月のあかり

c0019089_20331357.jpg

ネタ切れ。
例によって個人的な失われた90年代を振り返る系のネタ。
見ての通り「月刊サイゾー2002年7月号」でございます。あ、90年代じゃねぇじゃん。w
それはそれ。いつものように「椎名へきる」で某オークションを絨毯爆撃検索をしていて見つけたもの。400円しなかったです。送金手数料や送料の方が高いぐらいだったはず。
で、内容はというと・・・ほとんどありません。w
わずか1ページ。写真一枚。文章はその気になればここに全文引用できそうなぐらい。

c0019089_20332833.jpg

タイトルは見ての通り「ついに女優業に進出した歌姫の実力のほどは?」

・・・「月のあかり」か。orz

前にくわしくネタにしましたが、「月のあかり」は強烈ですからね。詳しくはリンク先のエントリーを参照していただくとして、なんといっても本編よりメイキングの方がずっと面白いというシロモノですからね。今までもいくつか、ひどい映画と言われるものを観て来ましたが(例えばクライシス2050とかサンシャイン2057とかさよならジュピターとか。ちょっと偏り過ぎ?)、どれと比べても負けない。w
この映画は椎名へきるが主演(あれ主演なのかなぁ?違うと思うけどなぁ。)じゃなかったら、全くもって価値がないですよ。断言できます。
たぶん椎名さんに興味がないひとでも、あの映画では椎名さんに救われると思います。椎名へきるが役者として演技しているのが観られるというだけで価値があるし、あの独特のふわふわした存在感は印象的。まあ、脚本とか演出とか、そっち方面がどうしようもないので、かえって突出して魅力的に映るのかも知れません。そのぐらいひどい。w
ネットでインプレを検索してみると「椎名へきるが大嫌いで仕方ないけど、この映画は観たい。でもやっぱりへきるが嫌いで嫌いで。」という人がやっと覚悟を決めて観た結果「椎名さんに好感を持った。好きになりそう。だが監督死ね。」というようなのがあって、ちょっと笑いました。そういう映画なんですよ。

映画としてはどうしようもない失敗作だと思いますが、椎名さんを魅力的に見せるという意味では成功作とも言えるという、何とも言えない怪作ですなぁ。>月のあかり
by namatee_namatee | 2013-10-23 21:13 | music | Comments(6)
Commented by hekirah at 2013-10-23 23:31 x
namateeさん、一つ前のブログを読ませていただきましたが、自分はせつない笑からへきるの曲をいろいろ聞いていますが、初期の頃の声が特に好きなんですよね、声に柔らかさを感じるます。特にレスピレーションのアルバムが今でも好きなんですけど、攻撃は最大の防御なんですが、特にその曲がいい味を出していると思います。アノ曲は当時の声と椎名へきるの素敵なイメージがとてもマッチした曲で大好きです。
Commented by 孫彰 at 2013-10-24 01:03 x
写真・・・この本専用で撮ったんですかね?

HEKILUfileにはなかったし・・

話変わって・・今後、映像作品に出る可能性はかなり低そうですね・・当時と違って話題性云々の話もあるでしょうが、彼女自身同じ演技でも舞台やミュージカルのような生の緊張感あふれる空間?(上手く表現できなくて失礼)に魅力を感じているようでしたからねぇ。マネージャーさんも「この娘は人前で輝く。」なんて言っていましたし。


でも、媒体に記録するという面では声優としての演技の方が映像作品の演技に近い気がしないでもないです・・・(汗)

Commented by namatee_namatee at 2013-10-24 09:30
>hekirahさま
「Respiration」は次の「No Make Girl」より真面目というか、ちゃんとアーティストしてる感がありますね。同じ年にリリースされたせいもあって、わたくしはしばらくの間順番が逆だと思ってました。
初期のころは声が低めで、わたくしもやわらかく聴こえると感じます。個人的には最近の超高音がより好きですが、このころの歌声も確かに味があって良いですね。
「攻撃は最大の防御」はお気に入りを集めたプレイリスト「俺様best」にも入ってましてよく聴きます。いたずら好きの強気の女の子という感じで、当時の椎名さんのキャラクターにマッチしてたんですかね。わたくしにはそういう風に感じられます。
Commented by namatee_namatee at 2013-10-24 09:49
>孫彰さま
カメラマンの名前がクレジットされていたような気がするので、この記事のための撮り下ろしかもしれません。

映像作品というとドラマとか映画ですか?
どうなんですかね、ハマる役が思いつきません。w
どんな役をやったら、あの容姿、年齢、キャラクターがマッチするか・・・思いつきませんねぇ。

演技と言えば、わたくしが感じるにどうも椎名さんは演ずるということに関して、芝居とか声優とかあまり明確に区別していないと思います。声優としても役者としてもなにかを演ずるという事は同じと考えている気がします。
なので映画に出てってオファーすれば引き受けてくれるかも・・・やっぱり「ヨコハマ買い出し紀行」の実写化を(ry
それにしたってアルファさんは合わないし・・・あ、A7M1のアルファさんならいけるかも、って読んだことない人にはなにがなんだかわからないお話でした。
Commented by hekirah at 2013-10-24 23:34 x
namateeさん、こんばんわ。前のブログを読まとせていただきましたが、最近ファンになった方だったのですね。内容の深さから少し信じられません。でも椎名へきるがすきというのが本当にわかります。自分はこのブログを読ませていただき改めてへきるさんの昔と今を考えさせられました。自分ことですが自分はファン歴19年と半年なので、これからもへきるさんにはいろいろな所で頑張っていただきたいです。自分も新宿ブレイズのライブいきましたよ。でだしの眠れる森は鳥肌たちました
突発性難聴になってからとても心配でしたが復活できで本当によかったです。namateeさんこれからもブログ楽しみにしています。
Commented by namatee_namatee at 2013-10-25 07:59
>hekirahさま
名前しかしりませんでしたし、ガセネタのせいもあってどちらかというと好きじゃなかったんですよ。>椎名さん
さかのぼれば「ヨコハマ買い出し紀行」、さらにはMV22「オスプレイ」騒動から始まった、この一連のフィーバーwですが、最終的に椎名へきるとイヤホンに収斂しました。w
ガセネタや本当のこと、さまざまな情報が交錯しているなかで、何が真相に近いのかを追求していったらこんな風になっちゃいました。

>眠れる森
あれは驚きました。「え?これで始まるの?」みたいな衝撃でした。しかもライブは初参加のわたくしですから、その驚きは大変なものでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 横須賀鎮守府所属ですって。 超絶 >>