417デビュー!

c0019089_20271948.jpg

写りに癖があるなー。>HTC J One HTL22のカメラ

本日は予定通り、千葉方面、BEAMの定例会に某チームのPMCとして参加。
そして、ついにVFC HK417が実戦デビュー。これ、7月にサバゲーの友人の名無しの一氏より購入して、わざわざG.A.W.さんにチューンしてもらったのにもかかわらず、実戦デビューが遅れに遅れていたというもの。
性能は文句無し。見た目もこのとおり、わたくしなどが持つには勿体ないほどの出来の良さ。だがしかし、いかんせん長くて重すぎる。
まあもともとが椎名へきる繋がりで「417」のネタにしたかっただけの勢いで導入したものですのでね。w
この非常識な重さに耐えてまでサバゲーで使いたくないという。(汗

BEAMは比較的物陰が多い森林フィールドなので、こっそり狙撃とかがしやすい印象がありまして、それならば覚悟を決めてこのHK417を使ってやろうと。保険として同じような性格のJAE-100(中身はマルイM14 SOCOM)とオールラウンダーのLCT AKM(中身はD-BOYS AKMS)という構成で参加。

で、運用実績はどうだったか。
やっぱり重かった。何かに依託するとか工夫して乗り切りましたけどね。その点を除けば、集弾や飛距離をはじめとしたBB弾を撃ち出す性能には文句無し。すごく良く飛んで良く当たる。射程が超長い。優秀な光学機器と相まって遠距離射撃では最強。これは恐ろしい銃です。いかんせん、長くて重いので長時間使うことが出来ず、1ゲームおきぐらいに使ってました。

では、その間に使っていたJAE-100とAKMはどんなだったのか。
JAE-100はまあいつものM14ですね。これまた重くて長い。HK417よりは軽いはずなんですが、ストックの形状や重量バランスの問題で実際の重量よりも重く感じちゃう。集弾性能は文句無し。HK417と比べても遜色はない。弾道がさらに素直なので小細工もしやすい。例えばバリケの影にいる敵を撃つのに、弾が回り込むように銃を傾けるとかね。本気でやる時はなんでもやるんですよ。w
AKMもいつもの通り、元気です。活躍したかどうかなら、こっちの方が大活躍でした。無双状態が2回ぐらいありましたからね。見える範囲の敵を次から次へと刈り取る。前が短くて軽い、ダットサイトなので素早いサイティングが可能、という肉弾戦向きの性能。これはこれで頼りになりますなぁ。

ゲームそのものはどうだったか。
前回のオアシスはアレでしたが、BEAMはさすがに手慣れた運営でしたね。ただ、本日は人が多かった。200人オーバーだったような。おかげでスケジュールが遅れ気味。さらになんだか知らないけどフィールドを2つにわけるというややこしいやり方。あれはあまり感心しないなぁ。普通に一緒くたでフラッグ戦と復活戦を回した方が分かりやすいんじゃないかなぁ。

サバゲ初めてという人が多くて驚く。
なんか流行ってるんですか?>サバゲ
普通の人がハマるほど魅力的な遊びとも思えませんけど。サバゲってのは突詰めると要するに勝ち誇った気分になることが楽しいんだと思うんですが、それには多少のテクニックが必要なのも確か。ただがむしゃらに前に出たのでは、あっという間に「老害」の餌食だし、かといって後ろで命を大事にしていたんでは何も起きない。
前に出たり下がったり、自分の居るべき位置を見極めるテクニックみたいなのがあると思うんですよね。射撃の腕とかは当たる時は当たるし外す時は外しちゃうので、それよりも遮蔽物の使い方とか、前線の位置のつかみ方とかが重要、そしてそういうのは場数を踏まないとなかなか難しいと思うんですよね。でもって、鉄砲や軍装とかに思入れのあまりない人がそこまで気力が持つか、と。
盛んになるのは良いことだとは思いますが、あっという間に廃れちゃうのもまた寂しいもんですからね。

といった感じで、サバゲーってのは運営でずいぶん変わるもんだなぁと思った一日でした。
参加のみなさま、お疲れさまでした。またお願いいたします。
by namatee_namatee | 2013-11-30 21:05 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 1997年の伝説 口直し >>