ありゃ

c0019089_20145470.jpg

コーヒーミルとドリッパーとサーバーを購入。もちろん通販です。

サイズ間違えた。
モノはハリオのV60というドリッパーなんですが、間違ってすでにウチにある奴と同じのを買っちゃいましたよ。(汗
欲しかったのは01という1-2人用の奴。一人でこっそりコーヒーを飲む時に、今ある02だとちょっと大きいんですよ。円錐形の専用フィルターは一般的なメリタやカリタのよりやや値が張るんですが、そのコスパの悪い1-4人用の大きいフィルターで一杯分しか淹れないのは勿体ない感じがしますしね。まあ色違いという事でその時の気分で使い分けましょうかね。

コーヒーミルは問題ない。今まで使っていたのはカリタのミニミルという手回し式の奴ですが、これがミニというだけあって一度に挽ける量が少ないんですよ。大体マグカップ2杯で普通のコーヒーカップ3杯分ぐらいの換算でコーヒー豆を使うんですが、2回に分けないと挽いた豆を入れておく所が一杯になっちゃう。さらに静電気で粉が張り付いてドリッパーのフィルターに移すのに苦労する。
最近は例の「ヨコハマ買い出し紀行」の影響でコーヒーを淹れて飲むことが多くなってきまして、その度に不便な思いをしておりました。
電動式のコーヒーミルもありますが、あれはイマイチでした。基本的にたくさん挽いてストックしておく使い方を想定しているようで、わたくしのように飲む都度少しずつ挽くようなやり方には向かないと思います。あと引き加減が全体的に細かい方に偏っている感じで気に入らない。手回し式でゴリゴリやった方が均等に好みの粗さに挽けるんですよ。
というわけで、セラミック刃で良く挽けそうなハリオ セラミックコーヒーミル・スケルトンというものを購入。
これは良い出来。切れ味良くすごくスムーズに挽けるし、挽き具合の調整も簡単。

いやしかし、淹れ方を調べてみましたがコーヒーって奥深過ぎ。お湯の温度とか時間とかドリッパーの種類、そしてもちろんコーヒーの種類と考えなければならない要素多過ぎですよ。あと水。水で全然違う。調べれば調べるほどわけわからなくなるという。そもそも淹れる前の焙煎とかからして大変だ。
焙煎といえばカフェアルファではアルファさんが自分で、しかも手網で焙煎してました。たぶんコーヒー豆の供給体制の関係で(泊まりがけで買い出しに行かなければならないらしいですし。もとよりそれがタイトルの由来。)生豆で在庫してないと鮮度というか香りが持たないんでしょうね。
とはいえ、あれは難しいぞぅ。どういう手順でやるのか動画で見ましたが、わたしゃ自信ありませんね。すごく興味があるんですが、当分は大人しく普通のコーヒー豆を買ってくることにします。現在の南東北(本当は北関東)のひらがな五文字市ではコーヒー豆の供給に不安はありませんからね。w
サザコーヒーがすぐ近所だし。

ドラマCD「ヨコハマ買い出し紀行」のプロローグで、買い出しにいったアルファさんはモカ2袋キリマンジャロ3袋ブルーマウンテン1袋を買いますが、ブレンドも自分でやってるんですかね。原作の方ではコーヒー豆で遊ぶというセリフもあるし、たぶん自家製ブレンドなんでしょう。マルコによると「けっこうのめる」という話ですから、遊んでないときのブレンドは飲んでみたいですねぇ。w

と、いつもどおり妄想で終わります。
by namatee_namatee | 2013-01-11 21:35 | diary? | Comments(2)
Commented by aohige_the_great at 2013-01-11 22:19
もう二度と頭おか(ry)とか言わないのでいらなくなったら(Ry
Commented by namatee_namatee at 2013-01-12 09:35
>&さま
いやそんな、全部買っても数千円だし現行品(←ここら辺が頭おかしい)だし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< じゃん エンドレス >>