長短そろいました。

c0019089_2010418.jpg

勢いに乗ってまいりますよ。w

リーク済み
すでにめざとい方々はご存知かと思いますが、L85A2カービンに続きましてL86A2 LSWも購入。ICS製。トリガートークの二階の(ry
いやだって前が長くて無性に格好良いんですもの。>L86A2 LSW
ほかにもレシーバー後端のグリップとかバットストックの金具(なんて言うんですかね、あれ)とか、イチイチ細かい所が格好良い。もちろん長いバレルとバイポッド周りも。ディテールが良く出来ていて感心する。

個体差?
ロットの関係か、先に来たL85A2カービンとL86A2を性能面で比べると微妙な違いがあります。スペックも違うんですけどね。パッと見て分かるスペックの違いとしてはバレルの長さが違います。カービンが420mmなの対してL86は610mm(!)となりまして、長いアウターバレルに見合ったもの。いやしかし長いな、おい。
性能の違いとしてはL86の方が初速が低い。スプリングのプリロード最強、Hop最強(なぜ最強なのかは後述)・0.25gBB弾で65m/s程度。Hopオフでは74m/sといったところ。箱出しのカービンはHopオフで78m/s、Hop最強で72m/s後半だったので・・・って、まあ同じようなもんか。w
サイクルはL86の方が遅く2セル 2200mAh 25cぐらいのLiPoバッテリーで13-14発/秒ぐらい。カービンの方は16発/秒代後半ですから、かなり差があります。なんだろ、長いバレルに合わせてサイクルが上がらないような工夫がされてるんですかね。いや、まさか。
Hopの効きは相変わらず弱く、最強じゃないと使えない。初速計測の時にHop最強だったのはそういう理由です。ただカービンよりは効くようでなんとか実用になるレベル。
おっとカービンで問題になった弾道の左曲がりはありませんでした。真っすぐオープンサイトのラインにそって飛びます。

とりあえず、Hopの効きを改善するためにカービンと同じようにパッキンと押しゴムをファイアフライの「電気くらげ(辛口)」と「なまず(中辛)」に交換。カービンではこの処置の後、初速が10m/s程度上がりましたが、L86でも同じでHopオフ時に80m/sぐらいまで上がりました。チャンバーパッキンの性能の差なんでしょうねぇ。オリジナルはちょっとゴワゴワしていて、もっとパワーのあるスプリング向きなんですかね。
カービンで問題になったHopレバーの形状は問題ありませんでした。Hopレバーを押すスプリングもちょっと硬めなような・・・自信無し。
箱出しではでセミオート時のトリガーロックが多かったんですが、プリロードを変えたりして弄っているうちにいつの間にか症状は出なくなってしまいました。
おそらくHopはちゃんとかかるようになり(本日は暗くて弾道が確認できず。)、左にそれる事も無く真っすぐ飛ぶと思います。あとはスプリング交換してもうちょっとパワーupしてあげようかと。ただバレルが長い&フルサイズシリンダーなので、迂闊に強力なスプリングにすると初速オーバーになるかも。いやそれにしても610mmって長いよね。

前が長いんですが、意外な事に重量バランスは良好です。同じ長い同士で比べると、やたらに前が重くて閉口するRPKなどとは比べ物にならない取り回しの良さ。L85A2カービンと比べても重さはあるもののバランスはL86の方が上。

さて問題は機関銃として使うか、DMRとして運用するかですなぁ。
by namatee_namatee | 2012-12-09 21:13 | survival game | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< えるちゃん(長)のレポート 忘年会 >>