正反対

c0019089_2132720.jpg

いかん、ネタが無くて未読の本までネタにしなければならなくなってきた。(汗

これまた定番・・・
・・・なんですかね。見ての通り「ヴァーチャル・ガール:エイミー・トムスン」でございます。それなりにメジャーでしょう。例によって内容についてはネットでどうぞ。w
っていうか、読み終えてないんですよ。まだ半分。そういったわけで例によって「ヨコハマ買い出し紀行」がらみでまいります。
これも女性型のロボットというかアンドロイド(ガイノイド)のお話。でも体はあまり重要ではないのかな。ロボットを動かすAIのお話。マギーというんですが、これがメカメカしいというか我々が知っているPCのイメージに近い。外へ連れ出したりして処理しきれない情報を与えるとフリーズしちゃって再起動が必要になったりする。
その情報ってのが視覚・聴覚を経由したもので(嗅覚は無い)、マギーが作られてから初めて人前に連れ出された時、人間の表情とか話し声とか、それら全てが一気に押し寄せてくるという。そりゃそうだ。人間は長い時間かけてそういった情報をうまく処理する術を身につけますが、個別の情報としてカウントしたら膨大な量でしょう。

では我々のアルファさんはどうだったのか。w
例によってロクに描写が無いので妄想と推測によるんですが、アルファ型は生体というか、人間とほぼ同じロボットなので、マギーのように論理的に物事を理解する必要が無いようです。人間の赤ん坊や動物をしつけるようにして作られたというか育てられたんでしょう。
いやしかし、ロボットとしてそれはどうよと。だって効率悪いですぜ。マギーのようなAIなら一回プログラムとしてうまく動くようにしちゃえばコピーしてどんどん量産できますが、アルファ型はそうはいかない。教育した人によって全然違う性格・性能になってしまう可能性が高い。オーナーに大切に育てられれば、アルファさんみたいに健やかに育つ一方、何があったのか知りませんが丸子みたいにぐれちゃったりもする。w
やっぱりアルファ型は効率を追求したロボットというより、良き隣人というか滅亡する人間の替り、次世代の人類としての役割があるんでしょうなぁ。

マギーの場合は視覚や聴覚の情報を処理しきれなかったりしますが、アルファ型ってのはそもそもそういった情報を記録するにはどうしたら良いかというところから始まっているようで、それを追求していったら人間になっちゃいましたみたいな。そもそも視覚・聴覚・嗅覚の情報のかたまりなので、それらがどんなに大量のインプットされても全くもって困ることは無いですな。むしろ感受性がどんどん高まって、スペックからは説明出来ないほどの性能になっちゃったりする。

マギーとアルファさん、どっちが良いかというと・・・近所のお姉さんとしてなら文句無しにアルファさんですが、自分の手元におくなら好き放題できるマギーの方が・・・変なことしてセキュリティ・プログラムが発動、脳天カチ割られたりして。w
by namatee_namatee | 2013-05-15 22:05 | book | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< これが最高 タイムリー? >>