別格

c0019089_20483163.jpg

「風が吹く丘」、これは復刻版の普通のサイズの12cm CDですが、オリジナルは8cm CDですって。時代を感じさせますなぁ。

デイリー
とはいえ「風が吹く丘」は名曲中の名曲。わたくし、これは毎日必ず1回は聴きますね。今日はたぶん5-6回聴きました。w
わたくしが息を引き取る時に枕元でこれを鳴らしてくれたら、間違いなく成仏できるでしょう。どこかで野垂れ死ぬとしても、その瞬間に口ずさむかもしれん。死ぬ瞬間に幸せだったものだけが本当に幸せなのだ。
そうだ、公証役場行って遺言状作って貰わないとな。

冗談はとにかく、椎名へきるの代表作なのは誰も異論のないところでしょう。他にも名曲はたくさんありますが、これは別格ですよ。なんてたって、ファンになる前のわたくしですら聴いたことありましたからね。誰のなんていう歌かは知らなかったけど、聴いたことはあってそれを覚えていた。もしかしたら、ミュージックステーションに出演した時に観たのかも。
あれは伝説らしいんですが、ざっと探したところでは映像を見つけることが出来ませんでした。歌が酷かったらしいんですよね。機器のトラブルかなにかで自分の声が全然聴こえなかったらしい。なんていうか、肝心なところで変な伝説をつくりましたなぁ、と。(汗

ライブでもわかる範囲でセットリストを確認してみると、ほとんど必ずと言って良いほど歌われています。もちろん、先日のライブでも歌ってましたよ。みなさん、他の歌では結構いろんなアクションというのか、例えば拍手とか、特に統一されているというわけでもなさそうな動きをするんですが、「風の吹く丘」だけはすごくまとまっているのが印象的。特に独特のタイミングで手をたたく。
例えば「Don't let me cry Don't let me sigh 呪文のように唱えて」の後にパパンと拍手する。椎名さんもする。ライブのDVDなどで観たので知ってましたが、実際に生で見ると感動するもんです。
あと瞬間着火。w

ただし、歌そのものについては実は昔の方が良かったような気がする。このCDの頃の方が、なんていうか地声のキーがあっているというんですかね、無理がない印象です。今の椎名さんの歌い方だとちょっとキーが低過ぎるような感じ。1997年と2004年のライブDVDで比べてみましたが、やっぱり1997年の時の方が無理無く歌っているように聴こえます。2004年では他の歌ではかなり自在に声の高さをコントロールしてるんですけど、「風の吹く丘」はちょっと低すぎるように感じます。わざとやってるんですかね。
これまた定番中の定番の「Graduater」でも同じ感じで声が低すぎるように感じるんで、あの時代の歌と今の歌い方は合わせ辛いのかなぁ、などと。

ちなみに、「風が吹く丘」はあんまりレンジが広い歌では無いのでカラオケでも比較的楽に歌えますね。このCDにもカラオケが入ってまして、先日こっそり熱唱してたら嫁さんに見つかりました。w

ウチの俺様bestには
・風が吹く丘
・Phoenix
・風の行方
・あなたの名前
・246
・Graduater
という順に並んでましてね、もうなんていうか書いていて目眩するぐらいの名曲の数々。w

おっといけない、「風が吹く丘」はこういう歌です。神懸かり的な傑作。
by namatee_namatee | 2013-08-23 22:24 | music | Comments(2)
Commented by 孫彰 at 2013-08-24 02:05 x
本当によく聴いていらっしゃいますね。

そのような意見を聞いたのは初めてです。

Mステの時はリアルで観ていたのですが、少し可哀そうでした・・・時代が時代だけに完全に周りから浮いてたし(汗)当時のシャ乱Qのつんくが話を振ってくれたのが唯一の救い・・・?

歌も失敗した感が拭えないので、次こそはと思ってましたがもう出ることはないでしょうね・・・
Commented by namatee_namatee at 2013-08-24 08:03
>孫彰さま
車通勤ですし、家でもそんなに正座して集中して聞いているわけでもないです。w

あれ、そうですか。わたくしの耳がおかしいのかもしれないので、あまり信用しない方が良いかもしれません。(汗

確か「ファンなんです。」と話しかけるんでしたね。>つんく
後にモー娘。にファンがごっそりもって行かれたという噂が本当だとしたら、なんとも皮肉なお話ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 限定ですって。 どうせ実写化するなら >>