よくわからん。

c0019089_19411254.jpg

レビューの存在意義?
AmazonでCDが手に入るかどうかを調べておりまして、よせば良いのにまたレビューを読んじゃったんですよ。腹立つことが多いから読まないようにしていたのに。w
あれなー、もう何度もネタにしてますけどね、それが正しいのかどうか判断に苦しむんですよね。特に自分の印象と相容れないものについて。
例えば、フライパンとかグラスのような単純なもののレビュー、特に機能面についてはモノと同様に単純なわけですね。テフロンコートがすぐにダメになる、とか、傷がつきやすいとかね。
では使い心地はどうか。グラスに飲み物を入れて口に持っていったときに、唇の感触が良いとか、フライパンで炒め物をしたときにバランスが良いか悪いか、ふり易いかとか。これは本当のところを文章で表して見ず知らずの誰かに伝えるのはなかなかむずかしいですよ。モノとしては単純なのに。
ましてや音楽とか。w

前にネタにした友人の某氏は歌い手はまさに歌っている楽曲についてのパフォーマンスのみで評価すると言いました。それはそれで納得出来ないことも無い。某氏にとって、パッと聴いたある歌い手の歌は心に響かず、お金を払ってまで聴くほどのものではない、と評価する。その評価は尊重いたします。それを人に押し付けることはないですし。

車のインプレというのがありましてね。自動車雑誌に載っている記事の一種ですな。自動車評論家が各メーカーの新型車に乗って、乗り心地が良いとか悪いとか、積載能力が貧弱だとか、好き勝手なことをいうわけです。機能的な面での出来の善し悪しとか、現代の車ではほとんど差なんて無い。トヨタでもホンダでもヒュンダイでも、普通に乗っている分には違いなんて無いですよ。それをプロと言われる評論家がしたり顔で評価する。
わたくしは昔からこの車のインプレッションという奴に興味がありましてね。いろんな方のインプレを一生懸命読みました。で、それが実際はどうなのか、同じ車を試乗したり買ってみたりしたんですよ。その結果はどうだったのか。自動車評論家の先生のインプレは信頼に価するのか。
これがですね、意外なことに信頼に価するという結論になりました。もちろん、わたくしが検証出来た範囲でですよ。RRとかベントレーとかふざけて試乗するわけにいきませんし、もちろん買うわけにも参りません。w
試せる範囲で、乗ってみて彼らの言っていたこととつき合わせて見ると納得いくことが多かったですね。性能については計測するわけには行きませんから、主に感覚的な部分に限られるんですけど、確かに彼らの言う通りだなぁ、と思うことが多いんですよね。自動車雑誌のインプレは価値がある。たとえよくある提灯記事でも、その裏にある真意が読み取れないことも無い。
これがエアガンの提灯記事だと本当に提灯で中身がなくて全く役に立たないという・・・自動車とエアガンという文化というか格式の差みたいなものを感じてしまうところですなぁ。

加えて、車ってのもそれなりに歴史とか伝統、ブランドってのがありまして、それについて博識な自動車評論家の方に実際の車そのものと連携した説明をしていただくと、ああ、なるほどな、と納得する部分も多いのでございます。アストンマーチンがアストンマーチンであるのは、あるいはハイドロシトロエンが今でもそれなりの尊敬を得ているのはちゃんとした裏付けと実績があるのだ。

まあそれはそれ。
わたくしはおそらく一般的な方々より沢山のインプレを読みましたし、それを書いた人のことも少しは知っているんです。なので、インプレと印象が同じだというよりは、むしろ現象を表現する文章や文言に納得したと言った方が近いのかも知れません。で、そういう現象を現すのにはこう言えば(書けば)良いんだ、と学習するわけですね。それがこれらの世迷い言にもちょっと影響があったりします。

さて、冒頭の音楽に関するレビューについて話を戻すと。あるレビューに「音を外す」とある。どれどれと思ってその曲を聴いてみるんですが、わからないんですよ、これが。w
いくら聴いても音を外しているようには聴こえない。わたくしの耳は某巨大掲示板で糞耳のお墨付きをいただいたぐらいなので(まだ根に持っている)そのせいなのかもしれませんが、だとしてもわたくしにとっては音外していないということになるわけでして。それは極端だとしても、前述の車のインプレと同様に、それなりに検証を重ねて可能な限り正確に音を聞き取れるように努力して来たわけですよ。
だって通算250回聴いた歌なんですぜ。それで音を外しているのが感知出来ないとなったら、わたくしの糞耳分を割り引いても「音は外していない」というわたくしの意見にも信憑性がないとは言えませんよね。
さらに極端なことをいうと、仮に音を外したからと言ってそれがどうなの?ということ。そういう歌かもしれないんですよ。w
そういった技術的な部分をあげつらっても、その歌はその人がそうやって歌ったその人の歌なんだから、それそのものがオリジナルなので下手も上手いも無い、という。モノマネとかカラオケで歌うなら、その音を外しているところもそのように歌わなければならないんですよ。すごいへ理屈なのはわかってます。w

何度も何度も書きました通り、音楽なんて個人的な好みの差が激しい最たるもんだと思います。だから目の前で歌っているその歌を好きか嫌いか、つきつめるとそれだけが重要なんじゃないかなぁ、と思うんですよね。この点において、前述の友人の某氏の意見と一致します。ただわたくしの場合は目の前で歌っているのを気に入るか気に入らないかは、他に評価の要素がある。それは歌っている人のキャラクターとか実績とか、見た目?まあそんなもんです。

といったわけで、こと音楽に関してのレビューってのはどうも理解しがたいというネタでした。
そもそも、CDとかレビュー読んで買うかどうか決めますかね。今はさまざまな手段で試聴出来ますしね。レビューをよむぐらいのところまでそのCDに興味をもったら、そのレビューに期待するのって歌上手いとか下手じゃなくて、どういう経緯でそういう歌になったとか、スタッフが誰だとか、その歌い手さんの中でどういう位置にあるアルバム・シングルなのかとか、そういう情報じゃないのかなぁ。
by namatee_namatee | 2014-05-05 19:43 | music | Comments(13)
Commented by josei84827781 at 2014-05-05 20:04
これは何の画像なんでしょうか?
Commented by namatee_namatee at 2014-05-05 20:21
>joseiさま
お、釣られましたね。w
これは「HEKIRU SHIINA anthology from 1994 to 2000」です。詳細はこちらをどうぞ。
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=5130&cd=DYCL000000406

通常版と音が違います。オリジナルを聴いたことがある人なら分かるというレベルですけど。
Commented by aohige_the_great at 2014-05-05 20:23
自転車界の提灯インプレはどうでした?w

音外してるというか、ここでこうくるの?みたいに感じるところはありますね。
具体的にパッと思い出せないですが。
たぶん、この流れならこうあるべき、みたいな音楽的コレクトネスからは外れてるのかもしれませんw
よくわかんないですw
Commented by namatee_namatee at 2014-05-05 20:40
>&さま
エアガンと同レベル。w>自転車
自転車はそれ単体では意味をなさないところが大きいですからね。エンジンは乗る人ですもの。なので、インプレがあまり意味をなさない世界なんじゃないかと思います。

椎名さんは音外してる時ありますね。だからなんだ?って話なんですよ。そんなの本人が一番良くわかってますって。
10年経ってこの程度とか言いますけど、それでも10年やってきたんですって。そしてさらにそこから10年やってるんだ。自動車とちがってコストとか量産化の制約が少ない音楽については、本人が努力しないなら非難するのは有りでしょうが、椎名さんの場合はそんなことはありませんからね。努力の跡は他のアルバムやシングルを聴けば一目瞭然なわけですから。それをしたり顔で(ry
嫌なら聴くな、バーカバーカ。w
Commented by 猿実 at 2014-05-06 02:58 x
一度、Amazonのレビューだけ見て、CD買った事がありますねぇ。
レビューでの絶賛コメントと、アルバムなのに値下がりして500円だった事で、さんざん悩んで結局買ってしまいましたが…。
結果は、レビューどうりの素晴らしいアルバムで、買って数年経ちますが今だに聞いてますねぇ。
Commented by フラフープ at 2014-05-06 03:54 x
僕は、観た後で映画のレビューを読んでますが、気に入ったものだけを楽しんでいます。同じ作品を観ても、色々な意見があるものですねえ。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-06 10:49
>猿実さま
自分の意見に合わないから排斥しているということではないんですけど、自分の印象と合わない場合に、どうしても対立した気分になりますよね。そのときに、対象のレビューに突っ込みどころが多いと「バーカバーカ!」ってなってしまうわけでして。w
印象や意見が違っても、納得いく内容のレビューならそういうことにはなりません。まあバカバカしいことなので、読まなければ良いんですよ。orz

好意的なレビューでも具体性に欠けるというのか、購入に踏み切れないのがありますね。w
購入の決断は自分でしたことですので、レビュー通りでなくても腹は立ちませんけど・・・
Commented by namatee_namatee at 2014-05-06 10:49
猿実さんはレビュー(この場合はAmazonのレビューになりますか。)というものに肯定的ということですね。自分はどうだろう・・・レビューだけを頼りにCDを買うかな。別のもの、例えばイヤホンとかはレビューを参考に買いました。CDよりずっと高価ですが、Amazonだけでなく多方面の評価をチェックしましたね。イヤホンとか車って評価にある程度、基準みたいなものがあるので、実際に試せなくても決断できるんでしょうね。音楽はどうだかなぁ。自分の知識の無さもあるんですが、わたくしはレビューを参考にするのでも聴いてからでないと買わないと思います。
Commented by namatee_namatee at 2014-05-06 10:49
>フラフープさま
映画のレビューってまた質が違うと思いませんか?
自動車評論と同様に、いやむしろもっと歴史があるし、手法として確立されているような気がするので、レビューの質も高いと感じます。
わたくしは変な映画しか見ないので、大体こき下ろされているレビューばっかり目にするハメになってます。w
Commented by aohige_the_great at 2014-05-06 20:43
あー、クラシックとジャズのCDはレビューのウンチクを参考にしてますね
Commented by namatee_namatee at 2014-05-06 22:56
>&さま
あ、それそれ、それだ。蘊蓄。わたくしはレビューでは蘊蓄が読みたいんですよ。
歌が上手いか下手かとかそういうのは聞く側の思い入れ次第でどうにでも変わってしまうし、音を外さずに正確に歌うのが良いなら声楽家の歌でも聴いておけとなっちゃう。w
Commented by aohige_the_great at 2014-05-07 00:19
クラシックなんかはどれも基本的に時代の洗練を受けた名作なわけでして、そういうバックグラウンド(誰の指揮、どこのホールみたいなの)がわかんないと購入に繋がりにくいんですよねw
安いだけで買うこともよくありますがw

あとはAmazonレビュー(CD)を読んでヤフオクで中古LPを買う、なんてケースもありましたw
Commented by namatee_namatee at 2014-05-07 11:16
>&さま
クラシックは格式高いですよね。楽譜通りに演奏しないとダメなイメージ。演奏の癖とか一切排除されているという。その上で良し悪しがどうのって話ですから、解説なかったら何が何だか。

わたくしの考えではロックとかはその正反対な位置づけなんですよ。クラシックはかっちりとスタンダードみたいなものがある。ロックとかポップスとかはその場その都度で変化しても許されるんじゃないかと。その変化の中で技術の巧拙を論じるのはなくはないけど、完全に技術論的な部分でのレビューは意味が薄いんじゃないかなぁ、と。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< GW最終日 GW後半2日目 >>