Mk 12可愛いよ、Mk 12

c0019089_20392454.jpg

この仰々しいものはなにかと申しますと、VFCのSPR Mk 12 Mod 1でございます。もちろんトイガン。

わたくしは全ての鉄砲の中でこのSPRが一番好きだ。M16A4も捨てがたい魅力がありますが、なんといってもSPRは「Special Purpose Rifle」という名前が中二病にはたまりません。w
特別な感では同じSPRでもMod 0の方が、その特異なカーボンのハンドガードのせいでより格式が高いと思いますが、このMod 1はMod 1で4面のレールがこなれた感じで良い景色。あと特徴的な専用のサプレッサーをつけるとさらに中二病向きになります。

これ、仰々しいので長く見えますが、バレル長はM16A4よりわずかに短い18インチなんですよ。AR-15特有の軽快さと相まって見た目ほど重くありません。加えて近代的なプロポーションなので、ハンドリングしやすい。そこがM14と違うところ。

元々はそのM14(マルイの電動ガンの)を凌駕する集弾性能をAR-15の類でなんとかならないか、というプロジェクト(大げさ)がありまして、サバゲの友人の名無しの一氏にSPR Mk 12というモデルがあるというのを教えてもらったところから始まりました。パワー調整の関係でバレルの長さを選びやすい18インチのSPRは扱いやすかったんですね。
最初のMk 12はG&PのKAC SR-16のフレーム(マルイメカボ)にSPRフロントキットの組み合わせでした。実は今でも使える状態で現存してます。次がA&KのMk 12 Mod 0で、見た目はMod 0ですが実物とは違うアルミだかスチールのハンドガードの奴。これが重くてですね・・・実はこれも現存します。バラしてあるけどアッパーとロワを組めば撃てるはず。
そして3丁目がこのVFCのMod 1というわけで、どれだけMk12が好きなのかと。w

この3丁のMk 12はそれぞれ少しずつコンセプトが違うんですが、どれも目標としたマルイM14の集弾性能は上回ることが出来たと思います。特にこのVFCのMk 12は30mのグルーピングで150mmを安定して切ることが出来まして(マルイのベアリングバイオ0.25g使用)サバゲ用の実用銃としては十分な性能です。セミだとかなりの集弾性能を発揮するけどフルオートだと平凡なM14に比べると、セミ/フルどちらも得意。そしてボルトアクションライフルよりは重いけど同等の集弾性能といざとなればフルオートで弾が撒けるという、なかなか卑怯な鉄砲ですよ。w

それが最近やって来たVFCのHK417に押され気味でしてね。HK417ってのは、これまた特別な感が強いですからね。おまけに「417」ですから。w
そういった経緯で光学機器のTR24をHK417に移植してしまったので、このSPRの光学機器がなくなってしまいました。だがしかし、実戦(サバゲの)でHK417を使って見ると、確かに集弾性能に文句はないんですが、いかんせん重い。フル装備で4.7kgもあってもともと乏しい機動力がさらに厳しいことに。orz
HK417を使うとまるで自走砲のような戦い方になっちゃいましてね。やはりもう少し軽量で良く当たるMk 12だよね、ということで、G&PのMk 12の方からスコープ(リューポルドM3のパチ?)を移植しました。ついでにマウントもKACタイプ(もちろんパチ)に変更、接近戦用にDOCTERダット(もちろんパチ)も搭載。

これ、ASCU仕様なんですがイマイチ調子が良くない。セミとフルの切り替えがうまくいかないんですよ。あとトリガーのレスポンスが良くないので、戦民思想さんの射撃会のアクションシューティングでは使い辛い。なので、内部機構もリニューアルしようと企画しております。次世代とか89式のベベルギアに2石のFETとかでシンプルにまとめた電装系を組み合わせて、元々のコンセプト、セミでもフルでも撃てる狙撃銃に戻そうかと。

いやもはや自分でそういった込み入った作業は無理なので、またG.A.Wさんにお願いすることになりそうですが、確かこれHop周りが特殊だったような・・・ちょっと確認しないと。(汗
by namatee_namatee | 2014-03-27 21:30 | survival game | Comments(2)
Commented by 武装ジャッジ at 2014-03-28 05:58 x
私の14の賞金首に。
Commented by namatee_namatee at 2014-03-28 07:37
>武装ジャッジさま
うわ、おっかねぇ。
サバゲだと勝敗がはっきりすることは稀ですので、30mの精密射撃で優劣を競うというのはどうでしょうか。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 苦肉の策 解けない謎。 >>