原罪

c0019089_21122025.jpg

2日続けて重めのネタを投入したので、本日は適当に軽くまいります。

花とゆめ
和田慎二先生の「怪盗アマリリス」第9巻でございます。今のわたくしはおっさんですが、もちろん昔から男でした。w
でも学生の頃は「花とゆめ」を愛読していたんですよね。そういうことをするから、ヲタクと思われるんだと(ry
まあ実際のところはヲタク的な気質には乏しく、なにかを突詰めていくことは苦手というか、そうならないように自分を抑えて来たんですけど。もはや抑えが効かない状態に陥っているのはご覧の通りでございます。いやしかし、まさか芸能人、それも声優さんにハマるとは予想しませんでしたけどね。w

それはそれ。当時、「花とゆめ」を読んでいたのは和田慎二先生の「スケバン刑事」が読みたかった・・・からではなく、柴田昌弘先生の「紅い牙 狼少女ラン」シリーズが読みたかったから。
いやでも、もともとは和田先生の「超少女明日香」シリーズ、しかも一番最初の「超少女明日香」を親戚の床屋にあったボロボロの別冊マーガレットで読んだのが始まりなんですけどね。G.K.チェスタトンの「ブラウン神父」シリーズのブラウン神父の名セリフ「わたくしは奇跡を信じています。それがどこにあるかを知っています。」みたいなの(記憶があやふや)で始まるんですよ。それが印象的で、他の作品も探して読みました。チェスタトンまで読みました。あのへそ曲がりなストーリーはなかなか(ry

で、和田先生のアシスタントを柴田先生がしていたというのを知って、そっちも読むようになったと。以降は主に柴田先生の作品を読むようになりました。
柴田先生の作品は今でも不思議に思うんですが、少年誌の方が似合いそうなのばっかりだったんですよ。「タイタニック'80」とかね。だから女性向けの「花とゆめ」も抵抗無く読んでいたのかも・・・いやいや、他の作品も喜んで読んでましたね。「ひがみちゃんJam」とか面白かったなぁ。

と、ここまで書いて来て、柴田昌弘先生のネタだと思ったら大間違い。話は少し遡ります。「超少女明日香」を読んで和田先生に興味をもったわたくしは、他の作品も漁ったんですな。今と違ってAmazonとかありませんから、本屋を回って単行本を探すんですよ。暇じゃなきゃ出来ませんなぁ。(汗
初期から当時連載中だった「スケバン刑事」までほぼ全て揃えることができたんですが、その中に「銀色の髪の亜里沙」という作品がありましてね。これのインパクトはすごかった。親友に裏切られた少女(亜里沙)の復讐の物語で、亜里沙は裏切られたショックで銀髪になっちゃう。その復讐していく過程がハラハラドキドキで、まだ初心だったわたくしは心底トキメキましたね。自分に娘が出来たら「亜里沙」って名前にしようって思いましたからね。w

思えば、女性が活躍する物語に強く惹かれる性癖はこの「銀色の髪の亜里沙」がキッカケだったのかも。当時は、少年向けのマンガではヒロインが主役の話って全くなかったんですよね。そういう話が読みたければ少女マンガに行くしか無かったんですよ。

で、和田先生の作品はカメオ出演というんですか、他の作品の登場人物が別な作品に出演?することがありましてね。あるとき(つい最近)「銀色の髪の亜里沙」でネットを検索したらこの「怪盗アマリリス」の番外編に本条亜里沙が出ているという。これはなんとしても読まなければ、ということで買ったのが図の「怪盗アマリリス」第9巻というわけでございます。
話はそこで終らない。本条亜里沙が登場する「アルカディア作戦」は実は9巻じゃなかったんですよ。w
確か7巻だったはず。そしてネタにしようと思って7巻を探したけど見つからなくて、間違って買った9巻をネタにするというgdgdぶり。まあヘビーなネタを2連発した後なので(ry

そうだ、亜里沙といえば「中野ありさ」というすでに引退しちゃったAV女優さんがいましてね。わたくしはとても好きだったんですよ。なんで好きなのかはたぶん画像で検索するとわかります。w
by namatee_namatee | 2014-04-11 22:12 | book | Comments(4)
Commented by くみちょ at 2014-04-12 10:41 x
昔、私も花ゆめ読んでましたよ。
ここはグリーンウッドとか、動物のお医者さんとかが連載していた時代です。
先入観無しで読むと、けっこう面白い作品がありましたね。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-12 13:25
>くみちょさま
時代が違いますね。w
そうですね、「マーガレット」などに比べると男でも抵抗は少なかったと記憶してます。>花とゆめ
少女漫画としてはバイオレンス要素にあふれた和田先生柴田先生の作品を主に読んでいたせいかもしれません。そうだ、あと「パタリロ」もありました。
Commented by ぱらやん at 2014-04-12 22:12 x
少年誌ではヒロイン物は成功しにくいと聞いたことはありますから
編集があまり乗り気ではないというのもあるかもですね。
Commented by namatee_namatee at 2014-04-13 07:12
>ぱらやんさま
今でもそうなんですかね。今は主役といったらほとんど女性のような印象なんですけど。(汗
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< あったのか無かったのか コア&カルト >>