超絶

c0019089_20332172.jpg

先日購入したEtymotic ResearchのER-4Sのネタ。
大分聴き込んだので、まあおそらくエイジングって奴も終ったと思われます・・・などと冷静に書いている場合ではない。w
これはすごいですよ。巷で言われている通り、中高音の鳴り方が普通じゃない。解像力が高いという表現が本当にぴったり。わたくしの場合は椎名へきる専用と言って良い特殊な限定された用途なんですが、その椎名さんの声がなんというか、エッジが立ってくっきりと聴こえる。お酒に例えて言うならすごく辛口のスパークリングワインみたいな。

あ、西の友人&氏向きにわかりやすく言うとFOVEONのDPとベイヤーの違いに匹敵するとでも言いますか。もちろんFOVEON=ER-4Sですよ。FOVEONのDPのようにどこまでもくっきりスッキリ、質感の表現もバッチリ。
椎名さんの声、というか人間の歌声がのっぺりと繋がって聴こえるのではなく、すごく細かく震えているのがわかる。これがいわゆる粒立ちの良いという奴ですね。その代表例として人に説明するのに最適とすら思いますよ、これ。

これに比べるとXBA-40などは音の輪郭が甘すぎると感じます。ER-4SがあればXBA-40は要らないかな、残念ながら。

歌の方からのインプレはというと。
ウチにある全ての椎名へきるの楽曲を最初からこれで全部聴き直したい。いや実際聴き直したんですけどね。w
そのぐらいすごい。どの歌を聴いても感動する。
「風が吹く丘」とか「抱きしめて」とか、もう数百回は聴いているわけですよ。それが改めてER-4Sで聴くと頭の後ろのあたりの毛が逆立って背中に鳥肌が立ちますからね。それも聴いている間中ずっと。あと感動して泣く。歌詞や声、それに加えてその声の表現の良さのダブルパンチで泣く。w
歌声だけでなくギターも素晴らしい。こんなに格好良くギターの音を聴かせるイヤホンは初めてですよ。

あとライブのDVDもやばい。臨場感が半端ない。CDの音源に比べて野趣があるというか、そのままに近い音のせいか、楽器や声の聴こえ方がすごくリアル。

良く言われる低音が弱いというのは嘘ですね。w
低音はちゃんとあるんですよ。ただ鮮烈な中高音が目立つのと、低音も引き締まったダンピングの効いた感じのなので目立たないだけです。

というわけで、現状では椎名へきるを聴くのに最も適したイヤホンという評価であります。>ER-4S
極めて特殊な用途における評価ですが、これが生き甲斐ですからね。w

そういえば前にも書きましたが「歌唱力」って奴。椎名さんの場合はなにかというと「歌唱力が~」という根拠の怪しい誹謗中傷の類が付いて回るんですが、このER-4Sで聴いてみて改めて思いました。椎名へきるに歌唱力がないという奴はやっぱり耳か頭がおかしいんじゃないかと。いや普通に歌うまいですって。

確かに昔の歌は技術としては未熟な部分が感じられるんですが、それを補ってあまりあるメッセージを伝えようとする強い意志がある。若々しい声との組み合わせはとても魅力的。
最近の歌はそういう鬼気迫る必死な感じは薄れましたが、このER-4Sのような細かいところまで良く聴こえるデバイスを使ってみると、なんていうか感情を声にのせるという表現は昔より間違いなく上手になってます。この変化はさりげないので聞き流しちゃって、最近の歌は華やかだけどワンパターンでつまらん、となりがちですが、トータルで何かを伝えようとする力は変わらないかもしくは強くなっていると感じます。

で、じっくり聴いてみると昔も今も「そりゃ無理ありますよ。」と突っ込みたくなるほど難しい歌い方をしているのが散見されます。さっと思いつく最近のものではアルバム「for you」に入っている「君と見る景色」とか。思い入れのある歌だそうですが、すごく難しいでしょう、これ。
椎名さんは新しい歌を歌う時に持っている技術(発声とか声域とか)で安全に歌える限界の目一杯か一歩先まで行っちゃうように感じますね。極端にいうと手慣れて安心して聴けるということがない。w
これが前に書いたハラハラドキドキの原因なんじゃないだろうかと。悪く言うとちゃんと歌える歌を歌え、もしくは歌えるようになってから歌え、ということになりますが、これはこういうもんだと思えばそういうもんなんですよ。w
ライブになるとちゃんと歌えているんだから、それで良いじゃんという考え方もありますしね。
いや、そうは言っても基本的にはちゃんと歌えていると思うんですが、ところどころバランス崩れるギリギリな箇所があるのも事実。
とにかくチャレンジし続けるという姿勢の現れとも言えます。たぶん余裕のある範囲で表現するというより、限界に突撃する姿勢でなにかを表現するというやり方なんでしょうなぁ。

ボウコウ氏に「俺様best」のダイジェスト版を聴いてもらいましたが、その反応が上に書いたことに近くてちょっと面白かったですね。「こんな歌を歌わせる奴、もしくは作曲した奴が悪い。」ですって。
いやまあ、たぶん自分で曲選んでると思うので椎名さん自身が悪いということになりますね。w

話がそれ過ぎました。(汗
結論として、このER-4Sという超絶性能のイヤホンは椎名さんの魅力をより高く深いレベルまで引き出すことが出来るということですな。これで32,800円は安いですよ。倍でも買いです。
なんてたって、何度も繰り返してきましたがわたくし的にあまり好きでない唯一のアルバム、例の「PRECIOUS GARDEN」が、例えようもなく魅力的に聴こえる。これだもの、他のお気に入りのアルバムがどんなだかは言わずもがな。w
by namatee_namatee | 2013-10-22 21:19 | audio | Comments(4)
Commented by & at 2013-10-22 21:27 x
>倍でも買いです。
またまたご冗談を(AAry
フラグ立てるの好きですねw

個人的にはアンダー2Kくらいの安物と比較して欲しいです(強要)
Commented by namatee_namatee at 2013-10-22 21:34
>&さま
2kって2,000円ですか?
そりゃ比較する意味ないですよ。だって2,000円とか考え事しているうちに無くなっちゃいますもん。そのぐらいの価格のものは持っていくの忘れてコンビニで買ったとか、そういう場合に使うもので何かと比較してはいかんのです。w
コスパの良いのは1万円以下、6,000円以上ぐらいの奴のような気がするんですよね。>イヤホン

ER-4Sは本当に買いです。本文にも書いた通りイヤホンのFOVEONですよ。
Commented by 保菌者のひと at 2013-10-23 01:56 x
あんですかそのカワサキのバイクみたいな名前w
Commented by namatee_namatee at 2013-10-23 10:47
>保菌者のひとさま
下手すると歴史はER-4Sの方が長いかも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 月のあかり 驚愕の事実 >>