フラッシュバック

c0019089_20402435.jpg

ネタが無い。無いわけでも無いけど(ry

思いがけず
手元にあった「新装版 ヨコハマ買い出し紀行 第3巻」をパラパラとめくっていたら、このシーンに遭遇。あれ?船橋のスキー場って・・・あった、あったよ。ザウス、ザウスだ。今の今まですっかり忘れてましたよ。
当時スキーにはまっていたわたくしは人工スキー場としては大規模でも本物のゲレンデに比べたらさすがにせせこましい上に料金がバカ高いザウスなんて見向きもしませんでしたが、それでも赤字続きと聞いていつ無くなるか分からんと一度だけ行った記憶があります。嫁さんと結婚する前(1995年以前)だったような。Wikipediaによるとザウスは1993年から2002年まで営業していたそうなので、思っているより早い時期に行ったんだなぁ。あー、いや結婚してからだったかなぁ。思い出せませんなぁ。
もうほとんど覚えてませんが、嫁さんの記憶と合わせて思い出してみると・・・寒かったのは鮮明に覚えてます。アウトドアのスキー場よりも寒かった。雪質とか相当気にしていたんでしょうね。あと高かった。w
ゲレンデそのものは思っていたよりも長くて広く、意外なほどちゃんと滑れたのを覚えてます。前述の通り、かなり寒くておかげで雪質は良かったと思います。

Wikipediaによると2003年から2004年にかけて解体されたそうな。鉄くずとかコン殻とかいっぱい出たろうなぁ。ダンプ屋と処分場は儲かったろうなぁ。w

「ヨコハマ買い出し紀行」のこの話(第28話)は月刊アフタヌーンの1996年12月号に掲載、だそうですので、わたくしが行ったのと同時期もしくは後に書かれたんですねぇ。そう考えてみると感慨深いですなぁ。
登場するエクラノプランみたいな船は「鶚(みさご)」と言う地面効果翼機でして、エンジンはRRニーンのような遠心式のターボジェットです。いくらなんでも遠心式は無いだろ、と思いますが、それはそれでロマンがある。そもそも地面効果翼機ってのがすでにロマンの塊ですし。ちなみにエクラノプランってのはこんなのとかこんなのね。「カスピ海の怪物」などともいわれた旧ソ連の奴が有名ですが他にもいろいろあるみたいで、他の動画では「鶚」みたいなのも出てきます。

そういえばオスプレイ騒動ってどうなったんだろ?あと原発騒ぎとか。最近はネット経由でイロイロ調べられるようになったので、この手の騒動のなんていうか底の浅さみたいなのがバレちゃってますね。いやまあ、わたくし的にはおかげで「ヨコハマ買い出し紀行」の再発見があったので文句を言うつもりもありませんけど。
by namatee_namatee | 2012-12-22 21:46 | book | Comments(3)
Commented by ボウコウ at 2012-12-22 22:43 x
航路図がまるでバイク用のレッキですよね。
Commented by ボウコウ at 2012-12-22 22:59 x
そういやラムウィング(WIG機)については1987年と
1991年の航空宇宙学会誌に説明が詳しいです。
Commented by namatee_namatee at 2012-12-23 12:51
>ボウコウさま
おお、そういわれてみれば。w
この作品の作者とわたくしって同い年なんですよね・・・同じ世代ならではの感覚ってのがありましてね。

難しい話はわかりませんぜ。(汗>航空宇宙学会誌
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ベスパ度up SBD導入 >>