成果

c0019089_20522542.jpg

先日から弄くり回している椎名さんのセットリストの一覧表のネタ。

2日かけても終りません。
月初は忙しいんですが、始めちゃった以上ある程度まで仕上げないとということで、仕事そっちのけでかかりきり。パッと見はExcelのBookを開いているので仕事しているみたいに見えるんですが、実は全然関係ないことしているという。となりの同僚にはバレバレでしたけど。w
なんかデータをまとめることそのものが楽しくなって来ちゃいまして、ある程度カタチにはなったものの、特にどう使おうとかが思いつかなくなってしまいましたよ。
それも勿体ないということで適当に集計して副産物的に出来たのが図の表というわけでして。

365回位(正確に集計出来たかどうか自信が無いので何回と言い切ることも出来ぬ。)のライブでどの歌が最も歌われたかというもの。
まあ、予想通りではあるんですけど。単純に集計しただけなので古い歌が上位に来るのは当然ですし。

ご覧の通り、1位は「Graduater」で2位は「抱きしめて」でした。
「Graduater」はあれだ、殺人。w
あれは映像でみているだけで大変そうなのに、実際のライブで遭遇したら本当に死ぬかも知れん。最近は控えめなようですが、全盛期の当時は「Graduater」が始まるとみんな覚悟を決めたんでしょうかね。w
「抱きしめて」は名曲中の名曲。わたしゃ毎日必ず最低3回は聴きますよ。ですが、わたくしとしましては「風が吹く丘」とともにライブよりもCDやPVの方が好き。
意外だったのは5位の「届けたい想い」と6位の「invisible」。そうえば「届けたい想い」は初めて行った去年の8月のライブでも歌ってました。
「invisible」は本当に意外。わたくしの印象としては「キャー!」という高い声の変な歌なんですが、ライブだと全然違う。「STARTING LEGEND 1999 Face to Face"Versiion 417"」の冒頭に入ってるのを観ると、低くてドスの利いた声でなんていうかノリノリ。とても格好良いですね。このライブ映像は全体的に重厚な歌声で、次のアルバム「RIGHT BESIDE YOU」やあの「PRECIOUS GARDEN」の直前のある時期、よくまとまった完成された姿なのかも知れません。
2000年代に入ると微妙に調子が悪そうに見えるので、なおさら充実している感が強いのかも。

あと意外なことと言えば、比較的ライブが少なくなった時代の歌である「電撃ジャップ」や「Jumping Slash」が善戦していることでしょうか。2004年頃の歌なので、ライブは16回/年とか、下手すると10回/年を切ってしまう。それでもこれだけ上位に入るということは、椎名さんサイドもファン側もお気に入りということでしょう。ファンと本人の結びつきが特徴的な、ある意味、椎名へきるという歌い手を端的に現す歌と言えるのかな。

まあ今さらこの2曲については言うこともありませんけどね。
「Jumping Slash」はライブの方が好きです。曲がいきなり始まるのがたまらない。純粋に演奏と曲の良さで泣きますからね。

以前、椎名さんにハマり始めた頃、わたくしは椎名さんが何をしたかったのかよく分からないと書いたことがあります。それがこうやってデータとして眺めて見ると、今は何となくわかって来たような気がしますよ。
椎名さんがやりたかったのは、ライブで観客と一体になることだったんじゃないかと思いますね。そして観客の方も同じようにそれを望んだんでしょう。あの異常な一体感はそうやって生まれるんでしょうね。
全てではないにせよ、これが目指した物のかなりの部分を占めていると確信します。曲の特徴にそれが良く出ています。というか、それを狙って曲を作っているフシがあります。w

次はライブの曲数の変化でもネタにしようかなっと。w
by namatee_namatee | 2014-03-05 21:38 | music | Comments(14)
Commented by スピンマン。 at 2014-03-06 18:00 x
これは本当に感服します・・・(笑)
こーいったデータ化されると、意外性があって面白いですなー。

「電撃ジャップ」と「Jumping Slash」は、現在のバンドメンバーのケン兄さんの作曲ですからね。
どんな楽曲やコード進行をすれば盛り上がるかを、ライブを通して肌で感じてらっしゃるからじゃないですかね。
楽曲タイトルも凄いし(笑)
Commented by スピンマン。 at 2014-03-06 18:03 x
訂正、「電撃ジャップ」はアレンジ担当でしたね。
Commented by namatee_namatee at 2014-03-06 21:46
>スピンマン。さま
当時をリアルで知らない&音楽の知識も乏しいわたくしとしてはこういうアプローチしかできません。w
仕事柄、このようにデータを並べてどうこうってのはよくやるので慣れているというのもあります。

もし仮に椎名さんのライブに対する考え方というか、彼女が自分でイメージする歌い手としての存在理由みたいなものが一貫してあるとすれば、このようなリストにその傾向が何らかのカタチで現れるはずです。

このリストでは回数を単純に並べただけなので不十分ですが、それでも件の「Jumping Slash」や「電撃ジャップ」が演じられる機会が少ない割に上位にランクされるのを見ると、椎名さんがライブで望んでいるものが、あの観客とのパワフルなノリのやり取りだろうなぁ、というのが感じられます。
Commented by namatee_namatee at 2014-03-06 21:46
なんとも表現が難しいんですが、椎名さんと観客の間でエネルギーが行ったり来たりする感じとでも言いますか、大体ライブってのはそんなもんなんでしょうけど、椎名さんの場合は本人も観客も長い付き合いを経てお互いに分かり切っている感があるので、間のとりかたとか応じ方とかの一体感が楽曲を触媒にして過剰な反応を生む・・・そんな感じ。w

ふと「WONDER☆RIDER」の歌詞を見ていて、サバトの魔女とか神事の巫女とか、そういう役割なんだろうなぁ、と思いました。>椎名さん
Commented by スピンマン。 at 2014-03-07 10:45 x
うろ覚えになるんですが、2006年と2008だったかなぁ。
「Rockin' for Love」が発売される前の年のツアーは、ちょっと停滞気味というかマンネリ傾向な雰囲気がありましたね。
全体的にパワーダウン気味というか…。

多分、新しい楽曲が出てないというかファンに新しいエサを与えられない調教師的な(笑)
常に新たなエサは常に出し続けて欲しい…と希望します\(^o^)/
Commented by namatee_namatee at 2014-03-07 16:49
> スピンマン。さま
2006年は「ひだまり」が・・・これも今の所評価不能でして、仕方ないので昨日CD買いました。w
コンセプトが散漫になってしまったんでしょうか。

そして2008年、メインのはずの夏のツアーのセットリストは最新アルバムだったはずの「Rockin' for Love」から一曲も無いという。何があったんでしょう。(汗
やっぱりここら辺は動きが変ですね。

間の2007年は気合が入っているように見えます。特に夏のツアーは新旧取り混ぜて26曲+EN3曲、その中には「Endless Dreamer」も「Paradise」もあるという。これは聞いてみたいと思わせるような内容ですね。

次のアルバムは・・・来年の暮ぐらい?(汗
Commented by スピンマン。 at 2014-03-08 00:57 x
>>namateeさん

あら?
2008年は「Rockin' for Love」は一曲も無かったんですか?(^^;;
ライブに行ってたハズなのに、言われるまで知らなかった(笑)

だから、あの頃にマンネリ気味に感じてたのかなー?(^^;;

ひだまりのライブは行ってないんですよね。
今なら行くでしょうけど、当時はアコースティックライブに行く気にならなかったんですよね。
うーん、勿体無かったなー(; ̄ェ ̄)
Commented by namatee_namatee at 2014-03-08 13:10
>スピンマン。さま
わたくしもちょっと信じがたかったので、集計ミスを疑って再度ソースにあたって確認してみましたが、やっぱり2008年夏のツアーでは一曲も歌われてないです。(汗>「Rockin' for Love」

もっとも2008年はライブ自体だ低調で夏がメインと言ってもその夏の公演はわずか4回、曲数も前年のほとんど30曲に達した大盛りぶりとは対照的に22-23曲ですので、やっぱりいろいろあったのではないかと。
2008年12月31日のカウントダウンでは全24曲中6曲と戻ってまいります。そして一曲目は「Endless Dreamer」・・・

2009年はそういう変な偏りはないんですが(もちろん「Rock Rose」の曲が多いんですけど。)、16曲+EN5曲と曲数が少なくなって、間に入ったんだと思うんですが「バンドインスト」があって、全体にゆっくりとしたペースのライブに見えます。あ、曲は特に大人しいものが多いとかそう言うようには見えません。
Commented by namatee_namatee at 2014-03-08 13:15
「ひだまり」は「Size Up」がやってきたので聴いてみました。もちろん全然悪くないし、ライブのアコースティックの時の椎名さんの良さが再現されている感があって、大変好ましいのですが、反面、これでずっと続けられるかというと・・・やっぱり椎名さんはギャーンと行ってくれないと。w

いやまあ、今、ライブがあったらやっぱり行きますね。>「ひだまり」
Commented by スピンマン。 at 2014-03-08 14:37 x
2008年、言われてみればそんな感じでしたね(^^;;
裏ではレーベルの移籍問題やら、色々とあったからなぁ。
本人もファンも辛い時期でもありましたし。

ひだまりの「Size Up」は、悪くないんですけど、当時の自分からすれば、やや食傷気味な気分だったかな…と。

木根尚登氏って、人柄からしてロックというよりも、フォーク出身じゃないかと錯覚する方でして(笑)
へきる嬢の福岡のライブは、完全に飛び入りで参加したことありました。

前日に山口県周南市でソロライブに来てたから、もしかしたら飛び入りで来るかな?なんて思ったらやはり来た!みたいな(笑)
Commented by namatee_namatee at 2014-03-08 19:30
>スピンマン。さま
いやしかし、こうやってセットリストを羅列するだけでもなんとなく分かることってあるんですね。無駄ではなかったかな。w

2008年は曲の選択が変、2009年はライブの回数と時期と曲数に違和感あり、ですね。やはり、いろいろ大変な時期だったのでしょう。それに比べれば2010年は違和感が少なく、2011年は震災の影響あり。そして2012年は本日のネタにしもしてますが、SME(SMR)の企画と連動?w

>飛び入り
あ、それは聞いたことがあります。2003年の7月19日かな。
ゲストできてなにをしたんですか?トークですか?
Commented by スピンマン。 at 2014-03-08 22:14 x
2008年って、案外ソニーとの関係が良くなかったんですかね?(^^;;

他のアーティストの話で、レコード会社と拗れたりすると、ライブでそのレーベルで発売した楽曲が使えなくなるという話も聞きますよね。
本当か嘘か知りませんけど(^^;;

もしかしたら、2000年縛りのライブって、ソニー側からの要望の可能性もありますよね。
よくランティス側は許したなーと思いますもん。

Commented by スピンマン。 at 2014-03-08 22:16 x
木根尚登氏の飛び入り。
一曲だけギターで参加だったよーな(笑)
Commented by namatee_namatee at 2014-03-09 19:19
>スピンマン。さま
なんでしょうね、権利とか楽曲の使用料とかそういうので、決める事が決められず、それがツアーに間に合わなかったとか。本当に何があったかは我々は知ることはないでしょうけど、まあ2008年にはすでに揉めていたんだろうなぁ。(汗

ランティスって良くわからないですよね。先日のライブだってラインティスの曲がすごく少なかったし。あれで大丈夫なのか、心配になります。w

>木根氏
ああ、ギター弾いたんですか。予想外です。MCの時になにか話しただけかと思ってました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 連番 貧乏人の >>