なんでだー。orz

c0019089_2127544.jpg

初速の謎。
この写真はウチのVFC SPRの初速でございます。見ての通り、およそ76m/s(0.25gBB弾)と大したことが無い。おっかしいなぁ、この前パワーをチェックしてちゃんと初速が出る(83-84m/s)のを確認したのに。

先日のゲームでも朝一番のフィールドの初速チェックでは83m/sぐらいだったのに、ゲーム終了寸前に測り直したら75m/sとかになってました。どうもおかしい、ということで原因追求開始。

まず疑ったのはマガジン。今まではPMAG(のパチ)を使って試射してましたが、先日のゲームではPMAGだけでなくマルイ純正マガジンやイーグルのフラッシュマグなども使いました。マガジンのわずかなクリアランスの差でチャンバーが前後し、どこからかエア漏れしているのではないかと推測。
というわけで、数種類のマガジンを用意して試射してみます。だがしかし、初速にみるべき変化はありませんでした。

次は温度。上の写真の初速の時は無人の室内に放置された状態からいきなり試射したので、全体が冷えきっていたはず。南東北(本当は北関東)の本日は比較的暖かく、おそらく室内の気温は5-6度だったと思われます。
台所のストーブ(設定温度18度で室温も18度)の前に15分ほど放置し、チンチンとは言わないまでもホカホカの状態にして試射したのが下の写真。

c0019089_21271389.jpg

おおっと、元に戻ったぞ。w
原因は温度か。いや正確な原因は謎のままです。だってどの部分の温度が初速に影響しているのかは分かっていませんからね。

そこで識者のみなさまに教えていただきたいのですが、こんなに初速に差が出る原因はどのパーツの温度差なんでしょう?
わたくしとして疑っているのは
・Hopパッキン
・ピストンヘッドのOリング
この2点ではないかと。特にピストンヘッドのOリングを疑っております。低温でシリンダとピストンヘッドの気密が悪くなってエア漏れを起こし、パワーダウンするのではないかと。Hopパッキンも固くはなると思いますが、実はHopのかかり方そのものには変化は少ないというか無かったのです。

いやしかし気温でこんなに初速に差がでるとは思いませんでした。こりゃ、今の時期にギリギリにパワー出しちゃうと暑くなったらヤバいですな。際限なく初速があがるということはないでしょうが、うっかりオーバーとかもないとは言えません。要注意。
by namatee_namatee | 2013-02-27 21:56 | survival game | Comments(9)
Commented by 白鳥 at 2013-02-28 01:21 x
私の経験では、ピストン周りでした。
Oリングの気密が極端に落ちた記憶が有ります。
Commented by 前田 at 2013-02-28 04:55 x
この時期のホップは撃ち始めの時硬くて、ベストの調整していても
暖まるまで弾道が跳ね上がったりしますからね
うちのガチンコ銃も先日の日曜日、試射前に初速測ったら92~93と言う普段より若干低めの値が出ました

パッキンやOリングもそうですが、ピストン自体のプラ製品、スプリングも伸縮や弾力の誤差は出ると思いますよ
Commented by namatee_namatee at 2013-02-28 09:23
> 白鳥さま
わたくしもピストンのOリング(ウチのはマルイ純正)が怪しいと踏んでいます。あとグリスの粘度。気密だけでなくピストンのスピードが落ちる可能性もあるかな、と。
それにしても予想外の初速変化の上下幅で驚きました。

>前田さま
Hopも影響ありますか。初速の変動の方が大きくて、Hopの効きが変化するのがHopそのもののせいなのかどうかわかりません。(汗
Commented by クマの人 at 2013-02-28 14:06 x
マガジンを挿したときに、チャンバーが前にずれて気密漏れすることもあり得ると思います。
ワタクシのプライマリーがその症状で、初速が10m/s前後変わります。
Commented by namatee_namatee at 2013-02-28 21:47
>クマの人さま
やっぱり?
試射ではマガジンの違いによる初速の差はわからなかったのですが、念のため、チャンバーをメカボ側に押さえつけているスプリングが適当な奴だったので、まともなものに交換してみました。
Commented by でっち at 2013-03-01 22:02 x
先日の選民思想様の射撃会でMP5が同じ症状を示していたんですが、G36Cの方は無事でした。
2丁の差を考えると、
1.ホップ掛けっぱなしで冷間放置しちゃったMP5、解除してたG36
2.結構気密保持を頑張ったG36のノズルとpro-winのメタルチャンバー
3.シリンダー周りの部材(Oリング、グリス等)は同じ
という感じでしたので低温時のホップチャンバー周り(含パッキン)かノズルの気密の影響を私は疑っています
Commented by namatee_namatee at 2013-03-02 08:34
>でっちさま
そういわれてみればHopはかけっぱなしですねぇ。
スペックをさらすのを忘れてましたが、チャンバーはProWinでノズルはφノズルです。ピストンヘッドは・・・なんだろ、中華の何かでOリングはマルイ純正だったと記憶。シリンダーはG&Pのほとんどフルサイズみたいな奴。シリンダーヘッドもSuperShooterかなにかだったはず。シリンダー周りは組み上げてチェックした時点(室温)では過大な気密漏れはなかった感じです。
Hopパッキンはファイアフライの電気くらげ(中辛)で、もしかしたら今の時期は甘口の方が良いのかもしれませんなぁ。
Commented by SGW at 2013-03-02 09:29 x
HOPパッキンの硬度は使用環境の気温に合わせチョイスしたほうが良いと思いますよ。
WA M4なんて夏場の弾ポロ防止用の硬度高めのチャンバーパッキンをそのまま今の時期に使ったら、最弱ホップでも間違いなく鬼が出ますw
Commented by namatee_namatee at 2013-03-02 16:51
>SGWさま
うーん、なんか新しい地平が開けたようなきがします。w
とりあえず、パッキンを甘口にしてテストしてみましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< プレーヤーないですが。 あれを思い出す。 >>