初恋が終った場所

c0019089_1851226.jpg

ちょっと前のネタになっちゃいますが、「ヨコハマ買い出し紀行聖地巡礼ツーリング」のネタ。

小網代の入り江
言わずと知れたミサゴの棲むところ。ここもまた極めて印象深い場所でして、「ヨコハマ買い出し紀行」関連で三浦半島に行くなら絶対に外せないところ。
ここのすぐ近くにカフェアルファがあることになっているんですが、そうだとすると実はカフェアルファのある地点としての最有力候補地の黒崎の鼻はちょっと遠いんですよね。三戸の西側の岬の方がカフェアルファの場所としてはふさわしいような気が。岬に向かってほどよくup/downのある地形も作中の描写に似てますし。黒崎の鼻のあたりはちょっと平坦すぎると感じるんですよね。

小網代の入り江に話を戻すと、ここはなんていうか、海と陸地が交わるところというんですかね。納豆の国在住のわたくしには不思議な場所です。
・・・納豆の国にはこういうところはありませんなぁ。海沿いはパッとひらけたところが多いですからねぇ。北の方に行くとまた違う風情にはなるんですが、今度は断崖絶壁と海みたいな組み合わせになって来てしまいます。

どうも私有地らしい。公園というほど管理の手が入っているわけでなく、かといって原生林というほどほったらかしでもない。不思議なフィールドです。フィールドと言えばサバゲのフィールドに通じる雰囲気もありますな。サバゲのフィールドもほどほどに手が入った林や森ですからね。

その森や林、マッキの言うところのゴチャッとした林、これが実際に行って見ると本当にゴチャッとしていて笑っちゃいます。木の密度が高く踏み込む気になりません。まだ虫が居ない時期だったからよかったけど、夏になると蚊がすごそう。あと蛇も出そう。w
今回は南側の白鬚神社から森に入って入り江に沿って歩いただけですが、実際にはもっと奥がありかなり広い。海面が上昇して入り江が大きくなり、さらに住む人が減って森が拡大すると、そりゃミサゴも出るよな、というぐらいのエリアにはなりますね。

ここにまつわる話はどれも味わい深いものが多いんですが、特にあげるとすれば第109話「潮端の子」でしょう。
タカヒロがハママツへ行ってもう帰ってこないことをアルファさんに告げる話。できるだけヒマみつけて来るようにするというタカヒロに「なんていうかさ・・・・・・待つことだけは得意ワザだから ねえちゃん 本気で待っちゃうよ」とアルファさん。タカヒロの初恋の終わり。
「ねえちゃん」じゃなくて、たとえば「わたし」だったら、この後の展開は変わっていたかも。タカヒロはマッキじゃなくてアルファさんを選んだかも知れません。w

・・・切ないのぅ。
by namatee_namatee | 2013-04-11 21:00 | diary? | Comments(2)
Commented by ボウコウ at 2013-04-12 01:17 x
>海と陸地が交わるところ
世間ではそれをバイストンウェルと呼びます。
Commented by namatee_namatee at 2013-04-12 08:50
>ボウコウさま
あー専門外です。イデオンのTV版までしか記憶にありません。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< もうちょっと時間があれば・・・ つつがなく >>