次の衝撃

c0019089_1950515.jpg

まだライブの幸せ感が続いておりますなぁ。車や電車の中で聴くときに以前とはwktkのパワーが格段に違う。w

またやらかしたよ。
前にもネタにしましたが椎名へきるファンのバイブルとも言われるらしい「HEKIRU FILE」でございます。なぜか2冊ある。w
下のはケースに入っていて、上のは本そのもの。
例によって間違ってダブったんですかねぇ。でも記憶に無いんですよね。同時に2冊買ったのではないのは確か。ポチった時に別のものと間違ったか。
これはさすがに2冊あっても仕方ないですなぁ。どちらも新品同様というほどの程度ではないのでコレクションとしても意味が無いし。そもそもこの本は読まないと意味が無い種類のもので、本棚に並べておいてもしかたない・・・おまけにウチの本棚は件の震災で崩壊したままですのでね。(汗
いやがらせとして西の方に送っちまおうかとも思ったんですが、さすがにこれは内容がマニアックすぎると思いまして思いとどまりました。結構大きくて重いのでレターパックとか使えないせいで送るのが面倒ってのもありますけど。

で、だいぶ前に買ったんですが実はあまり読んでませんでした。これ、膨大な量のインタビュー記事の集合体でして、それこそ一曲ずつ本人の解説というか、どういう意図でどうやってどのようなテクニックを使って歌ってなにを表現したかったかetc.が事細かに書いてあります。
まあ芸能人が音楽雑誌の取材に答えた内容ですから、それこそ当たり障りの無い、いわば綺麗ごとしか言ってないはずで、本当のところはどうだったのかは藪の中とも言えるんですが、それでも全体を通して読んでみれば何となく言いたかったことやその当時の心境はわかるような気はする。某巨大掲示板の莫大な過去ログを通して読むと、煽りやネタがなんとなく浮き出てきて、本当のことが見抜けるような?・・・いやぁ、それは大外れのときもあるからなぁ。(汗

これまた前にネタにしましたが、とりあえず余分な情報は排除して、とにかく曲と歌を聴いて、自分なりの意見・評価をまとめようと思いましてね。この「HEKIRU FILE」を読んでしまうとやっぱり自分の意見がふらつくような気がしまして、あえて読まずに置いたんですよ。読んだのは書き下ろし?この本のためのインタビュー(すごく長い)だけ。
いやなに、あまりに量が多い上に該当する曲を聴きながらじゃないと意味が無いので、結構な労力を必要とするってのもあります。iPodを片手に正座(正座する合理的な理由は無い)してこの本を開くという、もうほとんど写経とかの修行に近い。さすがカルト。w

自分の見解もまとまってきたので、そろそろ本格的に写経wしても良いかなと思いまして、先日のライブに出発する前の時間調整に読んでみたんですよ。時間が限られていたのでほんのわずかしか読めませんでしたが。
書き下ろしのインタビューは別にして、この本は「Baby blue eyes」の記事から始まります。まだ一曲ずつの解説はありませんが、「Baby blue eyes」以前のアルバムとの違いが書き連ねてある。声優の仕事を削って歌い手へ邁進するターニングポイントがここら辺で、その理由や懸念も本人が語っています。例の「アーティスト宣言」の元ネタかな、これは。
文面から読み取る限り、全くもっておごった感じの話ではありませんな。いまだに巷で言われる思い上がった発言などではない。むしろ実力の限界を認めた上で、さらに上を目指すためには声優と歌い手、両方をまともにこなすのは無理と言っている。長いので引用は無理ですが、声優やら歌い手やらどっち付かずになって見せかけだけの中途半端にだけはなりたくないと言ってます。今はノリでごまかせるけど、今後はもうそれじゃ通用しないとも。ファンが嫌がるかもしれないけどそれも覚悟の上だと。なんでこんなに真面目で真摯な話が「アーティスト宣言」なんてほんのわずか数文字の言葉になって一人歩きしてしまうのか理解に苦しみます。そういう受け取り方をした奴らって底抜けのバカじゃなかろうか。

その後ももう少し読んだんですが、長くなるのとネタが勿体ないので本日はここまで。w
とにかく、椎名へきるという人が歌い手としてすごくマジメかつ真剣に取り組んでいるのは伝わってまいります。安直にノリの良い曲ばっかりに走ったわけでもない。さまざまな限界を超えるためにテクニックを磨いて鍛錬を重ねに重ねてきたのは、3ヶ月毎日5時間聴き続けたわたくしにはわかる。いや、ちょっとマジメに聴いて変化を辿ってみればたぶん誰でもわかるはず。それもせずに「あんなもの」なんて言う奴は笑止千万。「あんたの耳か頭がおかしい。」って、こっちがバカにしてあげますよ。w

もちろんアルバムや曲の出来不出来はあります。だが、音楽に向き合うその姿勢はずっと変わり無いように見えます。頑固にやるべきことは出来る限りやって、その上で外れとか当たりとか、そういう感じ。わたくしは彼女の歌から感じられるその心意気に惚れたのだ。

で、この「HEKIRU FILE」、続編の2が出るんですって。w
ライブに行く前に読みながら「これ2004年以降の分も出ないかなぁ。すごく読みたいんだけど世間ではオワコンw扱いだからもう無理かなぁ。orz」などと思っていたんですよ。
そしたらライブの帰りに出口でパンフレットもらいましてね。それがなんと「HEKIRU FILE 2」のお知らせですよ。なんという偶然。今度はレコード会社の移籍なんかもあるし、現在に直接繋がる話も多いでしょうから楽しみで仕方ありません。

もう残り少ない人生だし、今日この日、この瞬間は二度と無いわけですから、後悔しないようにベストをつくす所存でございます。
とはいえ大阪とか名古屋のライブに行ったりはしませんけど。w
by namatee_namatee | 2013-08-05 21:30 | music | Comments(13)
Commented by aohige_the_great at 2013-08-06 00:20
最後の最後でフラグ立てるあたりが憎いなあ
Commented by namatee_namatee at 2013-08-06 07:48
>&さま
行きませんよ。w
一冊おくりますか?>HEKIRU FILE
Commented by aohige_the_great at 2013-08-06 13:16
NO THANK YOU

   /\__/\
  /ノ   ヽ \
 │ (● )  (● ) :::|
 │ _ノ(_)ヽ_ ::::|
 │  r===ヽ :::::|
  \  `ニニ′ ::::/
  /`ー―――--´\
     rn、  rn、
     f | | | |  | | |h
     | | | |n n| | | |
     | ( | | ) |
     ヽ ノヽ ノ
Commented by aohige_the_great at 2013-08-06 13:17
読んでハマっちゃう危険性がなくもないのでw
Commented by namatee_namatee at 2013-08-06 16:14
>&さま
なにそのあからさまなフォローっぽい書き込み。w
ハマっちゃっても別に害はないじゃないですか。w
Commented by & at 2013-08-06 18:57 x
さすがに金が尽きますw
Commented by 孫彰 at 2013-08-06 21:25 x
ライブでパンフ貰ったんですか(汗)

自分はアンコール聞かずに帰っちゃったから貰えなかった・・・羨ましいです。

実は私、前作のHEKIRUfile古本屋で購入したんですが、同じように開いてないんです・・・(汗)あなたのように何か考えたあったんじゃなくて、単に買っただけで安心しちゃったから(爆)

機会があれば開いてみようかと思います。
Commented by namatee_namatee at 2013-08-06 22:33
>&さま
元ネタはあのiPodに全部入っているからお金はかからないでしょう。もしかして大阪のライブ行くつもりですか?w
でもライブ安いんですよ。5,500円だったかな。アイマスのライブの方が倍ぐらいする。あれを日本全国全部追っかけて観るって話を聞いた時にはさすがのわたくしも驚きましたよ。
Commented by namatee_namatee at 2013-08-06 22:37
>孫彰さま
帰り際に通路で配ってました。本文に書いた通り、ちょうど続きが欲しいと思っていたところなのでビックリしました。といってもパンフは大したもんじゃないです。ペラッと一枚ですし。
わたくしのように変な読み方じゃなくて、普通に読んだ方が良いと思います。(汗
わたくしの場合は先達のファンに少しでも追いつくためのツールとしての扱いですので、楽しむという点からは邪道かもしれません。
Commented by 孫彰 at 2013-08-07 06:44 x
いつからファンになったんですか?
Commented by namatee_namatee at 2013-08-07 08:57
>孫彰さま
はて、いつのころからだったか?とこのブログをさかのぼってみますと・・・今年の4/20に長野方面に出かける用事がありまして、その移動時に聴くために「HEKIRU SHIINA single,coupling & backing tracks 1995-2000」をiTunesStoreでダウンロードしたのが、本格的にハマる始まりのようです。つまり3ヶ月しかファン歴がないです。w

その前は「ヨコハマ買い出し紀行」のアニメ関連とドラマCDでちょっとつながりがあった程度、そのつながりで昨年末の突発性難聴によるツアー延期騒動で久しぶりに名前を聞いて、「まだ活動してたんだ。」と思ったぐらいでした。(汗

そのころから椎名へきるってどんな人だったんだろ、という興味はありまして、そういうことを言うと友人関連から「あんなもの」みたいな反応をもらいましてね。そんなに悪く言われるなんてなにがあったのんだろ?という事を調べ始めたらほとんどがガセという驚愕の事実が次々と、という流れでずっぽりとはまってしまいました。
Commented by 孫彰 at 2013-08-08 01:35 x
3か月でここまで・・・すごいバイタリティですね。感服します。

確かに彼女は無責任な連中に好き放題言われてますけど、私に言わせれば本人はただひたすら自分のしたい事に向かい合っているだけです。


多分、昔から応援している人たちも彼女のそういう部分に惹かれているんじゃないでしょうか。

Commented by namatee_namatee at 2013-08-08 11:36
>孫彰さま
いやぁ、自分の趣味を馬鹿にされたのでムキになっているだけじゃないかと思います。w

ひたすら自分のしたい事に一直線、この点に関してはとてもわかりやすいですよね。>椎名へきる
このHEKIRU FILEを読むとよくわかります。もちろんわたくしもそういうところが大好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 妄想に引火 想像以上のインパクト >>