勝手にブラッシュアップ

c0019089_2015834.jpg

特にネタが無いので昨日のつづき。

同じだ・・・
KingArms P90とマルイP90TRのメカボ比較の図。ほとんど全く同じですな。取り出し方も同じだし、レシーバーへの固定方法も同じ。カットオフレバー周りやスイッチ、モーターキャリア(モーターの枠みたいなやつ)など、全く同じ。違うのはKingArmsの方は軸受けがベアリングになっていること、メカボを開けなくてもスプリングが交換できるようになっていること、それに関係しているのかスプリングガイドの上側にネジが一本追加されていること、ぐらいでしょうか。シリンダーは写真ではマルイがM4サイズの加速シリンダー、KingArmsはフルサイズシリンダーに見えますが、KingArmsのシリンダーは穴があいている側が反対になっているだけで、実際はマルイと同じM4サイズの加速シリンダーでございます。なんていうか、昨日も書いたようにマルイのかわりにKingArmsがP90をブラッシュアップしてくれちゃった感じ。

ちなみにこのマルイのメカボは結構手が入ってまして、軸受けはメタルになっているし、シリンダーヘッドとかノズルとかピストン周りもオリジナルではありません。ギアもそれなりの奴がはいっているはず。FETも装着されているし、モーターはG&PのM120かなんかになっている。中華パーツが出回る前の作なので高価な国産パーツが数多く使われております。勿体ないから、KingArmsの方に移植しちゃおうっと。
おっと、FETは出来が良くなくて発熱が多いので武器商人のきつね氏から調達の予定。

P90って案外バレル長さの自由度が少ないんですよね。オリジナルの247mmだかから延ばすのは比較的楽なんですが、短くするのは構造上面倒くさい。アウターバレルというものが無いので、短くした時のガイドというかカバーになるものが無い。同じ理由でインナーバレルを短くした時にバレルの固定が甘いというか強固にできない。

というわけで、今回こそ250mmぐらいのバレルでHopがONでもOFFでもバランス良く初速の出る仕様にしましょう。わたくしのノウハウとスキルではかなり難しいテーマですが、スプリングの交換が楽ということでなんとかなるんじゃないかと。なると良いなぁ。
by namatee_namatee | 2013-02-04 20:35 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< やっちまった。w まだだ、まだ終わらんよ。 >>