電光石火で対策を講じる

c0019089_2114986.jpg

嫁さんからクレームがきたので対策を講じます。
ネットで誹謗中傷されようが(されてませんが)、ボニー氏にバカにされようが、わたしゃ全くもって気にしませんけど、嫁さんは四六時中一緒にいるわけで、文句言われるのはこっちの気分も悪いし、冷静に考えて大音量で好きでもない椎名へきるの楽曲を聴かされ続けるのはそれは辛かろうと。w

現実的な対策としてオーバーヘッドタイプのヘッドホンを。
カナル型とかのイヤホンでも用は足りるんですが、あれは着脱が面倒でして。特にSHUREのSE215はコードの取り回しとか、耳に突っ込むところのクッションみたいな奴が元の大きさに戻るまでの時間がかかるとか、ちょっと不便。トイレに行きたくなったときとか、イチイチ外して付けてまた調整してと面倒くさい。
そういったわけで、オーバーヘッド型のヘッドホンを調達。見ての通り、SONYのMDR-7506というもの。例によってコスパに優れるとの評価で選びました。

同じSONYのMDR-CD900STと迷いましてね。中二病の気があるわたくしとしては、プロ仕様のモニターヘッドホンで(素っ気ない箱にビニールに包まれて入っているだけとか、保証が無いとか)無味乾燥、ただアンプの出力を再生するだけというウワサのMDR-CD900STに強く惹かれたんですが、インプレだとさすがにリスニング用にはアレという評価が多くて、最終的にビビってより汎用性が高いというMDR-7506で妥協。(汗
あ、プラグがCD900STはスタンダードなでかい奴なのに対して、7506はミニってのも大きいです。

で、どんな感じかというと。
とりあえず、iMac+DAC(Nuforce Icon-uDAC2)とそれにONKYO A-973を通したもの、さらにCDプレーヤーのDENON DCD-755IIから直接、さらにさらにDCD-755IIからA-973という4通りで聴き比べてみました。ヒマだね、おい。
あ、あとiPhone5とiPod nano(第四世代)でも聴いたから6通りか、
聴いたのは言わずと知れた「恋のリズム:椎名へきる」ですよ。「恋のリズム」は個人的に数ある椎名へきるの名曲の中でも最強クラス。おかげで再生回数がハンパ無いことになっております。w

と、ぶち上げておいてなんなんですが、正直区別がつきませんでした。どの組み合わせでも共通したのが、高音がキンキンするということ。調子に乗って大音量で聴くと耳が疲れます。強いて言うならば、iPod nanoが一番素直に感じました。ちょっと意外。
あと、これも一応モニターヘッドホンの類で、そのせいか、細かい音のディテールがよくわかるような気がする。ちょっと音外したなんてのもすぐに気がつく。あら探しに最適だな。特に椎名へきるはそこら辺がスリル満点なので実に楽しい。あー外しそう外す外す・・・おおっと戻ってきた、みたいな。 w
ライブのDVDも聴いてみましたが、勿論全体的な印象は同じものの、高音のキンキンが押さえ気味で良い感じ。もしかするとCDって高音が出るようにエフェクトかなにかがかかっているんですかね。やっぱり音外したりするとテキメンにわかっちゃいます。楽器の音も良く聴こえますなぁ。
いやしかし、2003年1月のライブのオープニングはチビリそうに格好良いな。これはたまらん。

オーディオ機器ってエイジングってのがあるらしいんですよね。ヘッドホンもだんだん音が変化していくのだそうです。だがしかし、買う時にはそのエイジングはされていないわけで、よく音響機器は必ず試聴して買えと言われるのに、エイジングで音が変わっちゃったら試聴の意味が無いんじゃないかと。
まあそんなに劇的に変わるわけではないんでしょうし、自分の経験でもだんだん音が変わっていくのはわかります。今も聴いてますが、数時間経過してなんとなくこなれてきた感じが・・・いや、耳の方が慣れてきたのかもしれん。
by namatee_namatee | 2013-06-04 22:06 | audio | Comments(3)
Commented by ボニー at 2013-06-04 22:44 x
内耳が劣化してるんですよ、きっと。
そんな貴方に
http://www.0120-00-2222.jp/products/detail.php?product_id=475
Commented by 古美根 at 2013-06-05 04:31 x
後は知らずに歌ってたりとw
Commented by namatee_namatee at 2013-06-05 07:42
>ボニーさま
まだそこまでは酷くないです。というか、音はよく聞こえるよ。近くのものは見えないけど。w

>古美根さま
今も頭の中でグルグル回ってます。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 本当に? 誰がなんと言おうと。 >>