最終便到着

c0019089_2046289.jpg

ネタが無い。w

とりあえず
椎名へきるのシングルの最終便が到着。1995年3月の「せつない笑顔」から始まって2012年12月の「セ・ツ・ナ」まで43枚そろいました。せつない笑顔とセツナって最初と最後で対称になっているみたいで面白いな。
最初の頃のシングルはいわゆる8cmシングルで、それはさすがにちょっと厳しいので復刻版の12cmシングルの方ですけど。なので基本的に新品で購入。まあお布施のようなものですよ。せいぜい1,000円/枚ぐらいのもんですし。w
おっと非売品とかの特殊なシングルは除きます。それらは今後機会があれば蒐集してまいりましょう。

これ、復刻版の帯というか背表紙みたいな奴が全て揃えて並べると「Legend」だかなんかの紋章になるんじゃなかったかな。どこかで写真を見たような気がする。やってみれば良いんですが、部分的に中古の奴とかがあってケースが違いまして、思うようにならないので試してなかったりします。こんどちゃんと並べてみよう。

率直に言ってシングルを全て集める意味は薄いですね。アルバムは全て持ってないと話になりませんが、シングルはコレクションとしての意味合いが強い。シングルにしか入ってない曲もあるんですが、それはそのシングルを狙い撃ちで買えば良いこと。
ただ後期になってくるとアルバムがリリースされる間隔が長くなってくるので、シングルの重要性が高くなります。それでも年に1-2枚がせいぜいですけど。
枚数で行くと2001年なんてすごいですよ。2001年1月に「Love Graduation」、6月に「愛のカタチ」、8月に「Jungle Life」、以降9-10-11月で毎月「嵐のち晴れ」「眠れる森」「あしたは消えない」とリリースですからね。いわゆる4ヶ月連続のシングルリリースの時。すごいパワーですなぁ。

その割に楽曲自体はパッとしないような・・・粗製濫造という説も聞きます。(汗
まあ確かに、「Jungle Life」はちょっと無理というか強引な歌い方に聴こえるし「眠れる森」や他の2曲も悪くはないんですが、以前の名曲に比べるとちと微妙かな。この時期にこれだけリリースしたにもかかわらず、かつての鮮烈な印象の、例えば「MOON LIGHT」「Graduater」「抱きしめて」のような名曲が無いというのはやはりちょっとスランプだったんでしょうかねぇ。
アルバムでいうと「PRECIOUS GARDEN」の次の「Sadistic Pink」のころで、ああやっぱりな、と。(汗

ちなみに椎名へきるのシングルで最もランキングが高いところまでいったのは「-赤い華- You're gonna change to the flower」だそうです。14位。次が「この世で一番大切なもの」と「Everlasting Train -終わりなき旅人-」で15位。妥当ですが、順位としてはそんなに大したことは無いですなぁ。もっとブレークしていたのかと思いましたが、10位内に入ったシングルは無いんですよ。>椎名さん
さらにランキングの推移を見てまいりますと、1999年8月の「-赤い華-」をピークに全体的に下り坂を描いて、2005年2月の「旅立ちの唄」で30位を割る。その後も下がり続け、50位代がやっとという感じになります。
やはり2006年あたりが低迷の底で、そこへ移籍話が持ち上がるという椎名さんにとっては極めて苦しい時期だったと思われます。
移籍後もあいかわらず50位ぐらいをウロウロしており、悪い時には70位台とか、もう完全にカルト・・・とか思いきや、椎名さんが世間一般では声優としてみられているとして、そういった見地からいくと他の声優さんの場合はもっとずっと下の人も多い。
特にブレークする要素を持たない、ある意味地味な歌い手としては(歌は地味どころじゃありませんが)これはこれで健闘しているのかもしれませんなぁ。

ここで解せないのは「Miracle Blue」が76位とふるわなかったこと。爽やかでパワフルな歌でわたしゃ大好きなんですけどねぇ。難しいもんですなぁ。
by namatee_namatee | 2013-09-17 21:58 | music | Comments(8)
Commented by 孫彰 at 2013-09-18 19:57 x
全盛期をリアルに体験した人間にとっては寂しい限りですよ(汗)

昔はどこのCDショップに行っても他のアーティストに混じって「椎名へきる」コーナーがあったのに、今じゃ一般でもアニメでも置かれちゃいない・・・だから、ニューシングルが出ても買うのは基本通販になってしまいました(涙)

大きな中古に行けばアニメ、声優コーナーにまだ、あるのが唯一の救い?

真相あるいは実状は別として世間一般のイメージとしてはもう過去の人扱いなんですね。



それにしても、シングル良く全て集めましたね・・昔は8センチCDを持っていましたが、一度ファン離れした際に全て売ってしまいました。今は中古でも扱ってないから勿体ないことをしました。
Commented by namatee_namatee at 2013-09-18 22:31
>孫彰さま
本日のネタはその全盛期のネタです。w
つい最近ファンになった者からすると、最初は「え?まだ居たんだ。」的な感想を持ったのは確かです。すみません。(汗
ただ、声優さんとかまったく興味の無いわたくしが、一体どんな人なのか調べるだけの魅力もあったのは確かです。
それは実は「ヨコハマ買い出し紀行」のアルファさんのCVだったからではなく、やっぱり歌だったんですよ。上手いんだか下手なんだかよくわからないけど、歌全体として妙に気になるという不思議な魅力?

椎名さんの歌と声はなにかキッカケがあれば、昔みたいな大ブレークは無いとしても、また表舞台に出ることがあるかも、と思います。
でもちょっと表に出るとまた変な奴が沸くので、できればこのままそっとして置いて欲しいような気もしますね。w
Commented by 孫彰 at 2013-09-19 00:49 x
>表舞台

立って欲しいですね。

最近から生さんのプログに触発されて彼女の人柄やここに至るまでの経緯を真剣に考えるうちにこの1、2年で本当に消えてしまうんじゃないかと本気で心配しております。

ただの杞憂であってくれれば良いのでうすが・・・
Commented by namatee_namatee at 2013-09-19 08:05
>孫彰さま
広い意味での役者さんとしてみれば、ああいう立場の方は他にもいらっしゃるような気もします。以前の派手だったころの印象が強いので、今との落差が大きく感じるのではないでしょうか。

実はこんなに意気込んであれこれとネタにしたりライブにいったりしたのは、もしかしてもう直ぐ居なくなっちゃうんじゃないかと思ったからです。
来年40歳、芸能生活20周年でキリが良いとか言って引退とかあるんじゃないかと。(汗

孫彰さんの見解もぜひお聞かせください。わたくしの根拠のない妄想と世迷言の垂れ流しを正すためにも。w
Commented by 孫彰 at 2013-09-19 21:01 x
厳密に言うと芸能活動を始めたのは養成所にいた時(17歳)からなので、今年で22年目ですね。

見解といわれても私は生さんほど膨大なデータを集めてるわけじゃないので殆ど印象と想像によるところが多いですが、本人の意思は別としても商業的な限界が来ているような気がします。以前あげたCDショップに彼女の歌が全く置いていないのが、その最たるものです(涙)

まぁ、彼女の性格上メジャーが駄目ならしばらくインディーズでなんかやりそうですが・・・いや、さすがにそれはないか(汗)

今までは年一回行くか行かないかだった。ライブも今後何度あるか解らないのでなるべく参加するつもりです。今年はカウントダウンライプがあれば絶対参加します。もう、最初で最後になるかもしれないので・・・
Commented by namatee_namatee at 2013-09-20 09:09
>孫彰さま
22年ですか。それならキリが良いという事はないから引退については一安心かな。w
CDに関しては今まで興味がなかったのでお店にも行くことはなかったんですが、どうなんでしょう。全体に売れ筋じゃない人のCDを置いておく余裕がなくなってるんじゃないでしょうか。本屋さん同様Amazonその他の通販に押されてるようですし、CDそのものも売れていないという話ですし。

>商業的な限界
確かに歌い手としてはやばいかも知れません。(汗
でも声優さんとして続けるつもりじゃないかなぁ、などとも思うんですが・・・そこら辺も考慮してランティスに移ったんだと。

わたくしもライブがあれば、可能な限り行ってみようと思います。ふと思ったんですが、カウントダウンライブってはねた後みんなどうやって帰るんですかね。車なら良いですが電車だと帰れないような。w
Commented by 孫彰 at 2013-09-21 13:47 x
どちらも中途半端にしたくない。という気持ちで歌手活動に専念した医といったにも関わらず、人気の低迷で声優活動する時間が出来てしまったのは何とも皮肉です(涙)

しかも、声優より歌で人気の出た人だから時間が出来てもチョイ役でしかアニメが来ない。後は洋画の吹き替えかドラマCDが主になっていますね。
Commented by namatee_namatee at 2013-09-21 16:43
>孫彰さま
本日のネタに追記しましたが、確かに皮肉な結果ですね。でも、もうそれで良いんじゃないかとも思います。ゴリゴリ頑張らずにゆっくりと余生、おっといけない、少しでも長く活動を続けていっていただきたい。
「for you」も「Ermitage」もそういう方向のアルバムだと思いますし、あれはあれで良いもの・・・もうちょっと売れればよいんですけど。(汗
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 全精力を傾けて内職 引き続き >>