武器商人繋がり

c0019089_20124515.jpg

正月休み最終日も出かけずにgdgd。

嫁さんが撮りだめしておいた「ヨルムンガンド」第2期を6話分ぐらい続けて観る。頭が痛くなる。いや内容に文句とかではなくて、続けて長い事TVとか映画を観ると頭が痛くなるタチなもんで。
お話は面白かったですよ。主として嫁さんに武器の解説をしてましたけど。マサダ要塞の解説までしちゃったよ。w
でもなぁ、もうちょっとこう、グハッとくるクオリティの絵にできないんですかね、アニメって。予算の都合があるので難しいんでしょうけど、もうちょっとなんとか・・・
チームの鉄砲をMASADAで更新するシーンがありましたが、どうですかね、MASADA。小規模なチームに向いているのかな?一丁でカービンと狙撃仕様を使い分けるとか?でも狙撃は別にブレイザーを使っているし、MASADAを選ぶ必然性は薄いような。弾薬の統一というのが目的ならM4(もしくはそのクローン)で十分。MASADAの主要な売りは幅広い口径の弾薬に対応できる事でしょうし。
まあ商売の都合かも知れませんな。ACRになる前のMASADAが在庫処分で安かったとか。w
などと昨日同様に妄想をたくましくしておりました。

写真は先日のサバゲのおりに武器商人のきつね氏から購入したAK(5.45mm)のフラッシュマグの図。
以前モニターということでサンプルをテストした事があるものの色違い。その時は怪しすぎるブリスターパックに入ってましたが、今回のは愛想も何も無い段ボールの箱入り。
問題は弾上がり。前回のサンプルの奴は特に問題なかったんですが、こんかいの奴は調子が良くない。弾のせいかなと思って数種類のBB弾でテストしてみました。
まず定番のマルイ・ベアリングバイオ0.25gは給弾されません。棒で突っつくとほんのすこし上がりますが、またつまってしまう。
次はSIISのバイオ0.25gBB弾。これは弾上がりの悪さに定評があるシロモノで、CA870のマガジンで苦労しました。当然ながらまったく給弾されず。棒で突っついてもダメ。
最後にExcelの0.2gバイオ弾。精度はとにかく、給弾で問題が少ない弾。これはまずまず給弾されますが、場合によっては詰まる。

つまりウチにあるどの弾を使っても程度の差こそあれ、詰まり気味というわけですな。仕方が無いのでバラしてみますが、ピンを一本抜くと中身を取り出すのは簡単。だがしかし、ここからの分解が難しいというかややこしい。左右をネジで固定していますが、ギアだのゼンマイだのを決められた手順で取り外していかないといけません。今までの経験から、こういう作業はうまくいったためしがない。大体スプリング飛ばしてなくしたり、何かを折ったりとロクなことがありません。orz
詰まる位置は弾をかきあげるギアのあたり、つまり一番奥の方です。これは手強い。とりあえず、何度も弾を通して調子が良くなるのに期待しましたが、効果はあまり無いようです。ちなみに2本とも調子悪い。(汗

・・・これは覚悟決めて全バラですかね。(汗
by namatee_namatee | 2013-01-06 21:04 | survival game | Comments(2)
Commented by BAZZ at 2013-01-06 21:57 x
全バラしました。二つのゼンマイがバラけなければ問題は無いですよ。バラすだけならばw
Commented by namatee_namatee at 2013-01-07 10:11
>BAZZさま
やっぱり全バラですか。orz
あとでやります・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< さらにバレルを短縮化 一日中gdgdと妄想 >>