リファレンス・イヤフォン

c0019089_2191262.jpg

SHUREのSE535LTD-Jですなぁ。・・・ですなぁ、じゃないよ、なんでこの期に及んで買うんだか。w>自分
これは最も試聴した回数の多いイヤフォンですね。SHUREの実質的なフラッグシップ(SE846はイヤフォンとしてはちょっと現実的な価格ではないので。)なので前々から注目してまして、ヘッドフォン祭りとか、店頭とか、とにかく見かけるたびに試聴しました。それというのも良さがわからなかったからなんですよ。(汗
イヤフォンの試聴ってのはどうしても細切れになりがちなんですが、経験から言うと実は楽曲を細切れに試聴した結果ってのは当てにならないことが多いです。最低一曲通して聴くぐらいじゃないと印象がまとまりません。少なくともわたくしの場合はそうです。

で、そうやって一生懸命聴いてみてもどうも良さがわからなかったんですよ。>SE535
これは無印のSE535もLTDも同様で、さらにいうならSE425もSE315も同じ印象。特にこれといって癖も味もなく、何が良いのかさっぱり、という感じ。普段使っているER-4Sが強烈に個性的だからかもしれませんが、SHUREのBA型ドライバのイヤフォンの良さが理解できませんでした。
ダイナミック型ドライバのSE215は最初は感心しなかったんですがイヤーチップやケーブルを換えることでかなり良い感じになりました。ER-4Sが切れ味するどい日本刀だとしたら、SE215はマシェットとか鉈(でもよく研いである)とか、そういう感じの線の太い音。上から下まで音の細かいディテールの再現とかはしませんが、全体の印象としては破綻無く力強い。何かと角の立ったBA型よりもちょっと暖かみのある音質で気にいってます。

ER-4Sが椎名さんの声だけを特に抜き出して美しく再現して実際にはあり得ない世界を脳内に展開するのに対して、SE215はライブのあの雰囲気、ライブハウスの音響にちかい、ちょっと解像度の甘い感じが頭の中で再現されるんですよ。椎名さんの楽曲についてわたくしが聴くことの出来る最高の音質&クオリティといったら、ライブの場で聴くあの歌声なわけで、それに近い再現力をもつSE215はこと、わたくしの用途においてははるかに高価なイヤフォンと比べても遜色無いどころか理想的なイヤフォンです。ただしわたくしの場合はイヤーチップはCOMPLYじゃないとダメですけどね。

世間一般の評価(某巨大掲示板は除く。w)をみてみるとSE535LTDは全般的に評価が高い。ちょっと聴いただけではわからない魅力があるのかもしれないと思って、それならばもっと長期的に使ってみようかと。とか、あっさり言ってますが結構良いお値段なんですよね。さすがかつてのフラッグシップ。>SE535LTD
とりあえず、またしてもリボ払いで買ってまいりました。w

で、ずっと聴き流していると・・・あ、これ良い音だな、と直感的に思う瞬間があることに気がつきました。特にこれ、と指摘出来ないんですが、聴いているこの音は良い音だ、と直感的にわかるとでもいいますか。単発BAのER-4Sに比べるとさすがにSE535は多発BA、低音域もよく再現されてますね。椎名さんの歌声の領域、中ぐらいから高い辺りぐらいまで、これはER-4Sにも劣らないぐらいの解像度なのに気がつきます。全体がとてもバランスよく鳴るので際立った特徴に気がつき辛いんじゃないでしょうか。
確かに椎名さんの声の細かいディテールはよく再現されてます。ER-4Sはそれ「だけ」が目立ちますが、SE535は低い方も満遍なく高音質で鳴っている。一般的な印象よりも太くて低い(あくまで椎名さんの基本的な声としては)歌声がそのままに再現される感じですかね。ER-4Sだとことさら美しく聴こえるんですけどSE535LTDは元々の歌声に忠実。

ちなみに何度も繰り返してますけど、椎名さんの歌声はとても太くて腰があります。これ、パッと聴いたのではわかり辛いのかもしれません。特に「椎名へきる=歌下手糞」とか「声優が歌も歌っているだけ」とか、先入観があると見逃しやすいんですが、どの時代においても他のベテラン女性ボーカルの方と比べて遜色の無い力強くて太い声です。元々が高くて細く聴こえる声なので一見なよなよな感じに聴こえるんですが、よーく聴き込んで見るとそれはそういう声の個性であって、歌い方としては相当に力強く腰があるんですよ。これは好き嫌いは度外視して、何度かライブに行った上で可能な限りの高性能な機材を使って毎日5時間聴き続けたわたくしが言うんですから間違いありません。w
他の方の悪口は言わないというのが信条ですので具体的には申し上げませんが、同じようにヘビィメタルよりの楽曲で女性数名のグループなどと聴き比べると良くわかります。声の腰の強さが全然違う。なんていうか椎名さんの歌声の方が圧倒的に力強くて、楽曲の善し悪しとか好き嫌いのはるか手前の段階、その圧倒的ということ自体に感嘆してしまうという。
なんとなく先入観や偏見で「椎名へきるなんて・・・」なんて思っていると実は音楽的な喜びということについて大損している可能性があるんですよ。しつこいけど好き嫌いは別にして、この点だけは嘘じゃありません。トラスト・ミー。w
いやまあ、楽曲自体が長い時間をかけた経験から椎名さんの歌声と巧みにバランスをとって作られているというのも大きいのでしょう。

それはそれ。
SE535には無印とこのLTDの2つのバージョンがあります。もちろんどっちにするか迷いましたとも。前述の通り、何度も何度も試聴しているんですが、それは無印とLTDの比較ということもあるからです。結局、買うその瞬間まで(今回は珍しく店頭で購入。)どちらにするか決めかねてましたねぇ。
SE215にも無印とSpecial Editionがありますが、実はSpecial Editionは試聴したことがありません。SE215の無印の方は試聴しました。ネット上のインプレでSpecial Editionは低音が強調されていると聞きまして、無印の方でも低音は十分、むしろ出過ぎるという印象だったので、これは迷い無く無印の方を選びました。
まあSE215は8,000円ぐらいのものですから、失敗したとしてもダメージは少ないんですが、さすがにSE535となると4万円ですからね。w
どうしても決められなかったので、直前に店頭で試聴してその時の直感でどちらにするか決めようと思いましてね。だからわたくしとしては珍しく通販ではなく店頭での購入なんですよ。
で、お店(納豆の国の首都駅前のビックカメラ)でまずLTDの方から試聴する。今回は「風が吹く丘」です。直前までSE215で聴いていた曲ですが、はっきりいってSE215より良いとは思えず。(汗
次は無印。同じイヤホンのバリエーション違いで続けて聴けば、さすがの糞耳のわたくしでも違いはわかります。LTDの方が抜けが良い感じ。高音域が強いとでもいいますか。もしかして音の健全なバランスということならば無印の方が真っ当なのかもしれませんが、わたくしの場合は椎名さんの声を美しく再現するというのが主眼なわけでして。ここは直感に従ってLTDをセレクト。お店の人が言うには「聴き比べた人は大抵LTDを選ぶ。」だそうです。

そういったわけでSE535LTDを購入、というわけですが、前述の通り、その価格や格式から思うほど個性的なイヤフォンではないですね、これ。とにかく全体的にバランスよく高品質な音なんですよ。どこか特に尖っているわけじゃないので、その高品質に気がつき辛い。でもずっと聴いていると、これはとても質の良い音だなぁと気がつく。低い音も高い音も破綻が無いですね。こういうのってさりげないけどすごいと思います。

といったわけで我が家のリファレンス・イヤフォンとしての役割を担っていただくことになります。>SE535LTD
・・・何度聴きくらべてもSE215の方が好みなんですけどね。orz
by namatee_namatee | 2014-07-12 21:16 | audio | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< あなどれぬ。 キラキラ? >>