417の記号性

c0019089_211686.jpg

さて本日は4月17日。いわずとしれた417の日ですよ。
「椎名へきる」の「シイナ」にかけて「417」ですよ、念のため。

前にも書きましたが、この「417」というのは良いですなぁ。なんといっても「417」という3つの数字だけでは、知らない人は何の意味があるのか全く分からない。せいぜい「良いな」かな?ぐらいしか思いつかないようです。
だがしかし、知っている人は一発で何なのか分かる。椎名さんのファンならTシャツでもパーカでもなんでもとにかく「417」とあれば一発で「こいつは仲間。」と認識し、敵?ライバル?そんなに居るのかどうか知りませんが、もし居るとしたらそちらからも一発で識別可能という。

その417の日にちなんでなにかないかと調べてみました。
アルバム・シングル・ライブなどから4月17日に関連するものを探して見ると・・・意外なことにアルバムやシングルで4月17日にリリースされたものはないんですね。誕生日の3月12日リリースはアルバム「10 Carat」があるんですけどね。
で、ライブはどうかというと、これは3つありました。

1999/4/17
STARTING LEGEND 1999 ~Face to Face ver.417~
国立代々木競技場第一体育館
バンド4
M1.invisible
M2.Let me sing with soul
M3.わからない男
M4.純
M5.この世で一番大切なもの
M6.新しい風
M7.Tears
M8.あいたい
M9.ずっと…
M10.This Moment
M11.ROLLING STONE
M12.fly away
M13.Infinity
M14.MOON LIGHT
M15.恋のレースクイーン
M16.空想メトロ
M17.ガンバレ
M18.目を覚ませ、男なら
M19.風が吹く丘
M20.Graduater
EN1.抱きしめて
EN2.Everlasting Train -終わりなき旅人-
EN3.届けたい想い
*「STARTING LEGEND 1999 ~Face to Face ver.417~」というタイトルでDVDあり

2010/4/17
HEKIRU SHIINA TOUR2010 ~春の417祭~
Zepp Tokyo
バンド14
M1.Graduater
M2.Unknown colors
M3.恋のリズム*1
M4.I don't care*1
M5.REVERSE
M6.Reincarnation
M7.invisible
M8.Let Me Say YEAH!!!!*2
M9.真夏の夜のスキマ*2
M10.Over Drive
M11.pure~いつか、きっと~
M12.あなたも知らない恋の果てに
M13.Love Your Name
M14.MOON LIGHT
M15.PARADISE
M16.RESET
M17.HEY! ハレルヤ
M18.NO! brain's strike*1
M19.Sunday Punch*2
EN1.MOTTOスイーツ
EN2.Jumping Slash
EN3.WONDER☆RIDER
EN4.電撃ジャップ
WEN.スタンバイ!
*1:シングル「明日になれば」付属のDVDにダイジェストで収録。
*2*シングル「長い夢」付属のDVDにダイジェストで収録。

2011/4/17(延期)
HEKIRU SHIINA TOUR2011 ~for you~
Zepp Tokyo
バンド12
M1.Let Me Say YEAH!!!!
M2.Shining Star
M3.Short Girl
M4.明日になれば(ALBUM ver.)
M5.Never
M6.FIGHTING BOY
M7.Smash Up!!
M8.Truth,My Melody
M9.君と見る景色
M10.長い夢
M11.KIRA☆KIRA☆PARTY GIRL!!
M12.レスキューミー!(KIRA☆MIX)
M13.恋のリズム
M14.マイ・ストーリー(Honey MIX)
M15.Sunday Punch
M16.ロックンロール・ラヴレター
M17.Jumping Slash
M18電撃ジャップ
M19.our story
EN1.風が吹く丘
EN2.届けたい想い
EN3.ガンバレ
EN4.Graduater

相変わらず見にくいのぅ。(汗
上の行から順に年月日、ツアータイトル、場所、バンド、セットリストとなっております。

1999年4月17日の「STARTING LEGEND 1999 ~Face to Face ver.417~」はこの年の1月30日のZepp Sapporoから始まり3月12日のNHKホールまでの「STARTING LEGEND 1999 ~Face to Face~」のスペシャルバージョンみたいなライブで(だからver.417と付くんでしょうな。)セットリストは基本的に共通ですが、途中に「過去ツアーの映像と日程紹介」と「バンドインスト」があり、アンコールに「Everlasting Train -終わりなき旅人-」が加わって3曲になっているのが違います。
年代からいって、これはもう椎名さんの全盛期真っ最中。アルバムでいうと「Face to Face」のころで、しかもそれ一色。まだ「Respiration」や「with a will」、「Baby blue eyes」のころの比較的POPな楽曲が多かった1998年に比べて明らかにロック色が強く、ハードな印象。椎名さんの歌い方も低く太い声で、ロックを意識した?歌い方に見えます。先日のニコ生では椎名さんはこの頃の映像を見て、自分の歌を下手だと絶句してましたが、いやいやどうして。
「invisible」とか、迫力があってアルバムより全然良いです。「あいたい」などのバラードについても、まだ以前の椎名さんらしさがのこりながらも、安定感が増していて好ましいと感じます。そうそう、この時の椎名さんは髪が短いverです。

2010年4月17日の「HEKIRU SHIINA TOUR2010 ~春の417祭~」はこの年の4月10日のumeda AKASOから始まり、4月11日のダイアモンドホール(名古屋)、そして4月17日のZepp Tokyoというたった3公演しかないツアー。まあ致し方ない。
ランティスに移ってからなのでアルバムとしては「Rock Rose」からの曲が多いんですが、シングル「Let Me Say YEAH!!!!」から「Let Me Say YEAH!!!!」や「恋のリズム」も入ってます。
「invisible」がまた入っているのも面白い。この「invisible」、そんなに目立つ歌じゃないと思ってたんですが、ライブでの演る回数では6位にはいるという。思いのほか椎名さんのお気に入りのようです。
あとは「PARADISE」が入っているのも珍しいですかね。これは2007年に5回、2008年に8回、そして2010年のこのツアーで3回と今までで合計16回しか演っていないのだ。
ランティス時代なのでライブの頭から最後までのフルサイズでの映像はありません。SME(SMR)時代の楽曲は権利の関係で映像化が難しいのだそうです。なので、シングル付属のDVDはランティス時代の歌のみのダイジェスト版。

ちなみに、わたくしが椎名さんにハマりつつあった時期に、一気に転がり落ちた原因の一つがこのDVDの「恋のリズム」でしてね。YouTubeで「恋のリズム」で検索するとこのDVDの動画がヒットするんですが、それを見た時に「あれ?」と思ったんですよ。「椎名さんが「歌下手糞」っていうのってもしかしてガセじゃ?」ってね。w
わたくしの勝手なイメージではライブってのはアルバムやシングルよりも、少し荒っぽいというか綻びが見えるのが普通と思っていたんですが、椎名さんの場合はライブ独特の臨場感はもちろんあるんですけど、音を外したりとか、なんか変になっちゃったりとかはない。厳密に言うとアルバム・シングル版とちょっと違う歌い方なんですけど(はるか前にネタにしました。)、むしろこっちの方が良くね?ってね。そこから、例の「アーティスト宣言」と合わせて「歌唱力が〜」という説に疑いを持つようになり、これはどうあってもライブ行かなくちゃならんとなって(ry
あとは坂を転がり落ちるように(ry

2011年4月17日の「HEKIRU SHIINA TOUR2011 ~for you~」は例の東日本大震災の影響で延期になってしまった幻のライブ。残念でしたね。
まあわたくしの住んでいる納豆の国海岸地方も一応あの震災の被災地でして、電車は3ヶ月ぐらいは動きませんでしたし(駅と駅の途中の線路の上にずっと電車が放置されてましたからね。)、水道も4月だとまだ復旧してなかったぐらいでしたので、この時期にライブはなかなか難しかったでしょう。いやまあ、行くと決めればそれでも行ったでしょうけどね。w
なのでセットリストは同じツアーのもの。このツアーは全てが中止になったわけではないんです。考えてみれば、酷い目に遭ったときとかは、その真っ最中でもなければ、音楽でも聴いた方が意気も上がるってもんでしょう。なんでもかんでも自粛じゃよけい落ち込んじまいます。この東京と宮城以外のライブは予定通り行われました。そしてその東京(同じZepp Tokyo)と宮城(こちらは会場が変わっている。)も8月にやってます。振替というよりはリベンジだったんだろうな、きっと。

といった感じで417にちなんだネタでございます。よく考えてみたら、今回が椎名さんのファンになってから初めての4月17日でした。w
by namatee_namatee | 2014-04-17 21:11 | music | Comments(26)
Commented by フラフープ at 2014-04-17 21:19 x
公式サイトの動画も要チェックですよ!
Commented by スピンマン。 at 2014-04-17 22:15 x
「恋のリズム」のライブビデオ、なんか惹かれますよね(笑)

メロディアスなロックで、サラッと歌い上げてるし、楽曲は3分30秒だからスッ〜と心地よいんですよね最後まで(笑)
ライブもオリジナルのCD音源と殆ど変わらないし。
Commented by スピンマン。 at 2014-04-17 22:24 x
本日、めでたい417の日なんで。
iPod classicのイマイチのイヤホンから、ソニーのXBA-10を購入しました。
重低音仕様じゃないので、ハードロックやヘビーメタルは不向きなんですが、ボーカルが透き通るように聴こえるタイプ。
なかなか良いですよ、このイヤホン(^ω^)
Commented by namatee_namatee at 2014-04-18 11:23
>フラフープさま
携帯サイトにも公式サイトにもありましたね。>動画
相変わらず声高いなー、と。
見るたびに、おばさ(ryおねえさんなんだけど、仕草や話し方は可愛いなぁ、と思いますね。w
Commented by namatee_namatee at 2014-04-18 11:33
>スピンマン。さま
そうそう短いんですよね。>恋のリズム
本文に書いたように転がり落ちるキッカケの曲ですので、思い入れもヒトシオです。当時はこんな良い曲があまり表に出ることがないのか、不思議でなりませんでした。

>XBA-10
おお、SONYのBA型イヤホンですね。そのシリーズは実はウチにもありますが、XBA-10がいろんな面でバランスが良いんじゃないかと思ってます。実は試聴して気に入って、でも通販で買おうとおもったせいで、例によってウチに帰るまでに型番を忘れてしまい、同じSONYですが違う奴を買ってしまうという。(汗
Commented by スピンマン。 at 2014-04-18 12:27 x
>>namateeさん
「恋のリズム」ですからね、なんかカップリング曲行きになりそうな楽曲タイトルって感じですよね(笑)

XBA-10、電気屋さんでiPod classicを持って色んなイヤホンを視聴して、一時間以上悩んで閉店過ぎになるまで悩みました(笑)
コストパフォーマンス的にも、コレはかなり良いです。
女性ボーカルの声質がクリアに聴こえて、ビックリでした。
イヤホンやヘッドホンのマニアが拘る理由が、少し理解できましたよ(笑)
Commented by namatee_namatee at 2014-04-18 21:06
>スピンマン。さま
「恋のリズム」はギターの演奏も好きですね。イントロのデンデレデレッデ・・・ってのと間奏のデレレデレレデレレレン・・・ってのが特に好き。w
あと耳にキーンとくる、椎名さんの高い声もたまりません。椎名さんの楽曲の中でわたくしがいくつかあると思っているピークみたいなものの一つです。

イヤホンは沼です。w
去年、わたくしは7本ぐらい買いました。安物ばかりですが、取っ替え引っ替えいろいろ聴き比べながら楽しめるのがまずい。
次はドライバが3つの奴とか、ポタアンをとか、放って置くとどんどんエスカレートしますので要注意です。もちろん見返りもあるんですけど。(汗
Commented by フラフープ at 2014-04-19 02:36 x
イヤホンと言えば、長さ60センチのイヤホンて、なかなか手に入らなくて困るんですよね。胸ポケットに忍ばせたiPodnano用に使っているんですが、予備が一本しかない上に音がイマイチで。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-19 20:03
>フラフープさま
短い奴ですか。ウチのだとMDR-EX90SLがとてもケーブルが短くて、延長ケーブル前提の仕様ですが、あれは伝説のイヤホンというほどで絶版ですし・・・あ、MDR-EX510SLが60cmですね。
これはEX90SLの後継で、音はほとんど同じで(わたくしは取っ替え引っ替えしないと違いが分かりません。)、入手も容易でリーズナブルなのでお勧めです。女性ボーカル向きのバランスよい音だと思います。
Commented by フラフープ at 2014-04-19 23:28 x
それ探してみます!情報ありがとうです!
Commented by namatee_namatee at 2014-04-20 22:12
>フラフープさま
調べたら絶版になってますね。(汗>MDR-EX510SL
後継はMDR-EX650かな。でもケーブルが1.2mになっちゃってますね。クリップかなになで調整するしかないのかも。
MDR-EX510SLはそれなりにメジャーなモデルで、店頭在庫ならまだあると思いますけど・・・
Commented by hekirah at 2014-04-20 23:31 x
最近恋のリズムのdvdをよく見るのですが、なんとなくいいですよね。歌い方がうまい、段々ライブえいぞうが出るのがなくなっていくなかで、出会えたのは新たな発見でした。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-21 08:35
>hekirahさま
ライブにいかないと歌っている姿が見られないという。レア&カルト化が一段と進んでますね。(汗
そのライブ映像とてすでに4年前のもの。あの熱狂のライブの様子が広く伝わらないのは残念ではありますが、前述の通り、かえって謎に包まれた存在としてのカリスマになっているような。w
Commented by フラフープ at 2014-04-22 01:52 x
需要ないんですかね、60cm。iPod系には便利だと思うんですけど。
Commented by hekirah at 2014-04-22 11:18 x
namateeさんおはようございます.あらためてフォオユーから恋のリズムを聞かせてもらいましたが。またへきるさんの曲の中でお気に入りの曲となりました。ロックの定義はよくわかりませんが、たしかにこの曲はロックで、へきロックだと感じました。これで生さんがフォーユウからはまりだしたのが、わかりました。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-22 11:18
>フラフープさま
U字型でケーブルの短い奴は絶滅状態のようですね。(汗
長いケーブルでクリップ使うのが主流なんでしょう。あとはコストの問題もあるかも。延長ケーブル同梱する分高くつくとか。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-22 11:32
>hekirahさま
事細かに書くとすごく長くなりそうなのでヤメますけどw、わたくしは盛り上がっていた時代をリアルで経験していないし、ハマり始めた当時は今より知識も乏しかったので、どのアルバムも特に思い入れなしに普通に聴きました。その中で「for you」は普通に女性ボーカルのアルバムとして良いなと思いました。
「Face to Face」とかと比べて、変わっている部分と全然変わっていないところがあって、その対比が面白くてどんどん深みにはまっていった感じですね。
「この人は昔からずっとロック寄りの音楽なのは変わっていない。声優なんて今流行のちゃらい奴らだと思っていたのに、歌う声優の代表の(当時はそう思っていた)椎名へきるがこんなに骨のある人だとは思わなかった。」というのが当時の感想です。
Commented by hekirah at 2014-04-22 11:36 x
へきるさんを改めて考えますと、いまでも歴史を作り続けていることはすごいですね。年齢を重ねていっても、華というか、まわりを引き付ける魅力がどこかしらありそれは未熟な昔からもっていた。カルト化といいますが、教祖様的存在というか、よい意味で生き方も崇拝できる存在です。にこ生で発言を注意して聞いていましたけど、本人は凄いことをやってきたのにそれでも謙虚なところが、やはり人柄を感じました。へきる教ではないですが、ファンと名を借りた信者となっています。健全ですけど。
Commented by hekirah at 2014-04-22 11:54 x
あとにこ生でへきるさんが、言っていた発言で、ファンの方で、いろいろ仕事とか大変な方とか、御病気とかで苦労されている方とかいらっしゃるが、へきるさん自身が歌うことや音楽から、ひと時でも癒しや元気が与えられたら、、といっていて、椎名へきる自身がそうゆう使命を持っているんだと思いますと本人がいっていたのが、じーんときましたね。自分もどれだけ癒され元気ずけられたことか、、まさに椎名さんはレジェンドです。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-22 15:55
>hekirahさま
カルト化というと悪いニュアンスを含んでしまいますかね。(汗
最近は表立って派手な活躍が見当たらず、ライブでしか見られない強力なパフォーマンス、少数ながら熱烈なファンに支えられている、となると・・・やっぱりカルトという表現がぴったりだと思うんですね。w

先日ネタにした知人の某氏は、歌い手については今現在の成績と楽曲の完成度のみを評価すると言ってますが、その某氏ですら、椎名さんの人柄とおそらくその人柄とひたむきな姿勢によってもたらされた恵まれた環境については認めてました。

それはちょっと触れればすぐにわかることで、ましてや昔からファンだったとか、わたくしのようにいきなりハマったとか、少しでも好意を感じるような者ならば、あっという間に魅了されてしまう類の魅力ですね。
Commented by フラフープ at 2014-04-26 03:11 x
そうなのですか、残念です。ケーブルの短いタイプに慣れているので、長いやつはもて余しちゃって。ともあれ、情報感謝です。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-26 07:36
>フラフープさま
ちょっと調べてみましたが、SONYのイヤホンでケーブルが60cmのモデルはMDR-EX510SLと同じシリーズの310SLだけのようですね。そして2種とも廃盤。(汗
でも、Amazonでみるとまだ普通に流通しているみたいなので、そちらからの購入を検討されていはいかがでしょう。
SONY以外にも60cmのモデルはあるのかもしれませんが、わたくしが聴いたことがないので音についてはなんとも言えません。EX510SLは一般的な感覚ではイヤホンとしては結構良い値段に見えますが、音はまともですし、使い勝手も悪くないのでお勧めいたします。
Commented by フラフープ at 2014-04-27 20:27 x
ちなみに、おいくらで?
Commented by namatee_namatee at 2014-04-28 17:44
>フラフープさま
およそ7,000〜8,000円ですね。一般的には高く感じるかな。でも、音は良いし、長く使えば元は取れると思います。

あとEtymotic ResearchのER-4Sも女性ボーカル向きと言われており、実際に自分で使ってみてその通りだと思いましたが、これはケーブルが長くて固く、タッチノイズでまくりで音の良さ以外にはフラフープさんの要求仕様に合致しませんけど。あとちょっと高いですね。
Commented by フラフープ at 2014-04-28 22:48 x
たしかに安くはないようです。イヤホンの場合、試すことができないのが難点ですよね。とは言え、音楽以外にも趣味でNHKの語学講座を聞いているので、音質はやはり良い方がありがたいです。情報ありがとうございます。あと、別のところでも書きましたが、携帯サイト見ることが出来ました。あわせて感謝です。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-29 13:04
>フラフープさま
あ、いや、試聴は普通にできます。>イヤホン
ちょっと大きめの家電店とかで、ずらっと並んでいる奴を片っ端から聴けます。自分のDAPを持っていくのを忘れずに。
もっと本格的にいくならば直近では「春のヘッドホン祭り」↓
http://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php
などにイベントに行けば、それこそ2-3000円ぐらいのローエンドから数十万円の超ハイエンドまで聴きたい放題です。w

語学講座などを聴くとなるとそれなりの時間聴き続けることになると思いますので、装着感も重視した方が良いかもしれません。イヤーチップは社外品もあるので、いろいろと調整は可能ですが、それもコスト上昇の要因になりますし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 祭りの予感 この酒を飲んだのはだれだぁ! >>