Ermitage

c0019089_2136436.jpg

いや本当に月曜日はネタが無いですなぁ。orz

なので世迷い言。w
リリースされてからほぼ1年経った椎名さんの最新アルバムが「Ermitage」です。これの評価・・・わたくしごときが評価は語弊がありますな。自分なりの見解というか感想というか、そういったもの。
実はこれが定まらないんですよね。>なら書くな。
過去の銘盤については、ネット上にも書籍などにも情報は多く、例の役に立たないレビューの類も沢山あって、それぞれなんらかの参考にはなります。だがしかし、最近のアルバムについてはあまりみかけません。カルトというかマイナーなんでしょうかねぇ。(汗
これについて、わたくしにはファンのメンタリティが内向きにすぎる様な気がするんですが、それはそれで今までの流れの結果でもあるし、わたくし自身、そういうマニアックな指向が嫌いなわけじゃないので、一概にこの方向が間違っていると言う気持ちにもなれず。難しいものですなぁ。

そういったわけで、いろいろ考えてみるんですが、他の方のインプレや情報が少なく、自分の知識と情報だけではなにかとんでもない的外れなことを言ってしまうんではないかと恐れて、これといって気の効いたことが言えない状態。小心者ですから。
大体が「Ermitage」を検索すると自分のブログが大量にヒットしちゃって、検索の意味をなさないという。w

勇気を奮って(大げさ)わたくしの現在の見解を述べるとすると、「Ermitage」は特に尖ったところもなく、まとまりとバランスの良いアルバムですが、誰にこの音楽を聴かせたいのかよくわからない、というもの。前述の内向きな旧来からのファンを対象にしているのかなぁ、と思うんですが、そのわりには過去の名曲のモチーフみたいなものはほとんど感じられないし(椎名さんの音楽のルーツがテーマというアルバムなのに。ここら辺のケジメの付け方は大したもんだと思います。)、かといって目新しい楽曲があるとも思えず。この楽曲で今の一般の人の目を引くのは難しいと思います。
もしかしたら「Miracle Blue」にいわば「つかみ」みたいな役割を果たさせようとしたのかもしれませんし、実際、わたくしなどは「Miracle Blue」で椎名さんにハマったようなものですから、人目を引くことに失敗しているとはいえないんですが、そのひっかかった奴がわたくしのような者ではねぇ。w
まあインパクトがあるとは言えないアルバムだと。

その反面、楽曲のクオリティはすごく高い。歌っている椎名さんの歌唱力(ここは真剣に「w」無しの「歌唱力」で。)も極めてハイレベル。21世紀になってからの椎名へきるという人の声と歌を記録として残すなら、この「Ermitage」が最も適しているんじゃないかと思うぐらい。洗練の極みですね。

わたくしの好みだけから言うとこの「Ermitage」というアルバムは大好きです。16枚ある全てのアルバム中で最もお気に入りと言って良いぐらい。それはつい最近ファンになって、かつての最盛期を実際には知らないこと、前述のあまりに内向きなファンに苛立ちを感じないことも無いという微妙な感情、そこら辺が混じり合って、いわば「Ermitage」は自分のアルバムだと思いたい気持ちになるんでしょうなぁ。要するに意地を張っているわけですな。w

この件については、むしろわたくしの方がこの「Ermitage」を聴いたことがある人がどう思っているのかを聞きたいですね。

ちなみに画像はリサイクルしたものなんですが、肝心の「Ermitage」は写ってません。だってリリース前に撮った写真ですもの。w
by namatee_namatee | 2014-05-12 22:24 | music | Comments(22)
Commented by フラフープ at 2014-05-13 00:09 x
失礼ながら、このアルバムは「つなぎ」という印象が捨てきれません。もちろん、洗練された良い曲ばかりですが、初めて聴いたアルバムがこれだったら、そこからファンになったかどうか。ミラクルブルーとトゥギャザーはかなり好みではありますが。次は「この曲はへきるさんじゃなきゃ!」ってやつがきてほしい。ちょっと泥臭いというか、火傷くらいでちょうどいい。
Commented by スピンマン。 at 2014-05-13 09:27 x
「Ermitage」は良いけど物足りない感じですね。
シングル楽曲やカップリング曲のバージョン違い、やや食傷気味な部分もあるんですが、それを差し引いても物足りない。
へきる嬢の原点たる80年代ポップス的なイメージがコンセプトなんでしょうけど。
生まれが70年代なら、80年代の楽曲達の思い入れは分からなくもない。
でも自分みたいなファンからすれば、現在の椎名へきる嬢の音楽的な原点はHD/HM的モノなんですよね。
そこに椎名へきるがまだ存在しない80年代まで引き戻すことで違和感が出るんですよね(笑)
しかもメロディーは詞は80年代でも、サウンドは現代的なポップス的なアレンジ。
それが全部かと言えばそうではない、「Miracle Blue」や90年代の「星空のシャワー」を組み込んでたりする。
一曲一曲は良曲なんですが、アルバム全体としてみると突き抜けた楽曲もない。
煽るような野心溢れる楽曲ない。
「いざ!You Can」のリミックスはライブでのファンに対する挑戦状みたいな曲なんですけど、それだけでは…みたいな。
Commented by スピンマン。 at 2014-05-13 09:36 x
80年代的な楽曲でいえば、その前のアルバムの「for you」の「Shining Star」が素晴らしく良いです。
懐かしいメロディーラインと現代的なサウンドのマッチングとキレイな歌声。
ちょい感動します、この曲(笑)

それに「FIGHTING BOY」なんか収録されてるわけですから、こっちの方がファンを煽るような楽曲で好きなんですよね。
このアルバムのツアーでも盛り上がるし(笑)
Commented by namatee_namatee at 2014-05-13 15:40
>フラフープさま
「つなぎ」となると何と何をつなぐつもりなのかという疑問が沸いてまいりますね。

フラフープさんの言う、そういう見方として、リリース当時にこのアルバムからわたくしが受けた印象は「あがり」です。やることやりました、これで終わりですみたいな。もう次は無いんじゃないかと、悲壮な気持ちで聴いてました。(汗
アルバムだけ聴くと、油が抜け切った諦念みたいなものすら感じたんですが・・・ライブ行ったら全然そんなことなくてひと安心でした。w

次はどんなのになるか楽しみですね。と同時に、またしてもこの「Ermitage」と同様に自分だけで見解なり評価を考えなければならないとなるとちょっとプレッシャーでもあります。w
Commented by namatee_namatee at 2014-05-13 16:03
>スピンマン。さま
わたくしはそれを丁寧とか誠実と感じました。>食傷気味な部分

全体的にほぼ同感・共感いたします。わたくしが本文で表現しきれなかった言いたいことを全て言っていただきました。w
なぜ80年代?という思いはありますよね。椎名さんの音楽的なルーツってHR/HMじゃないの?って。
それは自明のことだから、あえて音楽的な知恵の付く前の本当の意味でのルーツとして、どうしてもアルバムにしておきたかったとかなんでしょうかね。いやー、この時期この状況でそれは(ry

実は80年代とか90年代とか言われてもそもそもピンとこないんですが、「Ermitage」でこの曲は80年代の(ryとか言われて、全然そういう風に聴こえず、さらに混乱しましたね。おっしゃるとおり、現代的なアレンジですから。(汗
Commented by namatee_namatee at 2014-05-13 16:03
わたくしは前作の「for you」は楽曲のバリエーションに富んでいて歌声も美しく、野心的なアルバムと思っているんですが、そういった面では「Ermitage」は少し後退しちゃって物足りない、でも曲を個別にみると悪くないしなあ、と。

わたくしが「Ermitage」で際立った曲を挙げるとすると「ラッキーラ★」です。ライブを重視する椎名さんのよく考えられたライブ用の歌だと思います。大声出せますからね。w
Commented by josei84827781 at 2014-05-13 17:12
端午、端午、端午の絶句・・・
Commented by namatee_namatee at 2014-05-13 20:22
>joseiさま
どうしました?気をしっかり。(汗
Commented by フラフープ at 2014-05-13 21:38 x
>joseiさま
携帯サイトで僕も絶句しました。へきる節健在。
>namateeさま
悪口を言うつもりは無いんですが、オリジナルの曲の少なさと、まとまりの良さから受けた正直な印象でした。漠然と大きなものを控えて、その準備期間という意味での「つなぎ」でしょうか。昔の話を引き合いに出すのは恐縮ですが、ライブもラジオも、人生に影響を受けるくらいに、神がかり的なオーラがありました。昔とは違う形かもですが、これからもへきるさんにしかない魅力を見せてくれると信じています。このアルバムは、まだ違う。もっとも、このアルバムが一番好きという人も多いですね。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-13 23:15
>フラフープさま
ああ、あっちの話ですね。前に仕事中にうっかり再生したことがありましてね。どうなったかはご想像に任せます。w

そもそも椎名さんの歌全般についてわたくしがずっと思い続けているのが「これを誰に聴かせたかったのか?」という疑問でして。あまり広く理解してもらおうとか考えてないように見受けられるんですよね。かといって自分の好きなことのみにどんどん突き進んでいったのかというと、そうとも言えないような印象もあります。
「熱烈な」ファンのためというのが最も近いような気がします。あとライブのためですか。これもひいてはファンとの一体感みたいなものに取り憑かれているんじゃないかと思ってますが、そうやって考えて見ると「Ermitage」はそういうところから大分離れたコンセプトに見受けられて不思議なアルバムとも言えるんです。

今年はシングルでオリコン10位以内を目指すと言っているわけで、従来通りの内向きなファン向けの楽曲というわけにはまいりますまい。当然、アルバムにだって影響があるはずです。一体どんな風になるのかとても楽しみです。
Commented by スピンマン。 at 2014-05-13 23:48 x
毎週、博多ステイハングリーを鑑賞していますが、バラエティーのOPの方はへきる嬢の「RUN&RUN」のままでした。
EDは違うアーティストですが、先週から新たに変更となりました。
地方番組ですが、ボードウォーク関係なんですね。

ただ、その「RUN&RUN」って、ランティス在籍時に作られた楽曲なのか?
それともワーナーから何かしら出す予定の楽曲なのか未だに不明ですよね。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-14 08:18
>スピンマン。さま
移籍の時期はいろいろと気をもむことが多いですね。わたくしは初めての経験wですが、前回のときより移籍したこと自体は早い時期にはっきりしているのでマシという感じですか。(汗
・・・新しいアルバムが7/4リリースとかだったら笑っちゃいます。w

ボードウォークって「ticket board」の。そういうつながりもあるんですね。
Commented by スピンマン。 at 2014-05-14 09:20 x
ソニーからランティスへの移籍時よりはマシな方ですよ。
あの頃はソニーとの関係が終わったと感じながら、移籍先発表まで長く感じましたから(^^;;

ボードウォークは、へきる嬢の事務所から近いし、設立時から公式HPやFCの会報や先行電子チケットで関係してますからね(笑)
Commented by namatee_namatee at 2014-05-14 18:49
>スピンマン。さま
チケボのいちいいちログアウトされる仕様はなんとかならないものかと。w

2008年から2009年にかけてはツアー数もじり貧でアルバムも出ない、ともやもやした感じだったでしょうね。
当時はラジオ番組がいくつかあったようですが、公式には大人の事情でしょうからなにかアナウンスがあるわけも無し、わたくしは当時のファンイベントまでは把握してないんですけど、そちらの方ではなにか情報はあったのでしょうか?
Commented by スピンマン。 at 2014-05-14 23:27 x
既に全国放送であったプレシャスガーデンが終了して、関東近辺のみのみたいラジオが聞けない自分みたいな地方者は、当時のインターネットラジオとネットのニュースでした。
あとはヘビーユーザーなら、カウントダウンライブ前のT氏司会の年末のFCイベント(笑)
そこでT氏が来年の予定と構想を言うのが恒例でした。
昨年の1月はツアーの中止でたまたまFCイベント的なことになりましたが…。
今年は大阪ですし、この時はたしかT氏も居ない事情もあるんで寂しい限りです(^^;;
Commented by スピンマン。 at 2014-05-14 23:33 x
そうそう、2008年の年末のFCイベントでは、当時のランティス移籍は言わなくて、単にアルバム発売は予定しているとT氏が言ってたのを思い出しました。
だから今後の活動方針は、夏の沖縄イベントで何かしらT氏からの発表はあるんじゃないですかね。
Commented by フラフープ at 2014-05-15 07:33 x
良い発表でありますように。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-15 10:40
>スピンマン。さま&フラフープさま
去年のカウントダウン前のFCイベント、いつの間にかなかったことになってましたが、本来ならあそこで何か発表があったのかもしれないということですね。あれはT氏が来れなくて中止になったのか・・・

そうなると沖縄はいろいろ期待が膨らみますね。楽しみですなぁ。
Commented by フラフープ at 2014-05-16 00:31 x
単なる移籍の報告だけだったりしないですよね?まあ、それならそれで良いじゃないですか。いざ行かん、へきなわ!
Commented by namatee_namatee at 2014-05-16 10:38
>フラフープさま
「すでのご存知の通り、椎名へきるはランティスからワーナーミュージックジャパンへ移籍いたしました。今後もよろしく。以上!」とかで終わっちゃったりして。w
Commented by フラフープ at 2014-05-16 22:29 x
そのセリフをのたまうT氏の姿が、結構リアルに想像できた。まさか・・ね。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-17 13:19
>フラフープさま
去年の1/5がそんな感じで始まったそうですね。そこから想像してみました。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 記憶違い おやおや >>