不発

c0019089_18442567.jpg

c0019089_1856277.jpg

というわけで、仕事さぼって霞ヶ浦湖畔をうろうろ。昨日のことですが。

見つからん。orz
「ヨコハマ買い出し紀行」第5巻第40話「月夜見(つくよみ)」に出てくる「元桟橋」というバス停の場所を探すというネタ。
先日も書きました通り、霞ヶ浦東岸の行方市西蓮寺のあたりか、霞ヶ浦大橋を渡ってかすみがうら市の南岸あたりかと思うんですが・・・これが実際に行って見るとどうもぴったりした風景が見つかりません。いや景色は写真の通り、なんとなく似ているところはあるんですが、道路とか堤防とかが違うんですよね。
上記の候補地付近の現在の霞ヶ浦湖畔の道路には作中に出て来るようなコンクリート製の高い壁はありません。漁港のあたりに堤防はありますが、あれは湖の中だし。道路も湖岸線に沿ってあることはありますが、バスが走るような道ではなく、農耕車向けといった感じ。
道路やバス路線については、夕凪の時代にはなんらかの事情で変更されたのかもしれませんけどね。

カマスが飛び立つシーン、湖上に見えているのは夕日だとばっかり思っていたら、あれは月ですな。夕日だとかすみがうら市の南側は方角的に無いんですが、月となると・・・月ってどちらからでてどこへ沈むんだろ。月の場合はむしろ行方市側の方が方角的におかしいような気がして来た。
というわけで、写真は上がかすみがうら市の南側のある地点から南〜南東方向を見た図。下は行方市の西蓮寺付近のある地点から西を見た図。

前述の通り、どちらの地点にもバス停も堤防もありません。湖岸線に沿ってずっとそういったものは存在しない。
生け簀の桟橋については、あれはさほど強固な構造物でもないので、年月が経つと移動したり作り替えたりしそう。なので、作中の描写と同じでなくても不思議は無い。第40話「月夜見(つくよみ)」が書かれたのは1997年ぐらいですので、もう16年も前の話。その間には鯉ヘルペス騒動とかもありまして、廃業した生け簀もおおかったと聞いております。なので生け簀の位置や形状は変わっていてもおかしくない。

堤防のような壁はどうか。今回は湖岸線に沿って湖の眺めをチェックしながら走りましたが(こういう時は軽トラ最強)、海面が上昇するとすると湖岸線の道路は水没してしまいます。なのでちょっと内陸側の県道が作中の道かもしれません。あるいは点在する水族館や公園のような施設の跡とか。
行方市側については、国道355号線の旧道を走ってみましたが、それらしきものは見つからず。かすみがうら市側は公園や水族館があるのですが、時間が無くてみれませんでした。
海や川にはあるんだけどなー、こういう堤防。霞ヶ浦の湖岸ではほとんど見たこと無いんですよね。港の周りが怪しいんですがねぇ。

といったわけで、これは再調査が必要ですなぁ。今度はちゃんと時間とってもっと小回りの効くLX125で行ってみよう。
by namatee_namatee | 2013-04-05 21:34 | diary? | Comments(7)
Commented by ふき at 2014-06-13 22:32 x
こんばんは。 お久しぶりです。
サイト「夕凪を、見て歩く…」 の管理人、「ふき」です。


最近また、「ネット検索」 などを駆使しつつ(笑)
「現地考察」 をしているのですが、

先日 『元桟橋』 らしい場所を見つけ出して、
「さすがにこれを見つけている者は、他にはおるまい…ww」
と思いつつも気になって検索して確認をとってみたところ、
見事に なまさん に先んじられていて、ひっくり返りました(苦笑)

うむ~、さすがです。

その顛末について、下記URLにまとめてみましたので、
もしご興味があれば、ぜひご一読くださいね。(^^
http://uheei.yu-nagi.com/main_282.html

それでは、今後とも、またよろしくお願いを申し上げます。<(_ _)>
Commented by namatee_namatee at 2014-06-14 08:33
>ふきさま
こちらこそ、ご無沙汰しております。
わたくしは三浦半島には出かけよう出かけようと思いながら、なかなか思うようにならず、近所の銚子近辺でお茶を濁している状態です。(汗

このネタはまさにふきさんがそちらの記事でも書かれている、ちょっと思わせぶりな「元桟橋」の場所には心当たりがあるという記述を読んだのがきっかけで決行したものです。w
ふきさんにはサイトでも掲示板でも情報をたくさんいただいておりましたし、まだ確定できていない場所があるなら、しかも地元なら、自力で見つけてみようと思いまして。
なんていうか、ヨコハマ買い出し紀行ファンの思考が重なり合ったみたいで面白いですね。w

コンクリートの堤防やバス停は、似たようなものは他の場所にはありますが、こちらにはありません。芦奈野先生はいろんなところから景色をあつめて「月夜見」のお話を描いたというのがわたくしの考えです。

このネタもここで放置されていればひっそりと忘れ去られていく運命ですが、ふきさんの「夕凪を、見て歩く…」のようなその筋では有名なサイトで紹介していただき、日の目をみることができました。ありがとうございました。w
Commented by ふき at 2014-06-14 19:07 x
■ なまさん

> なんていうか、ヨコハマ買い出し紀行ファンの思考が
> 重なり合ったみたいで面白いですね。w

結果的に同じ場所に行き着いた… というところに、
不思議な楽しさがありますよね。(^^


> 芦奈野先生はいろんなところから景色をあつめて
> 「月夜見」のお話を描いたというのがわたくしの考えです。

「西の岬」などにも、そういう舞台づくりが見られますものね。

ちなみに、霞ヶ浦近辺のバス路線については、
なかばあきらめていた自分なのですが、

先ほどネット検索で、ちょっと面白い情報に行き当たりました。

http://uheei.yu-nagi.com/main_282.html
の一番下に追記しておきましたので、
もしよろしければ、ご覧ください。(^^


> このネタもここで放置されていれば
> ひっそりと忘れ去られていく運命ですが ~
> 有名なサイトで紹介していただき

いえいえ。

「自分より先に、辿りついた人がいた」 というのは、
ちょっと残念である一方、

『やっぱり別の人が見ても、ここが候補地になるんだ!』
と、心強く感じるのも確かなのです。

こうした情報を残しておいてくださったことに、
深く感謝をいたします。<(_ _)>
Commented by namatee_namatee at 2014-06-14 21:27
>ふきさま
「ヨコハマ買い出し紀行」の現地およびストーリーの考察については、ふきさんとふきさんのサイトの影響が非常に大きいです。>わたくし
わたくしが興味をもち始めたころには「ヨコハマ買い出し紀行」関連のネットでの話題その他についてはすでに下火になってしまってまして、数少ない現役のサイトがふきさんのところでしたから。わたくしがしぶとく「ヨコハマ買い出し紀行」関連のネタを投入し続けているのも、同様にふきさんの影響です。

第77話「塩」の塩の道、これもふきさんが考察されてますが、実際の場所そのものではなく、いくつかの景色を組み合わせているのではないかと考えてます。基本的にはふきさんの説で、風景のモチーフの一部に「通蓮洞」近辺を使ったのかなと。こちら↓でちょっとネタにしてます。
http://namatee.exblog.jp/19960569/
崖の様子が良く似ているんですよね。
Commented by namatee_namatee at 2014-06-14 21:27
>バス路線
ああ、玉造の駅。それは盲点でした。そういえば、このネタのころにわたくしもバス路線を調べましたよ。でも駅は考えつきませんでした。もう駅舎はなくなってしまったんで、確認のしようがありません。残念。

とりあえず、いくらでもかく事はありますが、キリがなくなってしまうのでこの辺で。また掲示板の方へお邪魔させていただきます。
Commented by ふき at 2014-06-15 12:54 x
■ なまさん

> 第77話「塩」の塩の道 ~ 風景のモチーフの一部に「通蓮洞」近辺を使ったのかなと。

僕は「海の道」は、
物語の背景上、自然に出てきた風景ではないかと思っています。(^^

(もちろん、どこかにモチーフはあったのでしょうが、
 特定の場所というよりは、過去に人類がやってきた行為から
 自然に思いついた風景… という感じでしょうか?)


たとえば、ココネが歩く海辺の道や、
アルファさんが「北の大崩れ」にバイクで向かう道の大半は、実は、
『現在は存在せず、将来 丘の斜面などに作られると思われる道』
と見られます。

(そのため、そうした道の海側には、
 「なかば水没した外灯の列」 がほぼ必ず描かれているわけです)


過去も、未来も、
人はこんな「海の道」を作り続けていくのでしょうね。(^^



> また掲示板の方へお邪魔させていただきます。

はい。

気が向かれたときに、いつでも気軽にお越しくださいね。(^^
Commented by namatee_namatee at 2014-06-15 19:29
>ふきさま
ふきさんのお話を聞くと「ヨコハマ買い出し紀行」にハマった当初の、特に現地を探し歩いている方々のサイトを見たときの感動を思い出します。

理詰めで場所を特定し、さらにそれを描いた芦奈野先生の意図を推測して行く、その過程がサイトになっている。これはもう文化財(ちと大げさ)みたいなものですよ。

とりあえず、なにかネタを捕まえてからおじゃまします。w>掲示板
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 入院 大惨事 >>