Let's Go Faraway

c0019089_20515188.jpg

ウチのiPod classicと下敷きになっちゃってよく写ってないけどiBasso D12Hj(ポータブルヘッドホンアンプ)とER-4S(イヤホン)の図。
今更ですが、椎名さんネタも1年経って一回転か二回転ぐらいしまして、さらにスパイラルの底へ向かってどんどん加速していっている状況であります。(汗

その椎名さんネタ探求の一つの武器がこれらです。超高解像度といわれるイヤホンのER-4Sは、演奏中に針が落ちた音が聞き分けられると言われるぐらいです。それは大げさとしても、椎名さんの息、いわゆるブレス、あの息を吸うときの音とかは良く聞き取れますね。そして、ブレスを強調するというか、歌の中に織り込んで歌っているときと、抑えている時とか、そういう表現をしているのもわかります。歌い手さんっていろんな技巧をこらして歌っているんだなぁと。おっと、もちろん音を外せばすぐに分かる。
わたくしは経験や知識の無さを椎名さんの楽曲を高音質で繰返し聴くことで補うのだ。w

大体、椎名さんに限らず、歌い手さんのことを歌唱力が無いとか歌下手糞とか簡単に言いますけど、ちゃんとした環境でマジメに聴いているのかと。お前ら下手糞と言いたいだけじゃないのかと。問いつめたい、小一時間(ry

話しているときの椎名さんの声はとても高くて細く聴こえます。ラジオだと目立ちませんけど、ライブのMCとか先日のニコ生とか、さすが声の仕事をしている人だなぁ、と感心するぐらい声は高くて細い。
これが、歌うときの声は低くて太いんですね。最近になるほどその傾向を強く感じます。「HEKIRU FILE」などを読んでいると、ある時期、自分の声と目指す音楽が合わないというようなことを繰返し述べてまして、HR/HMに傾倒していく過程で、文字通りヘヴィな音に自分の声を合わせることが出来ずに苦労していたようです。

まだ良くわかっていないんですが、HR/HMの曲は重低音が強烈で、ライブだとそれこそ内臓が共鳴するような音量らしいですね。HR/HMの典型的な楽曲をいくつか聴いてみると(Whitesnakeとかラウドネスとか)確かにそんな感じ。でもボーカルは男性としてはむしろ高く聴こえる場合が多いように感じますけど。
まあ確かに椎名さんの基本的に高くて細い声は合いませんわな。それで、たぶん低くて太い声を出すようにトレーニングしたんでしょう。歌声の音域を下に広げるとでも言いますか。楽曲の方も一般的なHR/HMのような重低音ではなく、ちょっと軽めにして合わせていったんじゃないかと思います。で、なんだかんだと紆余曲折を経て「Rock Rose」でそのバランスの極致に達したのが「へきロック」などといわれる独特のスタイルなんじゃないかなぁとわたくしは思います。
スタイルは明らかにHR/HMなのに、爽やかで軽快な椎名さんの楽曲の特徴はこれかな、と。
いやでも「Jumping Slash」とか、Whitesnakeの曲よりむしろズンズン言っているような気もしますけど。やりすぎたのかな。w

ねぇ、歌った歌のパフォーマンスだけで評価するとか言うけど、齧りかけで調査不足のわたくしでさえ、これだけいろんなネタを掘り起こせるんですぜ。本当に今聴いているその歌、いつの歌だったかわからない、いつ歌ったのかも分からない、その歌だけで善し悪しを決めてしまって良いんですかね。それは勿体ないんじゃないですかね。w

それはそうと、このER-4Sというイヤホン、確かに高解像度なんですが、低音が弱めなんですよ。聞き慣れない人だとスカスカと評すかもしれませんな。そのぐらい低音域に特徴がある。そのかわり女性ボーカル向きと言われ、中ぐらいから高音の下のあたりの表現は素晴らしい。どうも、このぐらいが本当にフラットというらしいんですが、低音を強調したイヤホンが多い中ではキンキンと響く変なイヤホンと思われてしまうかも知れません。
で、椎名さんの楽曲を聴くときにこれが問題になる。基本的にボーカルは良く聴こえるので、椎名さんの声を聴いている分には差し支えは無い。それどころか、とても美しく聴こえて幸せ。w
ただ、楽曲全体としてはもう少し低音に厚みがあった方が、椎名さん側が想定した音に近くなるんじゃないかと思わないことも無い。椎名さんの楽曲を完全に満足いくように聴けるわけではないんですよ。>ER-4S
ではMDR-EX510SLなどのオーソドックスなイヤホンではどうか、となるわけですが、バランスは良いんですが、ER-4Sほどのインパクトはなくてモノ足りぬという。むずかしいもんですなぁ。椎名さん専門でもこんなにままならないのに、もっといろいろと手広く聴く人とかどうしているんだか、人ごとながら心配になりますよ。w

わたくしはER-4Sの低音の薄さを補うために、聴き終わった後に耳がキーンとするぐらいの大音量で聴くんですが、ER-4Sはインピーダンスの関係でDAPから直接だと音量がとり辛い。なので取り回しが煩雑になるのが嫌なんですが、このようにポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)を使ってます。これなら難聴になるぐらい、そして音漏れが少ないと言われるER-4Sでも隣で何聴いているか分かるぐらいの大音量で鳴らせます。w
そういう大音量でのER-4Sは脳に直接椎名さんの声が流し込まれるように聴こえます。なんか本当にダイレクトに音が注入されてくるような感覚。

長々と書いてまいりましたが何が言いたいのかというと、明日は「春のヘッドホン祭り」に行ってきますというネタでした。
by namatee_namatee | 2014-05-09 22:50 | music | Comments(10)
Commented by フラフープ at 2014-05-10 00:51 x
全ての音域を高音質で再生できるイヤホンがあれば良いのに。
良いものが見つかると良いですね!
Commented by namatee_namatee at 2014-05-10 08:13
>フラフープさま
構造上はその様なイヤホンもなくはないんです。BA型(バランスドアーマチュア)ドライバを多発(低音域用、中音域用、高音域用で3つとか。)したものとかですね。
ウチにもSONYのXBA-40ってのがありまして、これは低音域×2、中音域と高音域にそれぞれ1個ずつ、片耳に合計4つもドライバがあるという贅沢なシロモノなんですが、いかんせんそれぞれのドライバの出す音のバランスが気に入りません。w
ER-4SはシングルBAなので単発なんですが、その潔さのおかげでとても個性的な音なわけで、多発が良いというわけでもないみたなんですよ。難しいですね。
ヘッドホン祭りではJHオーディオのJH16PRO(片耳にドライバ8個!お値段20万円!)とか聴いてこようと思います。
Commented by フラフープ at 2014-05-10 11:01 x
ドライバが多いと、音も良くなるのですかね。音はほどほどで構わないから、60cmのイヤホン作って欲しいのにな。
Commented by スピンマン。 at 2014-05-10 13:30 x
次はポタアンが欲しい…(笑)

「好きな音楽=自分が歌える音楽」とは限らないんですよね。
大貫妙子嬢が言ってたことを思い出しました。
歌い手としては、そこを長いこと葛藤していたみたいなことをラジオで言ってましたね。

へきる嬢の場合、2000年頃をヘビーなサウンドをピークに、徐々に洗練されて声質に合わせてきた感じです。
そこの一つの完成形が「Rockin' for Love」と自分は思います。
まあ、洗練されたと言っても「September RAIN」みたいな多分キーボード無しのゴリゴリなヘビー楽曲もありますし、アルバム全体の印象は、とにかくヘビーな楽曲はヘビーに、ポップなとこはポップにと良い意味で肩の力が抜けてますね。
そこは「Rock Rose」でも引き継がれてますし。
Commented by aohige_the_great at 2014-05-10 21:59
離れにオーディオルーム建造計画ですね
素晴らしい
Commented by 猿実 at 2014-05-10 22:57 x
たぶん普通の人は、ヘッドホンにはそんなにこだわらないんですよ。
こだわるとしたらデザインとか、持ち運びのしやすさとか、そんなんでしょう。
私は「ヘッドホン=外で聞く」と思ってしまうので、周りの雑音で細かい聞き分けが出来ない気がしてこだわりません。
音質よりも、左右別々に音量を調節出来るのが欲しいですよ。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-10 23:42
>スピンマン。さま
ポタアンは、特にHR/HMを大音量で鳴らすときにはあった方が良いと思います。パワーに余裕があるので音が歪みが少なく感じます。ただ、機種選考は難しいですねぇ。本日もいくつか試聴しようと思いましたが、音源が自分のを使うことが出来ない場合が多く、試聴があまり参考にならないような気がしましたので。

>好きな音楽が自分で歌えるとは限ない
確かに。椎名さんの場合はそれにチャレンジして自分のスタイルを作れたのはすごいと思いますね。
椎名さんは自分のやりたい音楽に関して単純というかストレートなコダワリがあるのはわかります。成功しているかどうかは別として、その成果・目指したところみたいなものが楽曲を通して、わたくしのようなシロウトにもなんとなくわかるってのも大したもんだと思います。
さらに最近はおっしゃるとおり、楽曲ごとのメリハリが利いていて幅が広がった感がありますよね。ただ「for you」以降はちょっと迷走し始めたかな、とも思わせるんですけど。(汗
わたくしは「Rock Rose」まではギリギリ迷走が始まっていないと感じましたが・・・
Commented by namatee_namatee at 2014-05-10 23:48
>&さま
それマジで考えていたりして。w
前にお話したかもしれませんけど、今の家は区画整理で移転の話があるので、それが実現したらオーディオルーム作りたいんですわ。
そしたらJBLの4365とMCINTOSH MA8000とか買っちゃうぞー。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-10 23:53
>猿実さま
そうですね。普通は気にしませんよね。(汗>イヤホン
でも、ちょっと気にするととてつもなく奥が深い世界が広がっているので、少しでも興味をもったらお終いです。w
外で聴く用に雑音に負けない低音域の強いモデルとかもありますよ。

わたくしの場合は本文にも書いたように、椎名さんの音楽を理解するためのツールとしての役割が大きいので、ただひたすらあの楽曲が美しく、自分の納得いくように聴けるものを探しております。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-11 00:09
>フラフープさま
おっとレスが前後してしまいました。申し訳ありません。
本日の「ヘッドフォン祭り」でざっと見回したところ、特にケーブルの短いものは見当たりませんでした。120cm前後のものが多い印象です。クリップで束ねるか、DAPをパンツのポケットとか肩やパンツのベルトにつけるポーチにいれるとかで対処したほうが、選択肢が広がるのかも知れません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 次期主力艦(イヤホンの)決定! 100%世迷い言 >>