継続審議

c0019089_212351.jpg

本日も暑かった。ウチに引きこもっていようと思ったんですが、やむを得ない用事でちょっと外へ出たら暑いのなんのって(ry

*個人の感想です。>逃げを打っておく
というわけで、あまりめぼしいネタがないのですが、本日こねくり回していたのは椎名へきるの「PRECIOUS GARDEN」というアルバム。通算8枚目、2001年2月7日リリースですって。楽曲プロデューサーは明石昌夫氏で編曲も全て明石氏。ネットで上っ面の情報を拾った感じでは、椎名さんと相性が良くなかったという意見が多い。残念ながらわたくしには明石昌夫氏という方がどのような楽曲を作る人なのかがわかりませんので、名前を聞いてもたいして意味をなさないという。
ただ考慮すべきはこの「PRECIOUS GARDEN」というアルバムは椎名へきる本人作曲の曲がやけに多い。11曲中6曲もあるんですよ。前に11曲中7曲って書きましたが、あれは嘘だ。w

でもって、これまた前に書きましたが、この「PRECIOUS GARDEN」はパッとしない。勿論「*個人の感想です。」のレベルでですよ。
どうも音に迫力がないというか、やけに甲高くシャカシャカと耳障りな音が多くて、椎名へきるの歌声が埋没しちゃうような曲が多い。メロディはそんなに悪くないんですが・・・やっぱり編曲が的外れなのかなぁ。作曲は椎名さんでしょうが実質的に楽曲に仕上げるのは編曲の明石氏なのは明白ですし、専門家としての経験やスキルは椎名さんの比ではないはずですから、やはり責任の多くは明石氏の方にあるんでしょう。

そんな中で「Love Graduation」と「あなたも知らない恋の果てに」の2曲はまあまあだなと思って、作曲者をみると椎名さんではないという。(汗
これはやっぱり巷で言われる通り明石氏と椎名さんの相性が悪いということなんでしょうね、というのは前にも書きました。w
椎名へきるの楽曲は作曲や作詞に本人の名前がなくても、曲作りのかなりのところまで本人がかかわっているのだそうで、それが他のアイドルや声優とは違う特異な点で、なのでわたくしは手っ取り早く楽曲を聴くということが椎名へきるを理解することに繋がると考えてるんですよ。わかりやすいと言えばわかりやすい。新しいアルバムやシングルが出るということは、そのアルバム・シングルは椎名さんの目指したところを向いているということですな。そりゃ誰でもそうでしょうが、椎名へきるの場合は特に本人の意図が強く反映されているわけですからね。ただその意図が正しく読み取れるかというと・・・

となると、この「PRECIOUS GARDEN」の惨憺たるアリサマはその時点での椎名へきるそのものであるということで、前々作の「Face to Face」から方向が大きく変わり、次の「Sadistic Pink」ではまた違う曲作りになるというのは、イロイロと模索・迷走していたんだろうなぁ、と。もしくはやる気がなかったか。w
上でパッとしない責任は明石氏のせいだと書いちゃいましたが、目先ではそうかもしれませんが、最終的には椎名へきるの責任になりますかね、こりゃ。
ちなみに前作「RIGHT BESIDE YOU」は楽曲プロデュースに明石氏がいるせいか「PRECIOUS GARDEN」にいく下準備みたいなアルバムに感じられます。パッとした曲が少ないのも「PRECIOUS GARDEN」に似ている。
ここら辺について頼りになるはずの「HEKIRU FILE」にはあまり詳しい経緯が書いてなかったりする。やっぱり失敗したと思ってるのかなぁ。w

続く「Sadistic Pink」「10 Carat」は「PRECIOUS GARDEN」とは明らかに傾向が違う楽曲で構成されてます。ここから楽曲プロデュースに木根尚登氏がからんできて、以降SME時代最後の「Rockin' for Love」まで5枚のアルバムのプロデュースが木根氏になります。
いやまあ「Sadistic Pink」はちょっと「PRECIOUS GARDEN」の影響みたいなのが残ってて、リハビリみたいな感じですが、それでも「眠れる森」や「あしたは消えない」とか、以前の椎名さんらしく、それでいて新しさを感じさせる曲がでてきますし、アルバムのタイトルになっている「Sadistic Pink」なんて、なんていうかいやらしい感じのする今までになかった歌ですが、失敗作とは思えない。イントロめちゃくちゃ格好良いし。
続く「10 Carat」は2001年以降の傑作と言っても良い出来でこれと2004年の「Wings of Time」の頃が椎名へきるの最盛期第二期なんじゃないかと思います。

なんてたって「10 Carat」は最初の曲「Reset」のインパクトがすごい。前にも書きましたが変な歌なんですよ。すごく個性的。サビのところで連続して転調というか声が裏返るという、無茶しやがってという印象の歌。でも大好き。w
曲が余計な音がなくてすっきりしているんですよ。椎名さんの歌声がはっきり聴こえる。
あと最後の「believe」も素晴らしい。メタルっぽいっていうんですかね、すごく重く厳しいイントロで始まるんですが、すぐに入る椎名さんの高くて甘い声がすごくアンバランスで聴いていてワクワクする。また間にはいるギターが格好良いんだ、これが。これこそ椎名へきるでしか成り立たない特異な歌です。椎名へきるとはどんな歌い手かと問われたらこれを聴けばわかると答えますね、わたくしは。

次のアルバム「Wings of Time」も傑作と言われます。ちょっとAndrew W.K.の影響ありすぎなキライもありますけど。「Jumping Slash」とか「電撃ジャップ」とかね。「Jumping Slash」はイントロが凄まじく格好良いですなぁ。「Sadistic Pink」と良い勝負で格好良い。
あ、前に椎名へきるの歌詞は大した事無いって書きましたが、あれも嘘だ。w
よーく歌詞を聴いてみると変に凝ってるというか、良くわからない勢いだけとしか思えない歌詞があったりして面白い。「Jumping Slash」にも「やけぼっくいはこうかく」という歌詞がありましてね。最初なんて言っているのか意味が分からなかったんですが、「焼け木杭はこう書く」だそうで。単純に「焼け木杭」の書き方のことですって。しかも歌詞としては前後と関係無いという。なんじゃそりゃ。w
「電撃ジャップ」はAndrew W.K.の影響大。「Party Hard」とか「Girls Own Love」とかに続けて聴いたら全く違和感なく聴けちゃう。もともとAndrew W.K.がみんな同じような曲ばっかりなので、何曲か続けてそのあとにこっそり「電撃ジャップ」を入れておいたら違和感なく始まっちゃって、ボーカル聴いてありゃ?ってなるかも知れませんな。w

といった感じでジワジワと理解を深めようとしているところでございます。
おっと、文中で「椎名へきる」と「椎名さん」と、呼び方が混在してますが、適当ですので深い意味はありません。なんとなく呼び捨ては悪い気がするんですが、かといってへきちゃんとか嫌だし。w
by namatee_namatee | 2013-08-17 23:34 | music | Comments(12)
Commented by USA.GI at 2013-08-17 23:50 x
お土産があるので次のサバゲにでもお持ちします。
Commented by namatee_namatee at 2013-08-17 23:57
>USA.GIさま
申し訳ありません。明日は行けません。(汗
9/7は調整中です。
Commented by 孫彰 at 2013-08-18 11:52 x
私は音楽には全く詳しくないので理由をうまくは伝えられませんが
Commented by 孫彰 at 2013-08-18 12:01 x
私は音楽に詳しくないので理由をうまく伝えれませんが、正直な所「プレシャス ガーデン」「right―beside you」は同じように良くないと思っています。木根氏の曲は好きですが、「sadistic pink」も私の中では不評です・・・アルバムは持っていますが、今でも余り聴きません。確かにこれらが出た時期は新たな自分を模索していたのかもしれませんね。そして、「10carat」で方向性が定まってきたみたいな・・・
Commented by namatee_namatee at 2013-08-18 20:10
>孫彰さま
わたくしも詳しくありません。(汗>音楽
「RIGHT BESIDE YOU」→「PRECIOUS GARDEN」→「Sadistic Pink」の流れはやはり他の方にも低迷期と写るんですね。
まだ前の時代の勢いが時間差で残っているようで、ここら辺のアルバムが出た時にはさほどその低迷ぶりがセールスやファンの動員数などに反映されなかったように感じられますが、同様の時間差で「10 Carat」「Wings of Time」以降にずっしりと響いているように思います。で、その結果がレコード会社移籍に繋がるのかなぁ、と勝手に思っておりますが・・・HEKIRU FILE2でなにかわかれば良いなぁ、などと。
Commented by 孫彰 at 2013-08-18 22:45 x
2003年辺りから急に潮が引いたようになってしまいましたからねぇ・・・(汗)

ヲタク共のねじ上げた「アーティスト宣言」が騒がれだしたのも丁度この時期・・・・話は逸れますが私は「sadistic pink」~「rockin’for love」までの間ファン歴にブランクがありまして本格的にファンとして復帰したのは「for you」から・・(理由は別の機会があれば・・・)リアルタイムでその騒ぎの事は知らないんですよね・・・後に友人に聴いて初めて知りました。

元の筋に戻りますと、全盛期の勢いを失ってしまった直接的な原因は音楽の方向性の転換ではなく(一因はあるでしょうが・・・)上記の騒ぎだと私は思っています。

Commented by 孫彰 at 2013-08-18 22:50 x
追記しますと。

ここからは、完全に私の推測ですが「rockin’for love」から次作のレコード会社移籍を経て発売された「rock rose」までの間が2年以上あります。

おそらく、この時期に1回目の突発性難聴にかかり音楽活動に支障がでたのではないでしょうか?
Commented by namatee_namatee at 2013-08-19 10:08
>孫彰さま
某巨大掲示板あたりから拾ってきた情報によると、急速な凋落の原因として「モーニング娘。」の影響が大きいという分析なんですが、あれとかぶるファンって、というかそんなに簡単に乗り換えるのって・・・それは本当のファンではないような。w

わたくしの考えは孫彰さんとはちょっと違いますかね。
楽曲プロデューサーの選択ミス+音楽性の転換が難しい方向へ行っちゃったこと、それについて来れなかったファン、そのファン層の特性を読み間違えてしまった(これは本人ではなく周りのスタッフや事務所やレコード会社)こと、ここら辺がセールスやファンの動員数減少として現れるのではないかと思っております。
例の「アーティスト宣言」をはじめとするバッシングについては、確かに象徴的ではありますが、他のいろんな方々でも似たような現象が起きてますし、まあ凋落と結びつけるのにわかりやすい代表的なネタなので繰り返し語られるのかなぁ、と。
Commented by namatee_namatee at 2013-08-19 10:08
ただ前述の通り、そんなに簡単に乗り換えるようなファンは真の意味でのファンと呼んでよいものかどうか、お客さんではあると思いますが・・・今となってはむしろここで選別wを行ったのは悪い事ではなかったのではないかとも思います。椎名さんの音楽でモーニング娘。とかぶるようなファン層を引き留めておくのはどっちにしろ無理で、いずれにせよ離れていくのは時間の問題だったはず。
今になってみれば、特濃の「信者」を相手にライブ中心の活動というスタイルも椎名さんらしくて悪くないですよ。

紅白とか、そういうメジャーな場には出てこなくてパッとしない一見オワコン、だけど熱烈な信者がいて他に変え難い独特な声と楽曲をもつアーティストで、すごくマイナーでもない。語るに足る栄光の歴史もちゃんとある、と、とにかく特別な立ち位置の人だと思います。>椎名へきる
Commented by namatee_namatee at 2013-08-19 10:11
一回目の突発性難聴については、わたくしも同感です。かなりのピンチだったのではないかと推測。
それでもって「Rock Rose」という傑作をものすのですからやっぱり大したもんですよね。
Commented by 孫彰 at 2013-08-20 05:44 x
まぁ、たしかに勢いはなくなりましたが本当に好きなファンだけが残ったのは結果的に良かったとおもっています。
Commented by namatee_namatee at 2013-08-20 11:57
>孫彰さま
スパルタ兵などと言われるようですね。w>コアなファン
椎名さんもそういうのを把握しているらしいのがなんとも。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< またしても これは参った。 >>