赤と白

c0019089_20492076.jpg

なんか黄ばんで写ってますね。>HTL22で撮った写真

つい勢いで。
先日からネタにしているTDKのTH-PVEC600WHですが、ネットにネタが少ないのが逆に気に入りましてね。w
それならわたくしがあれこれとネタにしてやろうかと。
そういったわけで比較のために重低音を強調した [CLEF-Premium Pre-tuned MEGA BASS Tuning]TH-PMEC600BKってのも買ってみました。一番上の赤/黒の奴ね。
真ん中の白/青の奴が[CLEF-Premium Pre-tuned VOCAL Tuning]と銘打ったTH-PVEC600WHで、一番手前の白っぽいのはSONYのMDR-EX510SLです。

この3つを聴き比べてみようかという企画。
音源は先日の「HEKIRU SHIINA LIVE TOUR 2013~2014」(2部)のセットリストから、最も盛り上がる中盤(リスト上は終盤だけどアンコールを含めると中盤。)の下記の4曲をセットリストの順に。

1.Jumping Slash
2.ロックンロールラブレター
3.WONDER☆RIDER
4.Graduater

いきなり結論。(汗
この3つの中で最もバランスが良いのはMDR-EX510SL。w
低い音から高いところまで破綻無く癖も無く、美しく聴こえる。解像度っていうんですかね、音のディテールの細かい部分もちゃんと聞き取れる。椎名さんの息づかいや楽器の音もよく聴こえる。文句ありません。さすがモニターシリーズ。

重低音強調型のTH-PMEC600BKはその謳い文句ほど低音が強調されているとも思えませんでした。確かに音が太く力強い感じはあるんですが、基本的にボーカル重視というTH-PVEC600WHと同じ傾向の音。つまり線が太く力強い。強いてTH-PVEC600WHとの違いをあげるなら、低い音の圧力が強いとでもいうのか、パワフルに聴こえるのは確か。とくに「Jumping Slash」や「WONDER RIDER」のブンブンいうギターの音は迫力がある。反面、高い方の音は平板というか、再生されていないわけではないんですが、細かいところはあまり気にしていない感があります。

では本命のTH-PVEC600WHはどうかというと、TH-PMEC600BKに比べてほんのちょっと低い音の圧力が弱く、音全般がワイドに広がって聴こえる感じ。いわれてみれば確かにボーカルを強調した音作りな気はするなぁ、といった感じ。でも、2つ揃えて聴き比べているからわかることであって、単体で違いを感じることが出来るかどうか自信ありません。

前述の通り、もっともバランス良く聴こえるのはMDR-EX510SLですが、先日来追究しているライブの雰囲気を感じさせるという目的に合うのはTDKの2つの方ですね。
ではボーカルチューンの600WHと重低音チューンの600BKでどちらが、となると、これは難しいですね。ライブの雰囲気どうこうを考えないで、わたくしのように特殊な用途wではなく、いろいろな人の歌を満遍なく聴くのなら、ボーカルチューンの600WHが無難かも。でもこのセットリストのような、椎名さんのある時代(いわゆる「へきロック」)に限定して聴いて楽しいのは重低音チューンの600BKですかね。このセットリスト以外に「熱風」とか「Power Of Love」とか「Reborn ~女は生まれ変わる~」とかの「へきロック」ど真ん中を大音量で聴くとかなりキますよ。w
高音がシャカシャカ来ないので大音量にしやすいというのもありますね。

ライブのあの重低音を脳内に再生するというのなら、やっぱりTH-PMEC600BKですかね。あの雰囲気にかなり近い感じになると思います。普通に聴きたいのならTH-PVEC600WH。でも、それならMDR-EX510SLがありますよ?と。なかなか難しいところですなぁ。この3つは実売の価格も接近しているんですよ。

どうしても結論を出さなければならないとしたら、今の気分ではTH-PMEC600BKを選んでおきましょう。まあどれ選んでも失敗ではないと思いますけれども。w

それにしてもこのセットリストはすごいなぁ。「Jumping Slash」は2004年の「Wings of Time」から、「ロックンロールラブレター」は2005年の「Clear Sky」から、「WONDER☆RIDER」は2007年の「Rockin' for Love」からと綺麗に年代順に並んでいるんですが、どれも「へきロック」最盛期の最高にノリの良い楽曲ばかり。聴ける環境の人はこの順で聴いてみたら良いですよ。血圧あがるから。w
これでさんざん盛り上げておいて最後は名曲中の名曲「Graduater」で落とすんですからね。そりゃノリの悪いわたくしでも記憶無くすわ。(汗
レスで教えていただきましたが、「Graduater」の最後の部分をいやというほど繰り返すいわゆる「殺人グラデ」、今回のライブ程度ではそうとは呼ばないそうです。東京公演の時に数えていましたが8回繰り返しましたけどね。あれ以上となるとかなり大変・・・だから「殺人」なんでしょうけど。(汗
by namatee_namatee | 2014-01-10 21:51 | audio | Comments(2)
Commented by aohige_the_great at 2014-01-10 23:27
この黄ばみはSD14を彷彿(ry

エイジングしてからの感想ですよね?w
Commented by namatee_namatee at 2014-01-11 07:14
>&さま
調整出来なくはないけど面倒くさい。(汗

エイジングはどうなんですかねぇ。この程度のイヤホンなんてそんな微妙なシロモノではないような気がするんですよね。とはいえ20時間近くは聴いてます。
形状としては白い方で耳は慣れているので、セッティングの違いは分かりやすいのかもしれません・・・よく分からないけど。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< シイナ号のモデファイ開始 久々に・・・ >>