手詰まり

c0019089_20475376.jpg

ううむ、自分の陰が鬱陶しいな。

ICS L86A2 LSWの実力
ネタが無いので昨日とった30mのグルーピングでごまかす。曇り空で風も弱かったのでL86の集弾性能をチェック。勿論バイポッドを使いプローンで。弾はマルイ純正ベリングバイオの0.25gです。
結果は・・・まあこんなもんですよ。不安定なHopシステムをなまずと電気くらげでなんとか安定させている感じ。もしかするとノズル長も合ってない可能性があります。いや確かめてないんですがね。バレルが長くてBB弾をくっつけたノズル長チェック用の棒が届かないもんで。w
他の改修箇所としては前にも書きましたが、バレルを475mmのアングス6.1mmバレルにしてスプリングは同じアングスの0.9J Mサイズ用。こんな強力なスプリングに長いバレルでも初速はHopオフ、0.25gBB弾で85m/sぐらいですので、やっぱりチャンバー周りの出来は良くなさそう。このバレルだとM4/M16の類だと0.9J Lサイズでも危ない初速になっちゃいますからね。
メカボは開けていないのでどのような仕様なのかは分かりませんが、スプリングを交換した時に観察した所ではベアリング付きのピストンヘッドとベアリング付きのスプリングガイドでした。たぶんピストンの重量は比較的軽いはず。強いスプリングでも初速がでないのはそのせいもあるかもしれません。

グルーピングに話を戻すと、バレルの性格みたいなものを感じます。もの凄く良くまとまるわけじゃないけど酷いフライヤーもない。安定してこのぐらいのところに着弾する。これなら実戦(サバゲの)で狙い澄ましてフルオート/セミオート取りまぜて撃ち込むような用途には十分使えそう。
ちなみにオリジナルのバレルにオリジナルのスプリングの時(Hop周りは今と同じ)は比べ物にならないぐらいフライヤーが多かったですね。
ちょっと気になったのトリガーの切れの悪さ。電動なので切れもクソもないんですが、それにしてもトリガーのストロークが冗長な印象でちょっと興ざめ。あとストック?機関部が後ろにあるためにバットストックの幅が広く、バイポッドを立てて銃を押し出すようにするときに快適でない。
やっぱりL86はどちらかというとじっくり狙って撃つというよりフルオートで景気良くぶちかます方が似合っているのかも知れません。軽機だけにな。
by namatee_namatee | 2012-12-18 21:27 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 再戦力化 やり過ぎ >>