激おこ

c0019089_20392795.jpg

会社用携帯電話の図。P-01Fっていう奴かな。

ブチ切れ。
比較的温厚なわたくしが生まれてこのかた最もブチ切れたのが、ドコモショップででしてね。わたくしの勤めている会社ではドコモの携帯電話を使っているんですが、当然ながら法人としての契約でして、なにか変更をしようとすると代表取締役の委任状が必要になったりする。その委任状の取扱いでブチ切れた。
委任状の日付が未記入だったんですね。窓口の女性に未記入ではダメと言われましてね。では、書き込むのでペンを貸せと言ったんですが、ここで書くのはダメと。じゃあ外で書いてくるよ(ちょっと切れ気味)と。そうしましたらば、それもダメと。ではどうすれば?と聞いてもどうもこうもお取り扱いできません、の一点張り。

ここで切れましたね。NTTドコモ(まあ代理店ですけどね。)と我が社で裁判沙汰の喧嘩しても勝てるわけはない。だがしかし、目の前に居るお前に生まれてこなければ良かったと思わせることは出来る。例えば、この隣にある椅子の足で顔の中心を突くとか。あるいはこのペン立てのシャーペンで目を突くとか。w
本当に椅子に手をかけたところで、騒ぎを聞きつけた法人担当の課長さんがやってきましてね。惜しかったなぁ、もうちょっとであの馬鹿女を殺せたのに。
マジで警察呼ばれても良い覚悟までしましたからね。あと30秒遅かったら今ごろこんなことやってなかったですね。w
法人担当の課長さんに委任状は受理してもらい手続きも終りました。翌日、その課長さんが我が社に謝りにきました。わたくしはあの馬鹿女をつれて来て謝罪しろと言ったんですが、課長さんがテーブルに頭をこすりつける勢いで謝罪されたので、まだ腹の虫が収まらなかったんですが、とりあえずこれ以上は追求しないということにしました。

冷静に考えて、この場合の委任状ってのは我が社の社長がわたくしに何かの権限を委任するものなんですよ。馬鹿女はドコモの指定の書式じゃないとダメとか言ってましたが、そんなことはない。手続きを円滑にするために指定の書式を使っているだけで、必要な要件を満たしていれば通用するはず。そんなこともわからずに(ry

今これ書いていてもあの時の殺意が蘇りますからね。もう二度とドコモショップには行きません。何か用事がある時は法人担当の営業を会社へ呼びます。大体、携帯電話屋なんてやってることは単なる取次ぎなのに、なんであんなに気取ってるんだか。

まあそれは数年前の話。
そこまでは切れませんでしたが、つい先日、プチ切れぐらいの事案がありました。役所にちかい感じのところから手紙がきましてね。以前提出した書類による処置に誤りがあると。ついては、必要な書類を寄越せとのこと。
残念ながら必用な書類に合致するものが一部不足していたので、こちらから問い合わせの電話をしました。電話に出たのは我が社に手紙を出した担当の方とは別の女性で、明らかに不慣れな感じ。合致する書類はないけど、他の書類との組み合わせで要求されている条件は満たせるのでは?と聞いたんですが、こちらの話を聞いている様子がなく、○○はありますか?などという。

わたくし「○○はないんです。××ならありますけど。」
相手「では○×はありますか?」
わたくし「あー○×もないですね。××じゃだめですか?」
相手「では△○はありませんか?」
わたくし「それもないです。××じゃだめなんですか?」
相手「では△△はありますか?」
わたくし「△△は(ry」

相手は手に負えないと思ったらしく、もっとくわしい女性と替わりました。
相手2「○×はありますか?」
わたくし「○×はないんです。××ならありますけど。」
相手2「では△○はありませんか?」

ここでわたくしが切れました。
わたくし「さっきから何度言わせるの?あなた耳が無いの?××ってどういう書類か知らないの?これこれこういう事項が記載されていて、もう一つの書類と合わせれば必要な要件は満たすでしょ?」
相手2「・・・はい。」
わたくし「じゃあ今までのやり取りは・・・」

と、ここでわたくしは相手から来た手紙に目を落とす。そこには担当者の名前が。
担当者は「椎名」さんという方でした。これで一気に冷めましたね。不思議ですね。w
手紙の椎名さんの名前を見なかったら「お前、そこ動くな。今からそこ行くから。面と向かって同じこと出来るかどうかためさせてもらおう。」と言おうと思ってたんですが。

もう少しで犯罪者になるところでした。椎名へきるのファンやってて良かった。相手にとってもわたくしにとっても。w
by namatee_namatee | 2013-11-11 21:33 | diary? | Comments(12)
Commented by ボウコウ at 2013-11-11 22:18 x
>もう少しで犯罪者になるところでした。椎名へきるのファンやってて良かった。相手にとってもわたくしにとっても。w

いやその発想はおかしい。
Commented by ぱらやん at 2013-11-11 22:48 x
役所関連は酷いやつに当たるとホント腹立ちますね。
障害者関係で福祉課とか行きますけど、制度や手当のたぐいは
「聞かれない限り答えない」が基本ですからね。
「こんな制度や手当があるので」と言ってくれる人の少ないこと。
福祉ってなんだろうと、ふと疑問に思います。
Commented by ヘルニア at 2013-11-11 23:15 x
取り次ぎとか下請けの立場では自由が利かない部分はありますからね。
本社「そんな事して良いなんて言ってないだろ?こちらが決めた通りの手続きしろや(超意訳)」
的な事もあります故。

委任状は「この見本と同じように書いてくださいね」って伝えても
間違った記入や記入漏れをしてくる事が多いんで面倒なシステムですわ。
Commented by namatee_namatee at 2013-11-12 06:45
>ボウコウさま
いやいや、相手の名前が平野とか水樹とかだったらどうなったかわかりませんぜ。w
Commented by namatee_namatee at 2013-11-12 06:45
>ぱらやんさま
ドコモの例の場合は、普通の会社(しかも代理店)てのがまず問題ですなぁ。法人担当の課長さんも言ってましたが、まずお客さんの利便性を優先すべきでした、と。応対した馬鹿女が心底馬鹿だったんですね。あの馬鹿女まだ生きてるのかな。(怒

役所との接し方となると・・・仕事柄ずぶずぶだったりするので、そんなに悪い印象はありませんが、それはそれで問題ですね。
福祉の場合は、その目的が市民の不自由を緩和するという性格のものでしょうから、やっぱり制度を運用している側からの提案がほしいところですね。
Commented by 孫彰 at 2013-11-12 06:50 x
リアルに面白かった・・・って、笑い話じゃないですよね(汗)失礼凹

本当に柔軟性のない奴や報連相のできない連中には腹が立ちますね・・・
Commented by namatee_namatee at 2013-11-12 06:56
>ヘルニアさま
こういう事例は基本的に決まり事とお客さんの都合とのせめぎあいですのでねぇ。ドコモの馬鹿女の場合は客と接しているという概念がなかった。だから馬鹿なんですけど。わたくしがやりたいことは明白ですし、身分の証明もその場で十分可能、委任状の記載漏れは日付だけ、これで妥協できないってどんだけ仕事熱心なのかと。
最終的には法人担当の課長さんがでてきて、それで通っちゃうんですよ?馬鹿としか言いようがないですわな。わたくしが怒り心頭のまま会社に帰るようなことがあったら、まず間違いなくドコモの契約は切ってauかソフトバンクに変えてました。
ゼークトの「 無能な働き者は、すぐに銃殺刑に処せ。」ってのを地で行く馬鹿女でしたね。
Commented by namatee_namatee at 2013-11-12 07:08
>孫彰さま
いやまあ、もう今となっては両方とも笑い話ですよ。ドコモの例は時間がたったのと課長さんの的確なフォローのおかげ、二番目の例はただひたすら「椎名」という名前のおかげ。w

柔軟性のあってはならない事柄ってのもあると思うんですよ。個人情報なんとかとか。でもこの場合は法人契約の携帯電話ですからねぇ。個人の携帯電話なんかよりむしろもっといい加減でも平気ですよ。
Commented by ボニー at 2013-11-12 08:35 x
日付の入ってない委任状をバカ社員に託す会社の体制に問題有りかと。

向こうに言わせりゃただのクレーマーじゃん
Commented by namatee_namatee at 2013-11-12 09:38
>ボニーさま
違うんだなぁ、これが。w
この場合の問題は日付を入れるタイミングをどこにするかだけなんですよ。委任するのはウチの会社の社長ですからね、それに日付が入ってないとかあちら側には全く関係ない。手渡す時点で日付が入っているかどうかが問題なんですよ。
しかもわたくしは総務部長で該当業務の担当者ですし。日付の入っていない委任状をわたくしに手渡すという問題はわが社の問題であって、外部には関係ないんですわ。
Commented by まるちか at 2013-11-12 22:33 x
父が亡くなる前、携帯電話を解約しようとしたんですよ。もうあまり意識がなくて、委任状とか書けない。病院で携帯電話を無くしてしまった。止めなくちゃ、と。そしたら委任状がいる、代筆じゃダメ、とかで止められず、ちょっと切れかけましたw

まったくね。
Commented by namatee_namatee at 2013-11-13 07:12
>まるちかさま
事情を説明してみるべきなんでしょうね。有効な対策を講じるために、このような障害があるが、どうしたらよいか、って。そこで理解が得られない場合は切れても良いと思います。だってそれは相手方の対処方法の不備ですからね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 覆水盆に返らず 雨の日曜日 >>