま
すごいと思います。椎名さんと同じような、強い意志を感じます。>佐藤さん

今日も会社の行き帰りの車の中でこの「☆」を3回転ぐらい聴いてみましたが、これはわたくしでも抵抗無く聴けますね。声優さんらしい声の歌ではあるんですが、だからダメということもなく、古典的とでも言うのか、ギターがよく聴こえる楽曲がとても良いと思いました。

声優さんの声の歌というのは今の椎名さんにはない要素だと思うので、そういうのにギターサウンドを前面に出した楽曲これはこれで、新しいスタイルなのかもと思いました。

>PPPH
実はわたくしPPPHの入れるタイミングがどういう理由でそこになっているのかわかりません。w
Commented by フラフープ at 2014-07-29 22:34 x
横から失礼しま~す。
個人的には、PPPHはサビの盛り上がり直前で、敢えて押さえ込むようなイメージがありますね。爆発力に変えるために。w
2012年の仙台でのイベントで見た限り、サイリウムを持っている人は、PPPのときは「ウ~ッ」と言いながら下に構え、Hのタイミングで上に上げる、ということをしていたようです。とても手軽に、雰囲気を演出できる、便利な道具ですね。しかし、それに頼らぬへきると佐藤某のその姿勢、その意気や良し!
Commented by namatee_namatee at 2014-07-30 07:03
>フラフープさま
サイリウム関連の動画を見ている方が、下手なアイドルグループのパフォーマンスよりなんぼか面白いという事に気がつきました。w

勝手な思い込みですけど、椎名さんの場合はサイリウムに頼らないというか、ファンの側が一線を引いたんじゃないですかね。声優だアーティストだってごちゃごちゃうるさかったこともあったし、「我々は半端な声優アーティストを応援しているんじゃないんだ。」というあてつけみたいな。ちょっと考え過ぎですかね。w
いずれにせよ、椎名さんの楽曲はサイリウム振るのが似合うのがあんまりないですし。

>PPPH
わたくしは入るタイミングが全く読めません。まあ、体が重いのでやりませんけど。(汗
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< リサイクル 暑いなんてもんじゃない。 >>