はじめて

c0019089_20325250.jpg

「はじめて」という曲がありましてね。渡辺美里さんの「BIG WAVE」というアルバムに入っております。「BIG WAVE」は1993年7月リリース、その11曲目が「はじめて」ですが、しみじみとした良い歌ですなぁ。渡辺美里さんの歌の中で一番好き。「忘れてしまえる程 ねえきみ ぼくは強くはなれないよ」とか、今聴いても泣きそう。
Wikipediaで調べたら作曲も作詞も渡辺美里さん自身ですって。
ただ、冒頭に「盗んだ自転車二人乗りして」というのがありまして、一時期某巨大掲示板で叩かれてたのを覚えてます。
「BIG WAVE」では「いつか きっと」という曲も好きですね。渡辺美里さんの歌の中では、おそらく5番以内に入るぐらい好きですな。
渡辺美里さんの楽曲では1番好きなのは前述の通り「はじめて」、次が「すき」ですかねぇ。「すき」は「はじめて」と繋がったストーリー上にあるような歌で、これまた泣きそう。「はじめて」で別れちゃった彼女が電車で帰ってくるのを駅で待っているような歌なんですよ。>「すき」
でも「すき」は「Flower bed」の11曲目・・・ということは、「はじめて」より前の歌なんですね。ストーリーとして繋がっているわけじゃないんだなぁ。20年経って判明しました。w
ちなみに「すき」は大江千里さんがコーラスで参加しております。それはそうと、カラオケで歌うとテンポが速いのと、渡辺美里さん特有のいきなり高い声になるところがあってすげぇ難しいんだ、これが。
このように比較的爽やかな楽曲を好んでいたはずのわたくしが、今や「Starry Night!」とか「Sunday Punch」を聴くといてもたってもいられなくなるようになってしまったのは何故か・・・

それはそれ。
先日やってきたAKG Q701、これの特徴はケーブルが交換できることだというにはすでに申し上げました。なので、せっかくですからケーブルを交換してみることに。
ヘッドフォンやイヤホンのケーブルを交換することを「リケーブル」などと申しますな。わたくしはリケーブルというものがあるというのを知ったときに、自分はそんなバカバカしいことは絶対しないと思ったんですが・・・それがこのザマですよ。w
大体がケーブルを換えたぐらいで音が変わるかってんだと。オーディオネタでよくある、発電所から近いとか遠いとか、東京電力と中部電力の違いとか、水力発電と火力の違いとか、そういうバカバカしいオカルトの類だと思っていたんですよね。>ケーブルの違い

ところが、実際にケーブルによって音の違いってあるんですよ。>グルグル目
いや、グルグル目じゃなくて本当に。w
そもそもは春のヘッドフォン祭りのときにiPodに繋ぐDOCKケーブルで、自作のものとDAC/ポタアン純正のもので比べてみたら明らかに音に違いがあったという。それを感じたのはわたくしだけでなく、友人も同じ印象だそうです。だってそのDOCKケーブルはUSBのケーブルなんですよ。信号はデジタルのはず。でも明らかに音が違う。これは一体なんなんだろうということで、友人が調査中ですが、それはそれ。w

Q701のケーブルを定番のオヤイデHPC-X35というものに換えてみました。本当は1.3mが欲しかったんですが、先日立ち寄った秋葉原のヨドバシには2.5mしか在庫がありませんでした。まあ、純正は3mなので同程度の長さ同士で比較するのにはかえって都合が良いでしょう。
交換はとても簡単。カチッと差し替えるだけ。音は変わったのか。
変わりましたね。w
なんといっても糞耳のわたくしの印象ですから、なんとも表現し辛いんですが、ざっくり言うとクリアになった。鋭くエッジの立った音でも言いますか、音のディテールがくっきりと明瞭になりました。純正ケーブルだとちょっともやっとした感じなんですが、HPC-X35ではそのモヤが晴れた感じ。反面、ちょっと高音がキツく感じ無いでもない。
まあ何百回も聴いた歌でやっとわかる程度の差なので気にしない人は気にする必要もないでしょうね。わたくしは椎名さんの歌声を可能な限りの高音質で聴きたいと思っておりますので、このケーブルに投じた4,800円あまりの金額に価値はあると思いますけど。

ケーブルを交換したQ701で久しぶりに「はじめて」とか「すき」を聴く。いやぁ、これは良いですなぁ。今まで聴いていたのはなんだったのかとガックリくるぐらい良い音で鳴ります。Q701は良い買い物でした。

そして、椎名さんの「MOON LIGHT」を聴いてみると・・・ああ、わたしゃやっぱりこっちの方が良いや。なんですかね、椎名さんの声には渡辺美里さんにはない、なにか特別なオーラみたいなのが感じられるんですよね。おそらく歌唱力ということならば渡辺美里さんの方が上と感じる人の方が多いでしょうし、わたくしもそれを否定は出来ませんが、声の質というか表情みたいなものが椎名さんの方がクオリティが高く感じます。なんだろうな、これ。

例えば「Endless Dreamer」の「前よりたくましく思えるよ」と「想い出は いつも静かにここにあるよ」の「よ」、これがそれぞれ違う表情があるんですよね。些細な違いなんですが、あまり他の歌い手さんでは感じない違いなんです。そういった細かい表現の積み重ねが、わたくしに「一生これしか聴けなくてもかまわない。」と感じさせるのではないかと。
by namatee_namatee | 2014-06-24 21:39 | audio | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< うっかりの積み重ね 鰻→豚肉 >>