祭りの予感

c0019089_2173140.jpg

久々だなぁ、こういう写真。

明日はサバゲです。「UNIONフェスティバル」ってのに「殿下」の護衛で行ってまいります。w
何のことだかわからないと思いますが、まあ明日になれば写真付きで解説もできると思いますので、しばらくお待ちください。
写真は、もちろん明日使う鉄砲の図。見ての通りAPSのUAR501とG&P M16A4とマルイSPAS12で参りますよ。

UAR501は今回がデビュー戦。Hop周りに手を入れてギリギリ満足出来る弾道にはしましたが、はたして実戦でどこまで使えるか。今回のフィールドはブッシュとか木のあるようなところではなく、バリケや建物が多い印象です。そういうところって、狭いスキマを通したり、ほんのちょっと見えている身体の一部を撃ったりしなければならないので、思いのほか集弾性能が要求されるんですよ。その割にピーキーというか、いきなり敵が現れたりするので、倍率の大きいスコープで悠長に狙っているような暇もなく、なかなか難しいのでございます。
ブルパップで取り回しには優れるものの、集弾性能は中の下か下手すると下の中ぐらいのUAR501でどこまで行けるのか楽しみですね。

G&P M16A4はレギュラーメンバーですので。オーソドックスな構成で前が長いプロポーションも慣れ切っているので、わたくしにこれ持たすと良い仕事しますよ。w
SPAS12も同様。バリケからいきなりドカンとぶっ放すにはこれが最適。

そういえば、ちょっと前にレスでお話ししたんですが、サバゲってのがこれまた後ろめたいというか、あまり大っぴらに人に言えるような趣味ではありませんでしてね。なんといっても、オモチャとはいえ人殺しの武器を象ったモノで、撃たれる覚悟はしているとはいえ人を撃つんですからね。擬似的にせよ人を殺しているんですよ。
あと装備関連。実際の軍隊で使われている装備を模した格好をしたりするんですが、これも胸を張って誰にでも誇れるというわけにはいきません。WWIIの米軍にせよ帝国陸軍にせよドイツ国防軍やSSにせよ、どれもこれも場合によっては差し支えがありそうなもの。現用もいろいろと(ry

これが何故か最近、妙にメジャーになってまいりまして、やたらにメディアで取り上げられたりする。フィールドも増えましたし、定例会にやってくるお客さんも増えました。
わたくしがサバゲを始めた2006年頃は、この世界はいろいろとどん底の時代でして、もうサバゲはダメなんじゃないかと言われてたんですよ。パワー規制が始まる寸前で、まだ有料フィールドも数えるほどしか無く、当然手軽に参加出来る定例会も少なかった。
それが今やフィールドは選び放題だし、定例会は大混雑という。思うにパワー規制が良かったんでしょうね。あれのおかげで安心して撃ったり撃たれたりできるようになった。あと千葉にすごい勢いでフィールドが出来ていったのも隆盛の原因のひとつでしょう。
だがしかし、良いことばかりでもない。変な人も増えたんですよ。わたくしが始めた2006年ごろは独特のノリはあったものの、サバゲーマーはちょっと後ろ暗い趣味の持ち主だと自覚しているというような、やや引いた感じの人が多かったと感じます。
今はもうカオスですからね。普通にボーリングとかのゲーム感覚の方が多い。薄着で撃つのをためらっちゃうような女性とかね。あ、そうそう、女性に限って顔のプロテクションが甘いのはなんででしょうね、あれ。女性は顔を撃たれないとか思っているんですかね。わたしゃ必要なら男だろうが女だろうが子供だろうが0距離でも顔撃ちますけどね。可能な限り手加減はしますけど、出来ないこともあります。(汗

上の写真のSPAS12は3発同時発射で0.25gBB弾を80m/sぐらいで飛ばします。ざっとみて一回に発射される総量では普通のノーマル電動ガンの3倍ぐらいのエネルギーがある。至近距離で喰らうと痛いですよ?
別に女性だから顔を大事にしろなどというつもりはありませんが、怪我はさせるのもするのも嫌ですからね。戦民思想のボウコウ氏が言うように「プロテクションは相手のため」でもあるのだ。

まあそれはそれ。いろんな人が来るようになって、それはそれで裾野が広がることになって好ましい面もあるんですが、変な人が多くなって、気を使うことも多くなりました。前述のプロテクションもそう。あと死なない人が増えましてね。w
いわゆるゾンビという奴。これ昔は大変なことだったと記憶してます。ゾンビ発生は非常に深刻に捉えられていたように思いますが、最近はゾンビが出たとなると友人達は狩りに行くといっていきり立つ始末。もう末法の世界だな。(汗

もっとも楽しんでないということもない。ただダラダラと続けただけでも、ノウハウとかスキルはたまったり上がったりするもんでして、初めてサバゲに臨む人よりも色んな面でまだわたくしの方が有利なことも多くございます。前述のゾンビ問題などは、死なないなら死ぬまで撃つしか無いということで、それこそテクニックの限りを尽くして戦うのが楽しくないかというと、それはそれで楽しいんですよ。
いやまあ、基本的にクリーンで戦力の拮抗した緊迫感のあるゲームの方が楽しいのは確かですけどね。はたして明日のゲームは・・・文字通りフェスティバルかもなぁ。楽しみだなぁ。(汗
by namatee_namatee | 2014-04-18 22:12 | survival game | Comments(6)
Commented by bazz at 2014-04-18 22:20 x
アームズ祭りの時はそれなりによくて拍子抜けでした。
今回はどうなりますかねぇ……
Commented by 武装ジャッジ at 2014-04-18 23:55 x
仕込みは充分なのだけど、これから仕事なんですわ。
Commented by ボウコウ at 2014-04-19 00:47 x
サラマンダー装備で殺す気満々じゃねーですかw
Commented by namatee_namatee at 2014-04-19 19:47
>bazzさま
お疲れさまでした。
残念ながら?変な人は見当たりませんでしたね。w
Commented by namatee_namatee at 2014-04-19 19:48
>武装ジャッジさま
いつもお疲れさまです。(汗
尊師の格好は似合ってましたなぁ。もっともほとんど一緒になることはありませんでしたけど。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-19 19:49
>ボウコウさま
数は少ないながら会心のヒットをとりましたよ。バリケの窓を通して3発のうち1発だけ飛び込んでヒットとか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 祭り終了。 417の記号性 >>