やり過ぎ

c0019089_20113974.jpg

天気悪いよ。駅から家までのわずかな間に雨に降られました。

んー?
さて、そのウチのエアコキP7M13、Hopの効きがイマイチ。買ったときはまずまずだと思ったんだけどなぁ。0.25gBB弾では水平な弾道になりません。ウチには0.2gBB弾がないので、0.2gだとまともに飛ぶのかどうかは検証できず。
というか、この手のエアコキハンドガンって買ったときは調子良くても、ちょっとするとすぐにHopの効きが弱くなる事が多いような。この際なので分解してHop強化にチャレンジ。
例によってネットで情報を探し、P7は比較的簡単に分解が出来る事を確認。ダメだったら新しいのを買う覚悟でしたが・・・そんなことをしているから、P7だけで3丁も並ぶハメになるんですよ。実は先日も一丁買いましてね。射撃会に持っていこうと思って探したら見つからなかったので、通販で購入しモノが届いたら探していた方が出て来たという。(汗

まあそれはそれ、分解してみたのが写真の図。ウワサ通り簡単でした。スライドとかモナカ構造なんですが、特に接着されているところなどはなく、パーツを無理に広げたりしなくてもちゃんと分解できます。いやしかし、このまとまりはすごいな。よく考えるな、こんなの。しかも3,000円以下ですからね。(驚
唯一、ちょっと無理がありそうなのはアウターバレルとインナーバレルの分離で、アウターバレルの先端は接着されているようで、アウターバレル後端のチャンバー側を広げながらインナーバレルを抜き取る必要がありました。まあ難しくはありませんが、力の加減を間違えるとアウターバレルの接着部分が折れたり割れたりするかもしれません。

写真の撮り方が悪くてパーツが散漫に写っておりますが、右の方にころがっているのが真鍮製のインナーバレルでその奥側がアウターバレル。手前の小さい方のドライバーの先端近くにある小さいものがHopパッキン。
Hopパッキンの突起の裏側は空洞になっており、そこへなにかを挟むとHopの効きが良くなるのではないかと推測。とりあえず、シリコンのチューブを適当な長さに切り、さらに縦に四分割したもののひとつを瞬間接着剤で貼付けてみる。
組み立てて撃ってみると・・・弾詰まり。orz
このパッキンはインナーバレルへの出っ張り具合でHopの効きが変わるのではなく、出っ張りの固さでHopの効きが変わるようです。なので詰め物はほんのちょっとで良いみたい。ネットで見つけた情報ではシャーペンの芯を挟んだというのがありました。なので先ほどのシリコンチューブをさらに縦に1/3にしてみます。
で、試射。今度はちゃんと弾がでます。が、ちょっと過剰Hop気味。0.25gBB弾だとふわっと浮いちゃう。実は前述の3丁目の新品P7M13も過剰Hop気味で、その弾道を見たのでこの改造をするつもりになったんですが、その新品よりも明らかにHopが強くなっちゃいました。0.28gBB弾だと水平に飛んでちょうど良い感じ。いやしかしエアコキハンドガンにスペリオルグレード弾は勿体ないだろ、常考。そんなことをやっているとまた石油王とか言われるので、さらなる調整が必要です。といったところで、時間切れ。w
by namatee_namatee | 2012-12-17 20:44 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 手詰まり 忘年会3 >>