お布施。w

c0019089_17503695.jpg

また買っ(ry

レスの方で話が出た「HEKIRU SHIINA anthology from 1994 to 2000」でございます。これ、その存在を知ったのは、忘れもしないいつのことだったか・・・とにかくかなり早い時点でしたね。「へきる」とかのキーワードで絨毯爆撃検索をしていたころなので、おそらく去年の5月頃じゃなかったかなぁ。その時点では、すでにアルバムもシングルも何枚かは買っちゃってましたので今さらダブるのもなんだし、コレクション的な見地からも、再販ものよりはオリジナルの方を集めた方がよかろうと思っておりまして、買う決断がつかなかったんですよね。
・・・いや、アンコールってなっているから、もしかして2013年5月の時点では買えなかったのかも知れん。いずれにせよ、当時は手に入れる気が希薄だったのは間違いありません。(汗

あとは価格もネックですかね。これ、19,800円となかなか良い値段なんですよ。中身を考えればそんなに高いということも無いんですが、なんといっても既に持っているってのがありますからね。

よく事情や経緯が分かっていないんですが、このBOXは「オーダーメイドファクトリー」と言いまして、リクエストを集めて規定の数になったら作られるようなものらしいです。2012年3月31日に発売になって、そのあとさらに100セット作られた、ということのようです。なので、わたくしが最初に気がついた時にはすでに最初の規定数は売り切れで買えなかった可能性があるというわけでして。
今回やってきたのはそのアンコール分の100セットのもの。まあ、椎名さんのファンになったのが去年の5月ごろくらいですから、最初のリクエストの時に買わなかったことは勘弁してもらいましょう。w

・・・っていうか。2012年にもなってこういう企画で、そんなに売れるとは思えないんだけどなぁ。
同じく2012年も暮れになって「HEKIRU SHIINA - SINGLES COLLECTION 1995-2000」というベストアルバム(それなりに力は入っているけど、これまたタイミングからいくと微妙な気が。)も出してるし、なんかSME(SMR)って意地汚い感じ。いや待てよ、2012年はツアーが同じテーマだから、椎名さんの側からのネタなのかも知れん。w

それでもって、だいぶ経つ&限定100セットのわりにまだ買えるってどうなんでしょ、これ。

だがしかし内容は充実していると言って良いのではないでしょうか。最後のDVDには例の「Hequil」シリーズがIからIVまで収録されておりまして、特にIとIIはDVD化されてませんからね。わたくしはLDで買ってDVDにバックアップした物を持ってますけど。w
CDの方もタイトル通り1994年の「Shiena」から2000年の「RIGHT BESIDE YOU」」まで7枚。そして、これらはレスの方でネタになった「最新リマスタリング+Blu-spec CD」なんですよ。
1994年といえばもう20年前ですからね。機材など20年もあれば当然進歩しております。椎名さんの楽曲については、最近流行のハイレゾ化など今後おそらく無いと思われるので、可能な限りで最高の音質の音源といえばこれになるのでございます。そういったお話を聞いてしまった以上、これは買うしか無いか、と決断いたしました。

さっそくiTunesに取り込んでみます。とりあえず「Face to Face」を。
が、当たり前ですが、前からの曲と被る。置き換えるかどうか聴かれまして、ここで置き換えてしまうと再生回数がリセットされてしまうし、音質の違いを比較することが出来ません。なので、置き換えずに追加すると・・・同じアルバムに曲が2つになるんですよ、これが。w
聴き辛くて仕方ないので、「HEKIRU SHIINA anthology from 1994 to 2000」というプレイリストを作って、こちらの曲を集めておくことにしました。

なぜ「Face to Face」からかというと、さんざん聴き慣れた大好きな「抱きしめて」で音質の違いを比較するため。
はたして音の違いはわかったのか。某巨大掲示板の椎名さんスレで「お前の耳は安くて良いな。」とまで言われた、糞耳のわたくしにわかるのか。(汗
ちなみにその出来事はまだ根に持ってたり。でも、わたくしがスレで逆上するよりも先にスレの住民の方々がなんとなくフォローしてくれたので、何事もなく済んでます。あの時から無責任に好き勝手なこという阿呆共との闘いが始まったのだ。w

音の違いは・・・わかったような気がする。w
オリジナルよりもリマスタリングverの方が確かにクリアに聴こえる・・・ような気がする。w
具体的にどうというのが難しいんですが、ノイズが少なく高い音がハッキリ聴こえて、音の広がりも広く感じますね。多分それぞれの音のレベルが変わっているんじゃないかと思うんですが、もちろん専門的なことはわかりませぬ。
全体的にそれぞれの音がくっきりと聴こえるのは確か。ただし、普通の人(耳が良いとかそういうのじゃなくて、椎名さんの楽曲を知っているかどうか。)に違いが分かるかというと、極めて疑問。音としては良さがわかるかもしれませんが、だから何?となる可能性大。
だからこその「オーダーメイドファクトリー」なんでしょうから、当たり前ではありますね。これはファンじゃないと用が無いもの。お布施ですよお布施。

・・・いまさらSME(SMR)にお布施ってのが釈然としませんけどね。
by namatee_namatee | 2014-03-08 18:57 | music | Comments(4)
Commented by スピンマン。 at 2014-03-08 21:54 x
>>namateeさん

買うのが早っ(笑)
そうですか、やはり違いますか(^^;;

これ、2000年縛りのカウントダウンライブで、ソニー側が勝手に販売企画をしたそうです(笑)

その後の「HEKIRU SHIINA single,coupling&backing tracks 1995-2000 」の場合。
その夏のツアーで、ソニー関係者がライブ会場に居たそうで、それが良かったみたいで、その年の2012年末に一般向けに発売したそうです(笑)
Commented by 猿実 at 2014-03-09 16:00 x
私は迷わず申し込みました。
アンコール販売の100セット分は、2012年8月には販売されたと思いますよ。
2012年の夏ライブに行った際にチラシ貰いましたし、ライブパンフにも載ってますから。
あとこの商品は、販売決定後に予約期間を設けて、その期間に予約した人と、最初にリクエストした人だけが買える販売方法でした。
でもそのリクエストがPCだけからなのと(そのせいで私はリクエスト出来なかった)、予約期間が短かったはずなので、買い逃した人が多数いたのでは?
それがアンコール販売に繋がった気がします。
CD自体はそこそこ売れてると思います。
このCDの影響か9年振りに札幌でライブが開催されましたから。
Commented by namatee_namatee at 2014-03-09 19:31
>スピンマン。さま
ずっと買うか買わないかで迷ってましたから。音が違う可能性があるということならば、買う価値はあると思いました。
音は確かに違います。聴けばたぶんすぐに気がつきます。ただ、それがどんな意味を持つのかというと、ちょっと考えちゃいますね。思い込みのせいかもしれませんが、オリジナルのものに比べて、音が目一杯詰め込まれている印象なんですよ。いろんな音の主張がそれぞれ強いとでもいうんですかね。
全然悪くないんですが、オリジナルをさんざん聴いて来て、新しいこれをどうするかと言うと、ちょっと途方に暮れる感じですかね。w

>HEKIRU SHIINA single,coupling&backing tracks 1995-2000 」
なるほど、そういう経緯ですか。しかし、こちらはあまり売れなかったようですね。もっとも出足が悪かっただけかもしれません。ベストアルバムとしては良い出来でお買い得と思うんで、とりあえず椎名さんがどんな人で曲なのかを知るのは最適。だって、わたくしがハマったのはこのアルバムからですから。w
Commented by namatee_namatee at 2014-03-09 19:48
>猿実さま
買うかどうか10ヶ月も迷ってすみません。w

ということは1年半経ってもまだ100セット売れてないのか。(汗
上のレスにも書きましたが、オリジナルを持っている人がほとんどでしょうから、なかなか買い辛いのかもしれませんね。モノはすごく良いですけど。

ということは「HEKIRU SHIINA BEST LIVE from 1994 to 2000 SUMMER EDITION」はSONYのバックアップもあったのかな。ずっと減り続けていたライブが盛り返したのにも関係があるのかもしれませんね。

PCとかケイタイとか、ネットにアクセスする手段に憑いては今までほとんで意識しなかったんですが、椎名さんにはまるようになって、チケットボードとかでケイタイでないとダメというのがあって、ちょっと違和感が。通販サイトなどで慣れ切っているせいですけど、ややこしいから、なんでもアクセス出来るようにして欲しいところですなぁ。(汗
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 見た目通り内部構造も正体不明 シニューレ >>